債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

債務整理とは?デメリットなどわかりやすく解説

債務整理は借金問題を解決するための手続きの総称です。

具体的には、債務整理には任意整理・自己破産・個人再生・過払い請求などがあります。

わかりやすく簡単に債務整理の各手続きのメリットなど特徴を紹介します。借金返済にお困りの人は債務整理を検討してください。どの手続きがベストか一緒に検討しましょう!

債務整理とは?借金問題を解決するための手続き

債務整理にはいくつかの解決法(種類)がある

債務整理の種類について知ることで、自分の借金問題を解決するにはどの手法が一番適しているの確認しましょう。

大きく分けると毎月の借金の返済額を減額する任意整理と個人再生、今後の借金返済がなくなる自己破産に分けられます。

任意整理の特徴

任意整理は、今後の利息をカットしてもらうなど、債権者と話し合いで解決する手続きです。

  • 今後の利息をカット
  • 毎月の返済額を下げる
  • 完済までの返済総額が減る
  • 債務整理の90%以上は任意整理

過払い請求の特徴

過払い請求は、過去にグレーゾーン金利で取引をしていた場合に、払いすぎた利息を返してもらう手続きです。

  • 平成19年頃より前からキャッシング
  • グレーゾーン金利の取引限定
  • 完済から10年間で請求可能

自己破産の特徴

自己破産は、裁判所を利用して「債務を免除」してもらうことで借金を返済する必要がなくなる手続きです。

  • 支払が不可能な場合
  • 債務の支払いが免除される
  • 裁判所を利用した法的整理

個人再生の特徴

個人再生は、裁判所を利用して「債務を大幅に減額」してもらい、借金返済額を軽減する手続きです。

  • 債務が概ね5分の1に圧縮される
  • 手続きが複雑で一定の要件がある
  • 住宅ローンがある方は住宅を残せる

債務整理のメリット・デメリット

すべての債務整理に共通するメリット

任意整理・自己破産・個人再生等それぞれにメリット・デメリットがあります。どの方法を選ぶかは借金の総額や依頼人の事情により慎重に決めなければなりません。

まずは、それぞれの債務整理に共通するメリットを紹介します。

  • 1
    借金を減額・返済額を減額・借金返済が免除されたりする(選択する手続きにより減額幅など違いはありますが、債務整理をすることで借金の負担が軽くなる)。
  • 2
    債務整理の手続中は債権者からの請求・取り立てがストップし、債権者への返済もストップできます。

すべての債務整理に共通するデメリットは?

  • 信用情報機関に登録され一定期間ローンやクレジットの利用が困難になる

債務整理のデメリットとして一番影響があるのが「信用情報期間に債務整理したことが登録され(いわゆるブラックになる)」、しばらくの間、ローンの審査やクレジットカードの審査に通らなくなることです。

 

債務整理したことが信用情報機関に登録されるとはいいますが・・・

「そもそもローンを組んでいたり、クレジットカードを作成している時点で信用情報機関に個人情報が登録されています。その備考欄のようなところに債務整理という事故情報が載ることになります」

すでに多重債務の状況や返済が遅れている状況では、債務整理をしていなくても信用情報の内容から審査は通りづらくなっています。

債務整理を検討している現在の状況では「いまさら気にしても仕方がない」という方のほうが多いと見受けられます。

債務整理の各手続のメリット・デメリット

  メリット デメリット
任意整理

1.今後の利息をカットして返済していく

2.3年から5年で借金が完済できる

3.理由があれば一部の債権者を除外できる

4.財産があっても処分されない

5.家族や勤務先に内緒で手続きしやすい

1.強硬な債権者は利息カットに応じてくれないケースもある

2.取引期間が短いなど内容によっては長期分割にできないこともある

自己破産 1.借金の支払いが免除される

1.高額な財産(20万円以上)があれば処分の対象になる

2.すべての債権者を対象にする必要がある

3.裁判所を利用した厳格な手続き

4.同居の家族に内緒で手続きは難しい

5.官報に掲載される

個人再生

1.借金がおおむね5分の1に減額でき約3年で完済できる。

2.高額な財産も残すことができる(ローンがない場合)

1.すべての債権者を対象にする必要がある

2.裁判所を利用した厳格な手続き

3.同居の家族に内緒で手続きは難しい

4.官報に掲載される

債務整理の期間(手続きが完了するまでどれくらいの時間がかかる?)

