債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

クレジットカードも任意整理できる!払えないときの解決方法

クレジットカードの負債を払えないときには、任意整理で解決できます!

 

キャッシングだけでなくショッピングリボ払いも任意整理の対象になります。

 

当事務所でも、最近の傾向として消費者金融よりクレジットカードの任意整理のご相談が増えているので、困ったときにはお気軽にご相談ください。

 

ここではクレジットカードを任意整理するメリットや依頼の際の注意事項を専門家が説明します。

クレジットカードの任意整理3つのポイント

ショッピングのリボ払いも対象になる。

クレジットカードも過去に金利が高ければ減額や過払いの対象になる。

クレカに付帯しているETCカードは使えなくなる。
カード払いにしている光熱費等は銀行引落などに変更する必要がある。

クレジットカードの任意整理のポイントやよくあるQ&Aもご紹介します。

クレジットカードの任意整理のポイントやよくある質問

クレジットカードを任意整理するメリット

クレジットカードの負債を任意整理すると、以下のようなメリットがあります。

毎月の返済額が下がる

任意整理に成功すると、今より大幅に毎月の支払額が減って家計が楽になります。

たとえば現在月8万円程度の返済をしている方でも、任意整理をすれば月4万円程度に落とせるケースなど。

月々の支払額を減らせたら、何とか完済まで支払いを続けられる方も多いでしょう。

今後の利息をカットできる

任意整理をすると、債権者との合意後に発生する利息がカットされます。

今後の利息の支払いが不要となるので、完済までの総返済額が大幅に減るメリットがあります。

 

たとえば借金が200万円の方が任意整理をすると、合意後は「利息無しで200万円のみ返済」すれば完済できます。5年払いとした場合、月々の返済額は33,300円程度にまで落とせる計算です。

 

任意整理前は毎月元本以外に高額な利息を払っているため、いくら払い続けてもなかなか完済できません。

任意整理すると、総返済額が大きく減るので借金を完済しやすくなり大きなメリットを得られるでしょう。

およそ5年以内に完済できるゴールが見える

任意整理をすると、多くのケースで3~5年以内に借金を完済する計画を立てます。

リボ払いの残高がかさんで「いつ完済できるのか?」目途が立たなくなっている方でも、任意整理をすればゴールが見えてくるでしょう。

借金から解放された人生を手に入れられるのは、大きなメリットです。

手続きが簡単で費用も安い

任意整理は裁判所を利用しないので、手続きがカンタンです。必要書類もほとんどなく、短期間で解決できるケースが多い特徴もあります。

裁判所に払う費用はなく、専門家の費用も他の手続きより低いケースが多いでしょう。

 

当事務所では業界最安値レベルの低料金を設定していますので、費用が心配な方もお気軽にご相談ください。

財産がなくならない

任意整理以外の債務整理では、財産がなくなる可能性があります。

たとえば自己破産すると、生活に必要な最低限を超える財産が没収されます。

個人再生でも、ローンつきの車がなくなってしまうおそれがあるので注意しなければなりません。

 

任意整理なら、預貯金、保険、車、家などの財産を守れるのも大きなメリットとなるでしょう。

元本の減額や過払い金請求できる可能性がある!

取引歴の長い方がクレジットカードを任意整理すると、借金を大きく減額できる可能性があります。

ときには「過払い金」を請求できるケースもあるので、ぜひ知っておいて下さい。

元本減額や過払い金請求できる理由

過去(2008年頃以前)には、多くのクレジットカード会社が消費者金融と同じように利息制限法を超える高い金利をとっていました。しかし判例では、そのような高金利の支払は不要と判断されました。

 

そこで高金利の取引をしていた方は、利息の再計算をして元本を大きく減らしたり、過払い金を取り戻せたりする可能性があるのです。

クレジットカードでも過払いが発生する目安

過払い金が発生する目安

過払い金が発生しやすいパターンは、平成19年より前からキャッシングを利用しているケース。

リボ払いでもキャッシングであれば過払い金請求の対象になります。

 

一方で、ショッピング利用によっては過払い金が発生しません。

また最近カードを作成した場合、利息は年18%以下(利息制限法以内)になっているので過払い金請求や債務の減額はできません。

 

とはいえ債務減額や過払い金請求できないケースでも、今後の利息をカットして毎月の返済額を下げる通常の任意整理はできるので、安心しましょう!

