【渋谷駅 徒歩3分】借金・多重債務は、過払い/債務整理で東京渋谷の黒川司法書士事務所が解決に導きます!

債務整理が専門、東京渋谷の黒川司法書士事務所

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目7−3 第1野口ビル6階


電話受付時間:平日9時~22時
土日10時~17時

お気軽にご相談ください

03-6419-7494

ご来所の際には、予約が必要です

東京・渋谷の黒川司法書士事務所
時効援用

借金の時効援用について

5年間支払っていない借金は、時効を主張することで支払わなくてよくなる!

裁判をされていたら、時効は裁判から10年に伸びる!

最近、訴状や支払督促を受取った場合は、裁判で時効を主張すればいい!

時効援用に関する当事務所の特徴

じこうえんよう特徴

借金問題に関する豊富な実績

当事務所は時効援用だけでなく任意整理・過払い請求や自己破産など借金問題を専門的に扱っていますので、債務に関する総合的な相談が可能。

業界トップクラスの安い費用設定

借金問題に関する費用は業界トップクラスの安い費用設定。追加料金なしの明確な費用設定。時効にならなかった場合も追加費用なしで返済に関する交渉も可能。

長期間放置していた借金は時効援用(じこうえんよう)で解決!

男性の画像

借金の時効とは

時効援用とは(正確には消滅時効の援用)、借金を長期間放置している場合に、時効期間を経過しているので支払いません、と主張することで払わなくてよくなる制度です。

借金の返済を停止し、最後の取引日(もしくは返済日)から返済をしないで、期限の利益を喪失し(一括請求になる)、長期間経過している場合、時効を主張(援用)することによって、借金を消滅させる制度です。

ポイント!!

放置している債務は、いつまでたっても支払う必要があります。

その間、遅延損害金も加算されていきます。

長期間、請求がきていない(きていなかった)場合でも、支払う必要がなくなったわけではありません。

債務から解放されるためには時効援用の手続きが必要です

時効になる期間とは…5年または10年
  • 5年で時効が主張できる

消費者金融のキャッシング、銀行のカードローン、信販会社のクレジットカードの債務

  • 10年で時効が主張できる

信金・信組・労金の債務・奨学金や個人間の貸し借り・過去に裁判等をされたもの 

(信金等の借入でも債務者が個人事業主で事業目的で借入れた場合は5年)

 

ただし、時効が認められない場合もあります(時効の中断)。

時効の中断事由 時効が認められない場合の代表例

①裁判上の請求…裁判を起こされている。

裁判所から訴状が送られてきたことがある

裁判所から支払督促が送られてきたことがある

この場合は判決等の確定から10年に時効期間が伸びる。

 

②債務の承認(債権者に対して債務があることを認める行為)

支払い猶予の申し入れ・一部の弁済・利息の支払いなどが代表例

 

③債権者からの催告(債権者が裁判外で請求書や催告書などを送付してくること)

ただし、催告後6か月以内に裁判を起こすなどの手続きをしないと時効は中断しない。

つまり、何度も請求書や催告書を送付しているだけでは時効は中断しない

時効が中断すると…

時効の起算点(スタート)がふりだしに戻ります。

つまりその時点から5年か10年再度経過しないと時効にならない。

例えば、平成15年3月から返済していないが、平成20年1月に裁判を起こされていたら…平成30年まで時効にはならない。

最近、裁判所からの訴状や支払督促を受け取った方は

訴状や支払督促を受け取って、インターネットで調べて当サイトをご覧になっている方は…

今現在、裁判がスタートしたのであれば、今から時効を援用すれば支払う必要がなくなる可能性があります。

 

裁判を起こされたから、もう時効が主張できなくなるわけではありません。

裁判上で時効を主張すればいいだけです。

 

裁判の対応には、提出期限や期日というものがあります。

ご自身で対応される場合や専門家に依頼される場合でも早めに対応しないと依頼を受けれない場合があります。お早めに対応してください。

 

