債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

東京都渋谷区渋谷3丁目7−3 第1野口ビル6階
大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

受付時間:平日10時~21時
土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

任意整理についてよくあるご質問

任意整理に関する疑問

1. どんな場合に任意整理が適していますか?

A.3年~5年で分割返済が可能な収入がある方に向いています。3年~5年以上でないと支払えない場合は、個人再生や自己破産も検討する必要があります。 

2. 任意整理は自分でできますか?

A.話し合いの交渉なので、できなくはないのですが、なかなか交渉に応じてもらえず利息を付けたり、不利な条件で和解させられることもあるようです。費用はかかりますが専門家である弁護士や司法書士に依頼したほうが賢明です。

3. 任意整理により必ず借金が減額されますか?

A.利息制限法の範囲内の利率(18%以内・最近の借り入れ・銀行・銀行系カードローン等)の場合は借金自体の減額はありません

4. 利息制限法の範囲内の利率(5%~18%等)で借入をしている場合に、任意整理をするメリットはありますか?

A.利息制限法の範囲内の利率(5%〜18%等)で借入をしている場合は、借金の 

減額の効果はありませんが、殆どの場合、今後の利息を0%にして和解をするので、 

今後は利息分を払う必要がなくなるという大きなメリットがあります。 

5. 保証人がいる場合になにか影響はありますか?

A.任意整理をすると債権者は保証人に対して返済を請求します。この場合は事前に保証人に説明し任意整理をするか、保証人のいる債務を任意整理の対象からはずすことも検討する必要があります。

6. 住宅ローンは任意整理できますか?

A.通常、自宅不動産を担保に取られているので任意整理には応じてもらえないようです。住宅ローンを任意整理の対象から除外するか個人再生の利用を検討する必要があります。

7. 自動車ローンは任意整理できますか?

A.自動車ローンを任意整理すると自動車を引き上げられてしまいます(通常、ローンが完済するまで所有権はローン会社にあります。)。自動車が生活や仕事に不可欠な場合は任意整理の対象から除外する必要があります。

車のローンの任意整理について詳しくはこちら

8. 任意整理にはどのくらいの費用がかかりますか?

A.依頼した場合は実費と報酬がかかります。

実費は殆どの場合は通信費(債権者数にもよりますが)切手代数千円くらいです。

報酬の金額は事務所により異なります。

通常は①着手金②基本報酬③減額報酬④過払金報酬などがあります。

事前にHPや電話で問い合わせるのが賢明です。 

当事務所の報酬はこちらに掲載しています。ご参考にしてください。

9.任意整理をしたら必ず今後の利息はカットされますか?

殆どの会社は、依頼人の状況を確認し、支払いが困難であれば利息カットに応じてくれます。

ただし、一部の会社は利息カットに応じてくれない場合もあります。

例えば、A社は12回以上返済をしていないと利息を付加して和解する。B社は一律に利息カットすることはせず、利息の減額には応じるなど。

10.任意整理をした後に臨時収入が入った場合、多く払うことはできますか?

任意整理をして毎月の返済を再開した後に、ボーナスや退職金など臨時収入が入った場合に、残りを一括で返済したり大目に支払うことも可能です。

11.任意整理後(和解後)に、予定通り返済できなくなった場合はどうなりますか?

任意整理をすると、相手の会社と和解書を取り交わしますが、その和解書には「2か月分遅れを貯めると(1万円の分割なら遅れが2万円貯まると)残りが一括払いになる」との契約条項が入ります。一時的に支払えないのであれば、相手に返済の猶予をお願いしたり、再度任意整理(和解)をすることもあります。継続して返済ができないような状況になれば自己破産に切り替えることも検討する必要があります。

任意整理を失敗しないために

12.任意整理を依頼する場合、クレジットカードで支払っている携帯料金はどうなりますか?

任意整理をすると、クレジットカードは利用できなくなります。

携帯料金や光熱費・保険料・インターネットプロバイダ料などの毎月の支払いをカードでしている場合は、銀行引落やコンビニ払いなどに変更する必要があります。

変更には時間がかかりますので、依頼前または依頼後に速やかに変更していただく必要があります。

13.延滞していて一括請求になっている場合でも任意整理はできますか?

延滞していて一括請求になっている場合でも任意整理は可能です(一括請求されている金額を分割にするなど)。ただし、延滞している期間の遅延損害金を要求されたり不利な条件になる場合もあります。

14.2度目の任意整理も可能ですか?

2回目の任意整理も可能ですが、詳しくはこちらをご確認ください(2度目の任意整理について)。

15.少額の場合でも任意整理できますか?

少額の場合でも任意整理は可能ですし、手続きした方よいと思います。

ただし、費用が高額の事務所に依頼すると損することもあります。

目安は10万円の債務なら費用は1社20,000円くらいの事務所に依頼しましょう。

任意整理少額について

16.任意整理中でも裁判は起こされますか?

任意整理中でも相手の会社は裁判を起こすことは可能です。

会社によっては和解までに一定期間が経過すると裁判を起こしてくることもあります。

当事務所では、それまでに和解は成立させますのでご安心ください。

任意整理中の裁判について

17.任意整理する会社を選べますか?

除外する理由がなければ、全社を対象にするべきです。

保証人がついているなど理由がある場合は除外することも可能です。

また、除外したカードを今後も利用したいという理由では当事務所はお受けできません。(任意整理の会社を選ぶことについて

18.任意整理と自己破産の違いは?

下記の比較表をご確認ください。

任意整理と自己破産の比較

 任意整理自己破産
手続後の返済約5年で支払う支払いなし(ゼロに)
信用情報(ブラックリスト)ブラックになるブラックになる
手続き(裁判所の関与)裁判所の関与なし、債権者との個別の交渉裁判所の関与あり、厳格な手続き
財産の処分処分なし20万円以上の財産は処分の対象
手続きに必要な書類なし通帳や給料明細など多い
手続きにかかる期間手続きに半年、その後約5年支払1年
借金の理由問題にならない問題になる
仕事に影響なし一部あり(資格を必要とする職業)
費用の相場1社4万円前後(当事務所は19,800円)20万円~40万円前後(当事務所は20万円)

19.任意整理できないケースはありますか?

取引の年数が短い場合や中小の貸金業者の場合は利息カットができないことがあります。(任意整理できないケース詳しくはこちら

20.遅延損害金もカットしてもらえますか?

依頼するまで長期間支払っていない場合は遅延損害金が膨らんでいます。任意整理は和解後の利息はカットできるますが、それまでに発生している遅延損害金はケースによります。(遅延損害金について詳しくはこちら

21.携帯電話(スマホ)の代金も任意整理できますか?

携帯電話・スマートフォンの本体代や通信料も任意整理することは可能です。

ただし、信販会社などの任意整理と比較して返済期間が短めになるという特徴があります。(携帯電話(スマホ)の任意整理の特徴はこちら

債務整理のご相談/ご予約は

業界トップクラスの低料金!司法書士法人黒川事務所

司法書士

代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(解決した依頼人は4,300人以上。2018年度は1,100人以上のご依頼を頂きました)
  • 無料相談実施中
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分

ご相談は何度でも無料(携帯OK)

平日10時~21時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話でご連絡いただいた方がスムーズに予約をとることが可能です。