クレジットカードの任意整理をする際の注意点

クレジットカードを任意整理するとき、注意点があります。

それは、クレジットカードで携帯電話料金やインターネット料金・光熱費・保険料などの毎月の支払いを行っている場合の対応です。

クレジットカードで携帯電話料金やインターネット料金・光熱費・保険料など支払っている場合は支払い方法を変更する

クレジットカードを任意整理するとカードを止められてしまうので、引き落とし不能状態になってしまいます。

 

任意整理に取りかかる前に(もしくは任意整理依頼後すぐに)、支払方法をクレジットカード払いから銀行引落などに変更しておきましょう。

ETCカードも使えなくなる

クレジットカードに付帯するETCカードを利用している場合、任意整理によってETCカードカードも使用できなくなります。

カードが手元にあればカード会社へ返却しなければならないので、準備しましょう。

一部のクレジットカードを残すことはできる?

任意整理の場合に「クレジットカードを1枚残したい」というご相談を頂きますが可能なのでしょうか?

手続きから除外することは理屈の上では可能ですが、じつは除外するメリットがありません。

除外してもいずれは使えなくなるのであまり意味がない

確かに1枚のカードを手続きから除外することは可能です。

そうすれば任意整理後、しばらくは利用できるでしょう。

 

しかし一定期間が経過すると、結局は使えなくなってしまいます

他の会社のカードを任意整理したせいで、個人信用情報がブラックになってしまうからです。信販会社はたびたび信用情報を確認していますし、遅くてもカード更新などの際に除外した会社にも任意整理が発覚し、カードの利用を停止されてしまうでしょう。

 

そこで当事務所では「除外しても意味がないことや除外のデメリット」を説明して任意整理に加えるようお勧めしています。

任意整理とクレジットカードの関係について疑問がありましたら、遠慮なくお尋ねください。

クレジットカードの任意整理についてよくある質問

よくあるご質問を紹介します。

クレジットカードのショッピングでも任意整理できますか?

任意整理は可能です

ショッピング債務も任意整理できます。

たとえばショッピングリボ払いを利用している場合、今後の金利をカットできるケースがほとんどです。リボ払いの金利をカットすれば、支払額が大幅に減って完済への目途が立ちやすくなるでしょう。

毎月の返済が厳しい場合、返済期間を伸ばして、毎月の返済額を下げるよう交渉できます。

 

ただ「金利を払いたくないから債務整理する」という考えは適切ではありません。

本来、支払が困難な場合に何とか完済まで返済を続けられるように行うのが任意整理です。任意整理をすると信用情報に影響が出て、今後クレジットカードや借入が一定期間できなくなるデメリットもあります。そういったリスクも踏まえて任意整理するかどうか検討しましょう。

 

迷ったときには司法書士がアドバイスしますので、お気軽にご相談ください。

ショッピングはそのままでキャッシングのみ任意整理できますか?

キャッシング部分だけを取り出して任意整理することはできません

キャッシング部分だけを取り出して任意整理することはできません。

任意整理をすると、ショッピングもキャッシングも両方が対象になります。

 

利息制限法を超える金利でキャッシング取引があり過払い金が発生する場合でも、ショッピングをそのまま支払い、キャッシングだけを過払い金請求の対象にすることはできません。

キャッシングで過払い金が発生すると、ショッピングの残債務と相殺されます。

相殺によって借金を完済できれば過払い金を取り戻しますし、借金が残ったら分割返済の方法を相手の会社と話し合い、通常の任意整理で解決する必要があります。

取引が古い場合、クレジットカードのショッピングやキャッシングの借金を減額できますか?

ショッピングは減額できません。キャッシングは過去の金利次第

取引が古く利息制限法を超過した取引があれば、「キャッシング債務」は減額できる可能性があります。

一方で、「ショッピング債務」は減額できません。

 

借金を減額できるのは、利息制限法を超えた金利で取引をした場合に払いすぎた利息を元金に充てられるからです。

ショッピングは、もともと利息制限法を超える金利が適用されていないため、利息の払いすぎが起こりません。そこでショッピングによる借金元本の減額はできません。

 

会社やカードの種類によって、キャッシングの金利も異なります。

  • 『長い間18%以上で取引をしている場合』…大幅な減額や過払いの可能性有り。
  • 『かなり昔から18%以内の会社』…取引が長くても減額や過払いにならない。
  • 『リボの場合は18%以内で一括の場合のみ18%超の会社』…返済の仕方によって変わってくる。

司法書士が調べると詳細がわかりますので、まずは一度ご相談ください。

クレジットカードの任意整理にあたっての注意事項はありますか?

カードが使えなくなります

任意整理するとカードを使えなくなるので、光熱費や携帯代などの支払いをカード払いにしているなら、銀行引落などの支払方法へ変更しましょう。

 

クレジットカード会社からの発行されたETCカードを使っている場合は、ETCカードも使えなくなります。

代わりに高速道路会社のETCパーソナルカードを利用すると良いでしょう。

任意整理しても家族カードは持てますか?

任意整理をするとクレジットカードは作れませんが、ご家族に家族カードを作ってもらうことは可能です。

任意整理と家族カードの関係はこちらの記事でまとめましたのでご覧ください。

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士7名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。