債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

東京都渋谷区渋谷3丁目7−3 第1野口ビル6階
大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

受付時間:平日10時~21時
土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬
任意整理

任意整理による借金解決

債務整理を検討される方のほとんどは任意整理で解決可能!

任意整理1社19,800円は業界トップクラスの低料金です(相場40,000円~50,000円の半額で手続可能)。もちろん減額報酬も頂いていません

借金問題について相談される方はお金に困っているから高い費用は取れないという理由で安い費用に設定しています。

任意整理の説明

任意整理すれば5年以内に借金が完済できる!

任意整理をすると、減らない借金が減るように!!

こんな風に悩んだことがある方は、任意整理を検討してください。

  • 返済しても借金がぜんぜん減らない
  • 毎月利息分しか払えていない
  • いつになったら完済できるのか不安だ
  • 増え続ける借金が不安だ

任意整理すると完済できるようになる。

任意整理とは? 
  • 将来の利息のカット(利息を0%にする)返済方法の見直し(毎月の返済額を下げる)などを債権者と直接交渉する手続です。
  • 利息が18%を超える取引の場合、借金の総額が減額する。
  • 任意整理後の借金を、5年(債権者による)の分割で支払える場合に選択。
  • 返済の窓口を1本化することもできます。
  • クレジットカードのショッピングのリボ払いや銀行カードローンも対象になる。

任意整理は相手との話し合いで借金問題を解決します

ただし、任意整理は支払が困難な方のための手続きです。

任意整理は、現在の支払いが困難(いわゆる自転車操業・借りて返しての繰り返し)という方のための手続きです。

「利息がもったいないのでカットしてもらいたい」という方や家計収支(収入や生活費)をお伺いして十分支払いができるという方のご依頼は当事務所ではお断りしておりますのでご了承ください。

任意整理の具体例

任意整理する前は

 債務額金利

毎月の返済額

完済まで総支払額

A社90万18%27,000約125万
B社60万17.8%13,000約102万
C社50万18%15,000約75万
合計200万 55,000約302万

合計200万円の債務を完済するために、約4~5年間、毎月55,000円を払い続けて総額約302万円を払わないと完済することができない!

任意整理した後は

 債務額金利毎月の返済額完済まで総支払額
A社90万0%15,00090万
B社60万0%10,00060万
C社50万0%10,00050万
合計200万 35,000200万

合計200万円の債務を完済するために、約4~5年間、毎月35,000円を払い続けて総額約200万円を払えば完済できる!

【任意整理をすることによって】

毎月の返済額:55,000円⇒35,000円に下がる

完済までの支払額:302万円⇒200万円に減る

任意整理のメリット

  1. 司法書士に依頼後は債権者からの請求・督促が止まります
  2. 任意整理手続中は債務の返済を中止(STOP)します
  3. 利息制限法に基づく再計算により借金総額が減額される可能性があります
  4. 任意整理後は利息をカット(0%)してもらうよう交渉します。
  5. 保証人がいる債権者(奨学金など)や住宅ローン・自動車ローンは対象から除外することが可能です(一部債権者を除外することについての見解)。
  6. 返済窓口を司法書士事務所に一本化することも可能。

任意整理のデメリット

  1. 信用情報機関に登録されるため、一定期間ローンやクレジットを利用することが困難になる。
  2. 任意整理は単なる交渉なので、強硬な債権者は分割払いを認めなかったり、利息のカットに応じない債権者もいる(利息制限法に基づく再計算には応じます)。

任意整理で借金が減る人と減らない人の違い?

任意整理をしたときの大前提として、過去に高い金利(グレーゾーン金利)で取引をしていた人は18%で再計算することにより、債務の元金が減ることがあります。

 

CMや他の事務所のHP広告などで「債務整理をしたら400万円あった債務が130万円に減った」などと宣伝されていますが…該当する方は年々減ってきています。

元金が減る人と減らない人を比較してみましたので参考にしてください。

任意整理で元金が減る人

減る人の条件
  • 平成19年より前から取引開始
  • キャッシング
  • グレーゾーン金利(28%前後)だった
  • 上記の全てが当てはまる

任意整理で元金が減らない人

減らない人の特徴
  • 10年以内に開始した取引
  • ショッピング
  • 銀行カードローン
  • 金利が18%

【ご安心ください】

任意整理をして元金が減らなくても今後の利息をカットしてもらうことで完済までの支払総額が減り、毎月の返済額も減るので手続きをするメリットがあります。

(現在、任意整理を依頼される方のほとんどは元金は減らないタイプの任意整理です)

任意整理の際には過去の金利も確認しますのでご安心ください。

任意整理をご依頼いただいた場合は、債権者から取引履歴を取り寄せて過去の金利も確認しております

平成19年より前からキャッシングの取引をしていて、金利が高かった場合は、再計算して債務を減額させたり、債務が無くなって過払いになっている場合は過払い請求に移行します。

任意整理専門の当事務所の特徴

業界トップクラスの安い費用設定

当事務所の任意整理の費用は、当事務所で返済代行(窓口の一本化)をする場合は1社19,800円(税別)。ご自身で返済する場合でも1社24,800円(税別)です。

他の事務所と比較してみてください!

