債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

債務整理をしたら銀行口座が凍結される?

債務整理をしたら銀行口座は全て凍結されるのでしょうか?

じつは全ての口座が凍結されるわけではありません。

凍結されるのは「債務整理の対象にした銀行の口座」が凍結されるだけです。

つまり、お金を借りている銀行を債務整理したらその銀行の口座が一時的に凍結されます。

(同じ銀行であれば支店が違っても凍結されるケースがあります)

 

ではなぜ、凍結されるのでしょうか?

それは契約(約款)で借金(ローン)は預金があれば相殺できるとされているからです。

(約款などで相殺できると記載があっても、凍結して相殺しない銀行もあります)

 

もちろん無関係の銀行の口座まで凍結されるわけではありません。

 

具体例

A銀行(a支店にローンがある)を債務整理すると、A銀行のa支店の口座が凍結されます。

手続きとは全く関係のないC銀行の口座は凍結されません。

もし、A銀行にb支店の口座も持っていた場合、a支店だけでなく、b支店の口座も凍結の対象になります。

 

【凍結されるケースに該当する場合の事前の対策】

債務整理の対象になっている銀行の預金口座の場合は、凍結される可能性が高いので、事前に預金を出金しておいたり給与の振込先になっている場合は銀行を変更しましょう。

債務整理をしたら銀行口座が凍結されるケースとされないケース

債務整理と銀行口座の新規開設について

債務整理中でも新規に銀行口座は開設することは可能です。

給与振込口座が債務整理の対象になっている場合は、新たに口座開設をして給与の振込先を変更することになります。

 

また、債務整理をして口座が凍結されるのは、債務整理の対象になっている銀行です。

つまり、お金を借りている銀行です。

自己破産をしても新規に銀行口座を開設する事は可能

自己破産をすると新規に銀行口座を開設できなくなると思っている方がいらっしゃいますが、それは間違いです。

自己破産をしても新規に銀行口座を開設することは可能です。

 

もちろん、個人再生をした場合でも新規に口座を開設することは可能です。

注意点は債務整理する銀行と同じ銀行で開設するのは少し待ってください

債務整理をした銀行であっても口座を開設することは可能ですが、入金するタイミングには注意を要します。

銀行カードローンを債務整理すると、銀行口座が一度凍結され保証会社による代位弁済が行われます。それまでに同じ銀行に新規で口座を開設し入金すると債務と相殺されることになります。

 

入金するのは保証会社の代位弁済が終わってからになります。

債務整理と銀行口座について
もちろん銀行で新たなローンは組めません

銀行の借入を債務整理をすると全銀協の信用情報に「保証会社が代位弁済された旨」が記載されますので、今後一定期間は新たなローンを組むことはできなくなります。

債務整理のお役立ち情報

債務整理とデビットカードのはなし

債務整理中でもデビットカードを作成することは可能です。

デビットカードは預金口座から即時引き落としがされる仕組みなのでカード作成に審査はありません。

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士7名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。