【注 意】

裁判所からの書類を放置して裁判が確定してしまったら…

時効を主張すれば支払わなくてすんだものが、支払い義務が残り、時効期間は10年に伸びます。また、今後も遅延損害金が加算され債務が増加することになります。

訴状が届いた場合の時効援用

当事務所の時効援用の実績

アイアール債権回収(アコムから債権譲渡)

アイアール債権回収(アフレッシュクレジットから債権譲渡)

アイフル

アウロラ債権回収(SKインベストメント受託会社:CFJから債権譲渡)

アウロラ債権回収(SKインベストメント受託会社:CFJから債権譲渡)裁判上の援用

アウロラ債権回収(SKインベストメント受託会社:イオンクレジットサービスから債権譲渡)裁判上の援用

アウロラ債権回収(ジュピター合同会社受託会社:CFJから債権譲渡)

アウロラ債権回収(SKトラスト・パートナーズ受託会社:マルフクから債権譲渡)

アウロラ債権回収(SKトラスト・パートナーズ受託会社:キャスコから債権譲渡)

アコム
アストライ債権回収(ライフから債権譲渡)

アビリオ債権回収(プロミスから債権譲渡)

アビリオ債権回収(三洋信販から債権譲渡)

アビリオ債権回収(旧三井住友銀行保証会社プロミスから債権譲渡)

アビリオ債権回収(オリックス・クレジットから債権譲渡)

アビリオ債権回収(新生フィナンシャル(レイク)から債権譲渡)

アビリオ債権回収(プロミスから債権譲渡 判決後10年経過)

アビリオ債権回収(裁判上の援用 支払督促後の援用)

アビリオ債権回収(モビットから債権譲渡)裁判上の援用

アペンタクル(旧ワイド)

アペンタクル(旧ワイド)裁判上の時効援用(宇都宮簡裁)

エイワ(裁判上の援用 支払督促後の援用)
エー・シー・エス債権管理回収(イオンクレジットサービスから債権譲渡)
エフエムシー(受託会社エイチ・エス債権回収 クオークローン→クラヴィスから債権譲渡)
エポスカード
エムアールアイ債権回収(ゼロファーストから債権譲渡)

エム・テー・ケー債権管理回収(SFコーポレーション(旧三和ファイナンス)から債権譲渡)

エム・テー・ケー債権管理回収(セプト合同会社受託会社:CFJから債権譲渡)

エム・テー・ケー債権管理回収(CFJから債権譲渡)代理人高橋裕次郎法律事務所

エム・ユー信用保証(三菱東京UFJ銀行の保証分)
エム・ユー・フロンティア債権回収(三菱銀行の保証会社三菱UFJ住宅ローン保証から債権譲渡)
MUニコス・クレジット(受託会社 三菱UFJニコス)

NTTドコモ(携帯電話:通信料)

NTTドコモ(携帯電話:通信料 判決後10年経過)

オリックス・クレジット

オリンポス債権回収

オリンポス債権回収(旧CFJ:ディックファイナンスから譲受けたラックスキャピタルの委託)

オリンポス債権回収(旧武富士から譲受けたキュ・エルの委託 支払督促後の援用)

オリンポス債権回収(旧アースから譲受けたMK.インベスターズの委託)

オリンポス債権回収(旧タイヘイから譲受けたラックスキャピタルの委託 支払督促後の援用)

オリエントコーポレーション(オリコ)
OCS
ギルド(旧トライト・ハッピークレジット 裁判上の時効援用)

クレディア

クレディア(旧ステーションファイナンス→日本保証から会社分割)

クレディセゾン(旧ユーシーカード)

クレディセゾン(受託会社ジェーピーエヌ債権回収)

クレセント・リース(旧アエルから債権譲渡)
KCカード

ココリス(旧タイヘイ→SHインベストメントから債権譲渡)

ココリス(旧タイヘイ→SHインベストメントから債権譲渡 支払督促後の援用)

札幌債権回収(旧CFJ→バント債権管理(エム・テー・ケー債権回収)から債権譲渡)

シーエスジー(アエルから債権譲渡)

シーエスジー(クリバースから債権譲渡)