任意整理の費用の相場(1社40,000~50,000円)の半額で手続き可能。

任意整理の実績が豊富です

これまでに解決した依頼人は4,300人以上、2018年は約1,100人の方から実際にご依頼いただきました

任意整理は相手との交渉です。会社によって「60回の長期分割できる会社」、「対応が厳しい会社」などがあります。

当事務所の司法書士は相手の対応を熟知しているから安心して依頼できる。

夜間対応:土日対応も可能

「今すぐ任意整理を依頼したい」、「仕事帰りに依頼したい」、「土日しか時間が取れない」というニーズにお応えするため、

平日は10時~21時まで土日も10時~17時まで対応可能です。

銀行カードローンやクレジットカードのリボ払いの任意整理も対応可能

クレジットカード(ショッピング)の任意整理や銀行カードローンの任意整理も当事務所では対応します。

任意整理の費用は業界トップクラスの低料金(相場の半額)

任意整理の費用(分割払いOK)

任意整理の費用
相談無料(0円)着手金なし(0円)

報酬

依頼しやすい2つの選択制を採用

(A)か(B)どちらかを選択

(A)1社:(税別)

24,800円

任意整理後の返済は【自分で各社へ銀行振込】

(B)1社:(税別)

24,800円⇒

19,800円

任意整理後は返済窓口を一本化して【事務所が返済を代行】

※報酬は手続中に分割でお支払いいただくことが可能です。

(B)の一本化を選択した場合の返済代行手数料

1,000円(税別)×債権者数 /月

(債権者への銀行振込手数料込み)

なぜ返済代行だと24,800円から19,800円に費用を安くしているのか?

返済代行をすると、毎月のコストが自分で返済する場合より少しかかるので、初期費用を安くしています。

(自分で返済する場合の毎月のコストは各社への銀行振込手数料です)

【返済代行】メリットとコストを確認する

任意整理に関する無料相談及びご依頼の予約は

業界トップクラスの低料金で任意整理ができる司法書士法人黒川事務所

任意整理に関する相談はこちら

ご相談は何度でも無料

0120-913-596

電話受付:平日10:00~21:00 土日10:00~17:00(祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話でご連絡いただいた方がスムーズに予約をとることが可能です。

任意整理の場合に司法書士が扱える金額の限度は

債務の元金が1社で140万円を超える会社については司法書士は扱うことができません。

任意整理の手続のながれと期間

お電話やメールでご相談後、司法書士と面談を行います。

借入先・借金額・月々の支払額及び支払可能額等をお伺いし、今後の費用の積立方法や返済開始時期・返金額(目安)などの説明を行います。そして、委任契約を締結します。

司法書士が債権者へ受任通知の発送・ 取引履歴の開示請求 

この受任通知により債権者からの請求・督促がSTOPします。

債権者への返済もSTOPします。

返済がストップしている間に、当事務所の費用を3~4カ月くらいで積み立ていただきます。

債権者から開示された取引履歴に基づき利息制限法による再計算=本来の借金総額が確定

※消費者金融は平成19年頃までは、利息を25~29%に設定していたところが多い。
これを利息制限法の利息(通常18%)で再計算します。
これにより支払額が現在請求されている額よりも減額することが出来ます。

元から金利が低い取引やショッピングは、借金の減額はありません。

司法書士が各債権者に弁済計画案を提示・和解交渉

※この際、少しでもゆとりある生活を取り戻せるよう、将来の利息をカットし(0%にしてもらう)、5年での分割弁済を交渉します。

司法書士が債権者と和解契約を締結

和解内容にもとづいて月々の返済スタート

※債権者への返済は各社へ銀行振り込みになります。

ご自身で銀行振り込みをするケースと事務所に返済代行を依頼するケースがあります。

任意整理の期間について

相談から依頼

最短で当日可

依頼から和解

平均4ヵ月

和解後の返済期間

最長で5年が目安

任意整理後(和解後)の返済方法について

任意整理後(和解後)の返済については、銀行振込になります。

和解書に記載された各会社の銀行口座に振込で返済することになります。

例えば、4社任意整理したら、和解後は毎月4件銀行振り込みをすることになります。

(今までどおり、カードでATMで支払ったり、銀行引落などはありません)

ご自身で返済していくことも可能ですが、希望される方は銀行振込を事務所で代行するとこも可能です(窓口の1本化)。この場合は、毎月事務所に振込んで頂き、それを事務所の方で各社に振り分けて返済を行います。

これを返済代行といいます。

任意整理のよくある質問

任意整理についてよくある質問をQ&A形式にしてまとめました。

ほかではあまり記載されていない任意整理のはなしも記載しています。

任意整理のよくある質問について

  • どんな場合に任意整理が適していますか?
  • 利息カットはされますか?
  • 元金が減る場合はどういうケース?
  • 任意整理できないケースはありますか?
  • 対象にする債権者を選んでいいですか?
  • 遅延損害金もカットされますか?

クレジットカードも任意整理の対象になる!

クレジットカードについても任意整理や過払い請求が可能です。

平成22年より前は、多くのクレジットカード会社も消費者金融と同じように利息制限法を超える金利でした。

このような場合は、再計算をして借金の減額の対象や過払い発生の可能性があります。

最近のカードやショッピングでも任意整理は可能!

最近カードを作成したのであれば、利息は18%以下になっています。ショッピングは減額や過払いの対象にはなりません。このような場合でも、毎月の返済額を下げるという任意整理は可能です。

銀行カードローンも任意整理可能

銀行のカードローンも対象になります。

過払いは発生しませんが、今後の利息をカットしてもらい、長期の分割にする任意整理は可能です。

債務整理のご相談/ご予約は

業界トップクラスの低料金!司法書士法人黒川事務所

司法書士

代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(解決した依頼人は4,300人以上。2018年度は1,100人以上のご依頼を頂きました)
  • 無料相談実施中
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分

ご相談は何度でも無料(携帯OK)

平日10時~21時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話でご連絡いただいた方がスムーズに予約をとることが可能です。