債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

東京都渋谷区渋谷3丁目7−3 第1野口ビル6階
大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

受付時間:平日10時~21時
土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬
支払督促が届いた場合の時効援用

裁判(支払督促が届いた場合)の時効援用

支払督促が届いた場合の時効援用について

支払督促が届いた場合の裁判上の時効援用について説明します。

時効期間が経過していても支払督促(裁判)してくる会社は存在する

長期間放置している債務について、ある日突然裁判所から支払督促が送られてくることがあります。

支払をしていない期間が5年以上経過していても、支払督促の申立(裁判)は起こせます。

注意:時効を主張しないと相手の請求どおりの内容が認められる

注意しなければいけないのは、支払督促を放置すると『本当だったら時効を主張すれば支払わなくてすんだ債務も支払わないといけなくなる』ということです。

支払督促にはどのように対処すべきか

2週間以内に異議を申し立てる

支払督促を受け取ってから2週間以内に裁判所届くように、異議申立書を裁判所に提出します。(間違っても、「分割払いにしたい」にチェックは入れてはいけない)

異議の理由は書くのであれば、消滅時効を主張します。

異議を申立てたら、通常の裁判に移行します。

通常の裁判に移行したら(口頭弁論期日呼出状及び答弁書催告状が届いたら)

答弁書で消滅時効を主張する

答弁書に時効を援用(主張)する旨を記載し、裁判所を相手方に提出します。

相手によっては・・・

通常訴訟に移行した後、裁判を取下げてくる場合があります。

この場合は証拠を残すため改めて内容証明郵便を送る手続きをする必要があります。

取下げがなされず、裁判の期日を迎えた場合は、時効が中断しているなど時効でないという相手の反論も考えられます。

この場合は裁判の期日に裁判所に出頭して相手の言い分を聞いたり裁判所の見解を聞いたりします。

ご依頼をご希望の場合は

裁判の手続きは、専門知識もなく慣れていないと大変な労力が必要です。

また、実際に裁判進行中の事件について無料相談を繰り返して手続きを全て説明して教えてくる事務所はありません(費用を頂いて手続きをするのが仕事だからです)。

当事務所では、裁判上の時効援用を含め債務整理という借金問題を専門的に扱っております。

ご依頼をご希望の場合は、裁判の日程もありますのでお早めにご相談ご予約ください。

裁判対応など借金問題に関する相談は

0120-913-596

電話受付:平日10時~21時 土日10時~17時

お急ぎの方はお電話でお問い合わせください。

(裁判所から届いた書類をお手元にご用意いただきお電話頂ければスムーズです)

債務整理のお問合せは

債務整理・時効援用・過払いなど借金問題が専門の司法書士法人黒川事務所

司法書士

代表者 認定司法書士 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用設定
  • 着手金不要分割払いOKなので…初期費用0円
  • 平日夜間21時まで。
  • 土日も相談可能
  • 減額報酬なし!相談は無料!!

司法書士業界16年目。
開業以来、借金問題を中心に扱っており、解決した依頼人は3300人以上(2017年度は800人以上の依頼いただいております)。

お電話でのご相談・ご依頼はこちら

電話受付:平日10時~21時 (夜間対応)/土日10時~17時 (土日対応) 祝日休み