ジェーピーエヌ債権回収(トヨタファイナンスから債権譲渡)
シティックスカード
ジャックス
ジャックス債権回収サービス(ジャックスから債権譲渡)
新生パーソナルローン(シンキ・ノーローン)
新生フィナンシャル(レイク)
CFJ
セディナ(旧クォーク)

セディナ債権回収(セディナから債権譲渡)

セディナ債権回収(ゴールドポイントマーケティングから債権譲渡)裁判上の時効援用

ゼロファースト

ダイレクトワン(旧丸和商事)

ダイレクトワン(旧丸和商事)裁判上の時効援用(掛川簡裁)

ティー・アンド・エス(旧レタスカード→プロマイズから債権譲渡)

ティー・アンド・エス(旧アエルから債権譲渡)

ティー・アンド・エス(旧タイヘイから債権譲渡)

ティー・オー・エム(旧タイヘイから債権譲渡)

ティー・オー・エム(旧アエルから債権譲渡)

ティー・オー・エム(CFJから債権譲渡)

ティー・オー・エム(旧オリエント信販→プロマイズから債権譲渡)

ティー・オー・エム(ユニワードから債権譲渡 判決後10年経過)

DCキャッシュワン
中央債権回収(トヨタファイナンスから債権譲渡)
トヨタファイナンス

ニッテレ債権回収(オリックス銀行から債権譲渡)

ニッテレ債権回収(ビューカードから債権譲渡)

ニッテレ債権回収(りそなカードから債権譲渡)

ニッテレ債権回収(かんそうしんから債権譲渡 判決後10年経過)

ニッテレ債権回収(DCMX分をSMBC債権回収から債権譲渡)

ニッテレ債権回収(クレディセゾンから債権譲渡)

ニッテレ債権回収(オーエムシーカードから債権譲渡)

ニッテレ債権回収(ふくぎん保証(福岡銀行の保証会社)から債権譲渡)

日本保証(旧武富士)

日本保証(旧武富士)代理人引田法律事務所

日本保証(旧武富士)代理人引田法律事務所 判決後10年経過)

ネットカード(旧オリエント信販)(裁判上の援用)

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス 旧アットローン)

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)支払督促後援用

パルティール債権回収(アプラスから債権譲渡)

パルティール債権回収(更生会社TFK株式会社(旧武富士)から債権譲渡)

パルティール債権回収(更生会社TFK株式会社(旧武富士)から債権譲渡)支払督促後援用

パルティール債権回収(イオンクレジットサービス(エーシーエス債権管理回収)から債権譲渡)

パルティール債権回収(シティカードジャパン(アビリオ債権回収)から債権譲渡)

マキコーポレーション
三井住友カード
三井住友トラストクラブ(旧シティカード)
三菱UFJニコス
ユアーズ
雄(旧:日立信販(アエル)分)
ユニバーサルウェルネス
横浜信用保証(横浜銀行の保証分)

ライフ

上記に記載がない場合でも、ご相談ください。
(医療費・家賃管理費・個人間の取引・消費者金融や信販会社ではない一般的な会社に対する時効援用は行っておりません)

時効援用の費用(分割払い可能)

時効援用の費用については、手続中の分割払いが可能です。

当事務所の費用(税別)

基本報酬

1社30,000円(配達証明付・内容証明郵便料金込)

成功報酬

時効が完成した場合+1社10,000円

※裁判手続上(通常訴訟・支払督促)での時効援用は10,000円加算
※過去に裁判されていて時効が成立しなかった場合は、追加料金なしで債務の支払についての分割交渉も可。

(例)
1社の時効援用が成功した場合:
⇒基本報酬+成功報酬で40,000円(税別)

1社の時効援用をしたが、過去に裁判されていて時効にならなかった場合に引き続き一括や分割での支払い交渉をする場合:
⇒基本報酬のみの30,000円(税別)

訴状や支払督促が届いて、裁判手続きで時効援用し時効が成功した場合:
⇒基本報酬+成功報酬+裁判加算で
50,000円(税別)

時効援用依頼するなら弁護士?司法書士?行政書士?

