債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

受付時間:平日10時~20時
土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

債務整理のデメリットについて考える!

債務整理をするとメリットはあるけれど、逆にどんなデメリットがあるのか?

気になって手続きができないという方のご不安を取り除きます。

債務整理のデメリットと言われていることは本当にデメリットなのか?じつはデメリットではないとも考えられます。

債務整理のデメリットについて

債務整理するとブラックになるはデメリット?

債務整理をするとブラックリストに載り新たに借金やクレジットカードを作れなくなります。

ブラックリスト載るとは、正確には「信用情報機関の信用情報に事故情報が載る」ことを意味します。

ただし、一生ブラックになり今後二度とカードが作れないお金が借りれないということではありません

信用情報機関の信用情報に事故情報が載っている間は、カードが作れないお金が借りれないということになります。

債務整理をしなければならない状況ならブラックと同じ状況じゃないの?

ブラックになることをすごく気にされる方はいますが…

すでに債務整理を検討するレベルの借り入れ状況(多重債務の状況)では、事故情報が載っていなくても新たな審査を通すということは難しいと言えます。

 

よって、債務整理をしてブラックになることはデメリットとはもはや言えません。

逆に、債務整理(任意整理)をして早期に完済することで、その後、新たにカードを作れるようになることがメリットだと考える方がよいと思います。

すでに延滞していたり、代位弁済されていたり、裁判になっている場合は…

延滞している場合や銀行の債務を保証会社が代位弁済した場合や裁判所から訴状が届いた場合は、すでにブラック(事故情報が登録)になっています

この場合も、ブラックになることは債務整理を検討するデメリットではありません。

任意整理はこちら

いわゆるブラックに関する誤解を解く

ブラックになることは大変なことだ、周りにも迷惑がかかると考えがちですが、それほど大変なことではなく周りにも影響はありません。

  • 家族の信用情報には影響しない。
  • 永久に事故情報が消えないわけではない。
  • 勤務先は信用情報を確認できない。
  • 信用情報を確認できるのは信用情報機関に加盟している銀行や消費者金融や信販会社のみ

今後クレジットカードを利用できなくなるはデメリット?

債務整理をしてブラックになると、クレジットカードが作成できなかったり、今のカードが停止されたりします。これも債務整理のデメリットといえます。

しかし、多重債務の状況でクレジットカードが利用できなくなることはデメリットでしょうか?

今後もカードの利用と返済を継続することは毎月利息のみを支払っているにすぎず債務は一向に減りません。それどころか増えてしまう可能性のほうが高くなります。

今後はデビットカードで対応するという方法もあります。

債務整理をするとクレジットカードは利用できなくなりますが、デビットカードは利用可能です。銀行口座から即時引き落としがされるカードなので、審査はなくだれでも作ることは可能です。

ただし、完全にクレジットカードの代わりになるわけではなく、一部デビットカードでは決済できないケースもあるようです。しかし、十分代わりの手段になります。

クレジットカードの任意整理について

債務整理は司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は5,600人以上。2019年度は1,300人以上のご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分

まずは無料相談からはじめましょう

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。