債務整理にかかる期間のまとめ

債務整理の手続きによっては、依頼してから半年で手続きが終わる場合や手続きが終わるまで1年以上かかる手続きもあります。

下記に債務整理の各種手続き別にかかる期間をまとめました。

あくまでも目安ですのでケースにより長期になることもあります。

債務整理にかかる期間一覧表
任意整理 依頼から和解まで平均4ヵ月 和解後の返済期間は最長5年
過払い 依頼から和解まで平均3ヵ月 和解から返金まで約3~4ヵ月
自己破産

依頼から申立てまで

(書類準備や費用積立期間)約6ヵ月

申立てから自己破産手続終了

(+6ヵ月

個人再生

依頼から申立てまで

(書類準備や費用積立期間)約6ヵ月

申立てから個人再生手続終了

(+6~8ヵ月)

債務整理の相談をするにはどうしたらいい?

債務整理のご相談やご依頼なのをご検討の場合の相談のながれを説明します。

当事務所は無料相談のみでも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

お問合せ

電話かメールで「債務整理の相談がしたい」とご連絡ください。

債務整理したいと電話かメールで問い合わせる

現在の状況(借入先、債務額、取引年数など)お伺いします

予約

来所での詳しい相談をご希望される場合は、日時を決めます。

来所での相談の予約

完全予約制です。夜間や土日の相談は混みあいますのでお早めに。

来所での無料相談

担当司法書士と面談し無料相談。解決策の提案や費用の説明など。

債務整理の面談での無料相談

当日は相談のみでもOK(再度ご依頼にお越し頂いても大丈夫です)。

ご依頼(契約)

委任契約書を作成します。契約時に着手金は不要です。

債務整理の委任契約を締結して手続きスタート

ご依頼後は電話やメールにて報告や相談をいたします。

債務整理の費用は事務所によって違う?

債務整理の費用は自由に定めることができますので、依頼した弁護士や司法書士に支払う費用は事務所によって違います。

 

弁護士や司法書士にも債務整理の費用(報酬)に関して一定のルールはありますが、ルールを無視した高額な報酬を請求する事務所もあります。

 

債務整理を失敗しないためには、弁護士の費用・司法書士の費用の相場を知り適正な費用で依頼できる事務所を探しましょう。

業界トップクラスの低料金で借金問題解決をサポートしたい

当事務所は、業界トップクラスの低料金で債務整理が可能です。

借金で困っているのに、高い費用に設定するとその分依頼人の負担が増えるばかりで借金問題の解決にならないからです。

適正な費用の事務所を探す参考になるように弁護士費用や司法書士費用の相場の紹介や費用を安くおさえるコツなども紹介しています。

債務整理のよくある質問ベスト5

相談にこられる方は、「借金問題を専門家に相談するのは初めて」という方が多いです。弁護士事務所や司法書士事務所に依頼することなど人生で経験することは滅多にありません。

 

こんなこと聞いていいのかな?質問していいのかな?と債務整理を依頼する前に不安に思うことは皆さん同じです。

 

ここでは債務整理を相談する前のよくある質問や疑問について内容をまとめました。

他に気になることがございましたらお気軽にお問合せください。

  • どこに依頼すればいいのかわからない
  • 会社に内緒でできますか?
  • 家族に迷惑はかかりませんか?
  • 郵送で依頼できますか?
  • 費用はいくらかかりますか?

