債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

グリーンアイランドから請求がきた場合の時効援用について

グリーンアイランド(本社:静岡県静岡市駿河区 取扱店:東京都港区南麻布)は、旧ユニマットなどで貸し倒れになっている債権を譲り受けて請求をしているケースがあります。

グリーンアイランドから書類が届いたらどうすればいいの?

グリーンアイランドから書類が届いた場合は、その書面で時効の起算点となる日付を確認しましょう。

約定弁済日や期限の利益喪失日、最終入金日などの記載を探しましょう。

(グリーンアイランドの場合は「約定弁済日」の記載がある書面が多い)

 

最後に取引を停止してから、5年以上経過している場合は、時効を援用すると支払いを免れることができます。

ただし、途中で裁判されている場合は判決後10年に時効期間が延長されます。

安易にグリーンアイランドに連絡して支払についての交渉等債務を承認する発言をしてしまったら、時効の援用ができなくなるケースがあります。

自分で行う手続きに不安がある方は、当事務所のような専門の事務所にご依頼ください。

グリーンアイランドの時効援用の事例紹介

事例①自宅に「法的手続き移行のご通知」が届いた

グリーンアイランドから自宅に書類が届いた

グリーンアイランドから自宅に郵便が届いており、当事務所に時効の援用を依頼。

お持ちいただいた書類(法的手続き移行のご通知)は「今後法的手続き等への移行を検討せざるを得ません」という内容でした。しかし、書面には「約定弁済日」が平成10年10月と記載、元金約22万円:遅延損害金約180万円の合計200万円で請求されていました(当初の会社名の記載はありませんがどう当初の契約書のコピーが同封されており元の会社はベターライフと判明)。

 

最終の取引(約定弁済日平成10年10月)から5年以上経過していることが明らかだったので、「時効を援用します」と内容証明を代理で送付して無事に時効で解決にいたりました。

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士7名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。