債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

東京都渋谷区渋谷3丁目7−3 第1野口ビル6階
大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

受付時間:平日10時~21時
土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬
任意整理の再和解

再度の任意整理(再和解のご相談は)

一度任意整理に失敗しても再度任意整理(再和解)ができる!

再和解は会社によって対応が異なる

個人再生や自己破産など法的整理も視野にいれる!

任意整理の再和解とは

任意整理をしたが返済が困難になり、支払いをストップしてしまった。

再度返済を開始したいが、どうしたらいいのか分からない。

そんな場合は、再度任意整理を依頼することができます(再和解)

 

(※過去に任意整理して完済し、また別の会社から借入をした分の任意整理(2度目の任意整理)は、再和解ではなく通常の任意整理です。)

任意整理をして延滞するとどうなる?

ほとんどの会社は、任意整理をして2か月分支払いを延滞すると一括請求になります(和解書を確認してみてください)。

また、一括請求になると完済するまで遅延損害金が発生します(和解書に遅延損害金率〇〇%と書いてありますので確認してください)。

再度、返済を再開する場合は遅延損害金が発生した状態では返済しても債務が減らなくなってしまいます。再和解をすることで今後発生する遅延損害金をカットしてもらうことができます。

再和解の注意事項(再和解の対応は厳しい)

再和解時までの遅延損害金はカットしてくれないケースは多い。

そもそも再和解に応じないというケースもある。

再和解できても毎月の返済額を下げてくれないケースもある。

2か月延滞した時点で、当初の和解時に遡って契約が無効になっているケースもあり(債務が2回分延滞時の残債務より増えている)。

再和解できない場合はどうする?

再和解できないケース

相手が応じてくれない…

応じてくれたとしても毎月の返済額は従前のままで返済ができない…

個人再生や自己破産も視野に入れる

再和解ができない場合は法的整理(個人再生や自己破産)を検討する必要があります。

相手の会社は一度目の任意整理で最大限の譲歩(長期分割や利息カット)をしてくれています。そこから再度返済額を下げて再和解できないという債権者の主張ももっともな部分があります。

(たとえば、1度目の任意整理で60回払いにしてもらい20回まで支払った。残りの40回分を再度60回に分割すると、結局80回払いにしたことになる)

 

再和解できないようであれば、自己破産や個人再生を検討していただくことになります。

自己破産の説明はこちら

再和解の費用(分割払い可能)

当事務所の費用(税別)
再和解(1社につき)29,800円(税別)

※ただし、1社のみのご依頼の場合は45,000円(税別)。
※通常の任意整理より少し高く設定させていただいております。ご了承ください。

債務整理のご相談/ご予約は

業界トップクラスの低料金!司法書士法人黒川事務所

司法書士

代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(解決した依頼人は4,300人以上。2018年度は1,100人以上のご依頼を頂きました)
  • 無料相談実施中
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分

ご相談は何度でも無料(携帯OK)

平日10時~21時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話でご連絡いただいた方がスムーズに予約をとることが可能です。