債務整理の解決事例紹介|こんな場合はこんな解決方法がある

債務整理をする事情は様々です。ここでは「こんな状況の方がこの手続で解決しました」という事例を紹介します。

 

任意整理での10解決事例・自己破産での5解決事例・個人再生での6解決事例

債務整理の手続きを選択する参考にしてください。

借金の金額別に債務整理の方法を検討すると

債務整理をする金額は様々ですし、収入も人それぞれ・返済に充てられる金額も家族構成や毎月の支出などにより一人ひとり違います。

 

ただ、借金の金額によって任意整理をした場合の毎月の返済額の目安や個人再生をした場合にどうなるか?難しければ自己破産を検討する必要があるなど

 

手続き選択の参考になればと思い金額別の債務整理の方法を解説しました。

金額別に債務整理後の返済額を考慮すると

あくまでも金額による債務整理の選択の傾向です。「この金額であればこれを選択してください」というわけではありません。

・100万円~200万円台なら任意整理がメイン

 

・300万円~400万円台でもやはり任意整理が多い(一部で自己破産・個人再生もあり)

 

・500万円~600万円台なら収入が高ければ任意整理ですが、金額的には個人再生や自己破産を検討するメリットがデメリットよりも大

債務整理に役立つ関連記事のご紹介

債務整理したら勤務先の会社にバレる?

債務整理をした場合の勤務先の会社にバレるケースとばれないケースを各手続別に紹介

家族に内緒で債務整理する方法

家族に秘密で債務整理する方法を手続別に紹介。任意整理なら家族に秘密で手続き可能。

債務整理の費用と分割払いの方法を説明

各債務整理の手続きの費用の紹介。業界トップクラスの安い費用で借金問題解決をサポート

債務整理してもデビットカードは使える?

インターネットで買い物などカード決済が多い時代、債務整理をするとクレジットカードは使えなくなって困ります。代わりにデビットカードなら大丈夫?

債務整理すると銀行口座凍結は避けられない?

債務整理をすると凍結される銀行口座と無関係な銀行口座について。凍結される場合に事前に準備しておくことを説明しています

債務整理を辞任された場合の対処法は

債務整理を依頼していたけれど、費用が払えなくて辞任された…。もう一度、依頼できない?新たな事務所なら依頼できるの?

一度依頼した債務整理をキャンセルできる?

債務整理を依頼したけど、親族の援助で依頼する必要がなくなった、費用が高いので別の事務所に変更したいなど、一度依頼した債務整理はキャンセルできる?

女性の債務整理の相談は女性司法書士が対応することも可能

女性の債務整理に関するご相談は、「男性の司法書士には相談しにくい」「同性の方が相談しやすい」ということもあるかと思います。

専業主婦の方が債務整理をするポイントを紹介

専業主婦の方の債務整理の選択肢は任意整理か自己破産。任意整理で解決できるポイントを紹介

家族の借金問題代わりに相談できる?

家族に借金があることが判明した!代わりに相談したいけどできる?相談する場合に準備しておくポイントなど

滞納している場合の早めの債務整理の重要性

借金を滞納していると毎日利息が増えていきます。そして裁判や差し押さえの可能性もあります。早めに相談することが重要です。

債務整理のおすすめ事務所ランキングはほんとう?

債務整理のおすすめ事務所をランキングしたサイト。同じ事務所ばかり出てきます。じつは広告業者が作成したステマ(広告)用のサイト?

債務整理を一度依頼したけど事務所を変更できる?注意点は?

債務整理を依頼したけど後から事務所を変更できる?

辞任してもらい新たに依頼する場合の注意事項を説明

借りていた会社がわからない場合の調べ方

借りていた会社がわからない場合は、債務整理を依頼する前に調べる必要がある。方法は信用情報を取得するしかない。

「おまとめローン」と「債務整理」どっちがいい。失敗する典型例も紹介

債務整理とおまとめローンの比較。おまとめをする場合の注意点とおまとめが失敗する典型例を紹介。

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士7名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。