弁護士・司法書士と行政書士の違い

業務範囲弁護士司法書士行政書士
内容証明作成
裁判外の代理権

○(制限なし)

(元金140万以下)

×
裁判上の代理権○(制限なし)○(簡易裁判所)×

行政書士は代理人にはなれませんので、債権調査はできず、依頼人の手元にある書類を参考に内容証明を作成して発送するだけになります。時効で処理されたか等の確認や相手からの郵便は本人の自宅宛に届くことになると思います。

司法書士は1社につき債務の元金140万以下(利息や損害金は含めない元金のみで判断)なら代理人になれますので、債権調査や債権者とのやりとりも本人に代わって行うことができます。

弁護士は制限がありませんので、元金が140万を超える時効の援用は弁護士に依頼する必要があります。

借金の時効 Q&A

借金をしばらく放置していて、支払をしていなかったのですが、住民票を移したら、貸金業者から督促がきました。どうしたらよいですか?

借金の時効を援用することで支払いを免れられることが考えられます。

期限の利益を喪失してから(一括請求を受けてから)5年経過しているのであれば、(時効の中断事由がなければ)借金の時効を援用(主張)することで支払いを免れられることが考えられます。

借金を放置して5年以上経過しています。何の手続きもしないでも支払う必要は無くなっているのですか?

時効援用という手続きをしないといけません。

時効を援用(主張)してはじめて支払う必要が無くなります。

借金を放置して5年以上経過していますが、裁判所から訴状が送られてきました。この場合はどうしたらいいのでしょうか?

答弁書で時効を主張しましょう。

5年以上経過していても、時効を援用されていなければ裁判をしてくる会社もあります。時効を援用すれば訴えを退けられますが、放置すると請求が認められてしまいます。

時効の援用の手続きはどのようにするのでしょうか?

書面で行います。

普通郵便ではなく証拠保全のために内容証明郵便(配達証明付き)で行います。

クレジットカードの借金を5年以上放置していますが、時効が認められない場合はありますか?

はい。

時効が認められない(時効が中断している)代表例は、裁判(通常裁判や支払督促)を起こされている場合です。

借金を放置して5年以上経過していましたが、時効という制度を知らずに、一部を支払ってしまいました。いまからでも時効を主張できますか?

原則として時効を主張できません。

債務を承認しているからです(債務の承認は時効の中断事由)。

取引していた会社名を忘れましたが依頼できますか?

相手の会社がわからないと依頼をお受けすることができません。

どこと取引していたのか?こちらで調査することはできません。

取引していた会社を忘れた場合は信用情報を取得していただく必要があります。

JICCとCICを取得して相談にお越しいただければ、当時の会社が記載されているケースが多いです(記載がない場合もあります)。

時効援用会社名がわからない場合詳しくはこちら

過去に任意整理したけれど、支払えなくなり放置しました。時効援用の対象になりますか?

任意整理していても、返済を放置してから5年経過していれば時効援用できます。

過去に任意整理して支払えなくなり、返済を放置している方の依頼も多くあります。

通常、任意整理した場合は、2回分返済を放置すると期限の利益が喪失する契約になっており、そこから時効期間(5年)のカウントが始まります。

つまり、2回分遅れを貯めてから5年経過していれば時効の援用が可能です。

過去に一度裁判を起こされていますが、10年経過する前に再度裁判されることはありますか?

会社によっては再度裁判をしてくる会社もあります。

一度裁判を起こされた債務については、時効は判決確定から10年に延長されます。

その10年が経過する前に再度裁判を起こして時効をストップさせる会社も存在します(時効にならないように債権管理を徹底している会社)。

刑務所に入っていた場合でも時効になりますか?

刑務所に入っていた期間も、5年の時効の期間にカウントされます。

借金の場合、刑務所に入っている期間も、5年の時効期間は進行します。5年以上服役していたなど、5年支払っていない場合は、時効になる可能性が高いです。

時効が認められなかった場合はどうなるのでしょうか?

任意整理や自己破産を検討することになります。

時効を援用したけれど、裁判をされていて時効が認められない場合は、支払い義務は残ります。放置している間の遅延損害金なども発生しているので倍以上の金額になっています。

この場合は、任意整理(分割や一括)での交渉や個人再生・自己破産の手続きを検討することも可能です。

時効の援用に対して相手が頑なに認めない場合はありますか?

認めるか認めないかは裁判されているかどうか

通常の会社であれば、時効の期間が経過して、時効の援用の内容証明を受け取った場合は、過去に裁判しているかどうかを確認して、裁判していなければ時効を認めます。

時効という制度を認めないので、払えという会社はありません。

時効になるなら依頼したいのですが?

実際に手続きを進めてみないと時効になるかどうかわかりません。

実際に手続きに着手して、調査を進めないと時効になるかどうかはわかりませんので、このような依頼の仕方はできません。

請求等の書面が手元にあれば内容からある程度判断することはできますが、結果について保証することはできません。

時効援用手続きの流れ

お問合せから手続終了までの流れをご説明いたします。

問合せ(tel mail) 相談・委任契約

まずはお電話やメールでお問合せください。

その際に事務所にお越し頂く日程も調整します。

事務所にお越しいただいたら、時効の説明・手続きの流れや費用についての説明などし、委任契約を結びます。

受任通知を発送(債権調査)

依頼を受けたらすぐに相手の会社に受任通知を発送します。

受任通知には、「本通知は債務承認をするものではありません」と記載しています。

この通知により支払いの催促や取り立てがストップします。

あわせて相手から債務の内容を明らかにしてもらいます(別の会社に債権が移っていたり、債権放棄されていることが判明したりします)。

内容証明郵便を送付

消滅時効を援用する旨の書面を内容証明郵便で相手の会社に送付します。

時効の確認

内容証明を送付した会社に対して、時効の処理をしたか確認の連絡をします。

終了のご報告

時効の手続きが完了したら、内容証明の控えや相手から返却された書類があればお渡しして手続き終了のご報告をいたします。

時効にならなかった場合は…

残念ながら時効を援用しても、時効が認められない場合もあります。

一番多いのは、気づかない間に裁判されて判決を取られていたため時効にはならないケースです。

このような場合は、支払い義務はなくなりませんので、希望される方には、交渉をして支払いを始めるか、支払い能力や資産がない場合は自己破産を申立てるかなど他の債務整理手続きも検討することも可能です。

時効援用しようと思ったら過払いだったケースも・・・

専門家に依頼した場合は、通常、時効を援用する前提として、相手から取引履歴を取り寄せます。もしかしたら過払い金があるかもしれないからです。

時効の援用を依頼される方は、長期間(5年から10年くらい)返済していない方ですから、当時取引していた金利が高い場合があります(特に消費者金融)。

例えば、7年以上普通に返済をしていたが、それから支払わなくなった場合など、計算してみると実は債務がなくなり過払い金が発生しているケースがあります。この場合は時効を援用する必要はありませんし、逆に過払い金を請求することになります。

ただし、過払い請求にも時効があり最後の取引から10年です。

時効の援用など借金問題に関する相談は

03-6419-7494

電話受付時間:平日9時~22時 土日10時~17時

お急ぎの方、詳しいご相談をご希望の方はお電話でお問い合わせください。

時効の援用についてメールで問合せ

例:xyz@aaa.ne.jp
半角でお願いします。

都道府県を選択してください

(複数選択可)

【注意】送信後にすぐに自動送信メールが送信されます。
メールが着信しない場合は、アドレスの入力が間違っている可能性があります。また、携帯のアドレスの場合には、パソコンからのメールが届くように設定の変更をお願い致します。
再度ご確認の上、送信してください。

ご相談・ご依頼の案内

債務整理・時効援用・過払いなど借金問題が専門の東京・渋谷の司法書士事務所

最寄駅は渋谷駅(徒歩3分)です。

お気軽にご相談ください

  • 業界トップクラスの安い費用設定
  • 着手金不要分割払いOKなので…初期費用0円
  • 平日夜間22時まで。
  • 土日も相談可能
  • 減額報酬なし!相談は無料!!

お電話でのご相談・ご依頼はこちら

電話受付時間:平日9時~22時 (夜間対応)/土日10時~17時 (土日対応)