債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

東京都渋谷区渋谷3丁目7−3 第1野口ビル6階
大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

受付時間:平日10時~21時
土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

銀行カードローンの任意整理(債務整理)

銀行のカードローンを整理する際のポイント3つ

整理する銀行と給料振込口座の銀行が同じ場合、給料振込口座を変更する

銀行カードローンも任意整理するメリットはある

銀行カードローンは保証会社がついていて、整理すると債権が保証会社に移る

銀行のカードローンの任意整理(債務整理)の最近の傾向

銀行カードローンの任意整理は増えている。

総量規制により消費者金融やクレジットカードのキャッシングの借入限度額に制限ができたことにより、総量規制の対象外の銀行から借りる人が増えている(銀行なども積極的にテレビCMなどで販促している)。

また、インターネット経由で手軽に借りれるネット系銀行での借入も増えている。

当事務所に依頼される方の3割くらいが銀行カードローンの任意整理で、近年増加傾向にあります。

銀行のカードローンは金利が低いが任意整理(債務整理)するメリットは
あるのか?

任意整理するメリットはある!

銀行のカードローンの金利は、限度額50万なら14.5%前後・100万なら12%前後というのもが多い。

たとえば、50万円を14.6%で借入。毎月1万円の返済額なら・・・

完済するまでに78ヶ月(6年半)、支払総額は約77万円(借りた金額50万と利息27万を返済)になる。

90万円を12.6%で借入。毎月18000円の返済額なら・・・

完済するまでに約72ヶ月(6年)、支払総額は約128万(借りた金額90万と利息38万を返済)になる。

この計算は、追加で借入はせず、かつ、毎月の返済額を下げなかった場合です。残高に応じて返済額が下がる残高スライドのリボ払いの場合は利息として支払う額はもっと多くなります。

なので、任意整理をして利息をカットできれば手続きをするメリットはあります。

銀行カードローンの任意整理(債務整理)の特色

銀行のカードローンには必ず保証会社がついている。

債務整理の通知を銀行に送付すると、保証会社が代位弁済(債務者に代わって銀行に全額返済)する。

任意整理後は保証会社が債権者になり保証会社と交渉し保証会社に返済していくことになる。

銀行カードローンの任意整理(債務整理)の注意する点は?

預金は引き出しておく。特に給料の振込口座の場合は注意。

債務整理の対象にする銀行に債務整理の通知を送付すると、銀行口座が凍結されます。口座に入っている預金と借金を相殺するためです。 

事前に預金は引き出しておくか、預金を引き出してから債務整理の通知を送付してもらいましょう。

給料の振込口座になっている場合も、給料が振り込まれたら引き出すことができません。

給料の振込先を変更してから債務整理の通知を出してもらいましょう。

(借金している銀行と預金や給料の振り込まれる銀行が別の場合は問題ありません。)

たとえば、A銀行で借金、B銀行に給料・預金なら問題なし。

でも、A銀行a支店で借金 A銀行b支店に給料・預金なら他の銀行に変更する。

A銀行を債務整理、他の銀行で預金口座開設は問題なく可能。

債務整理のお問合せは

債務整理・時効援用・過払いなど借金問題が専門の司法書士法人黒川事務所

司法書士

代表者 認定司法書士 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用設定
  • 着手金不要分割払いOKなので…初期費用0円
  • 平日夜間21時まで。
  • 土日も相談可能
  • 減額報酬なし!相談は無料!!

司法書士業界16年目。
開業以来、借金問題を中心に扱っており、解決した依頼人は3300人以上(2017年度は800人以上の依頼いただいております)。

お電話でのご相談・ご依頼はこちら

電話受付:平日10時~21時 (夜間対応)/土日10時~17時 (土日対応) 祝日休み

司法書士法人黒川事務所

0120-913-596

  平日10時~21時
  土日10時~17時
  (祝日休み)

司法書士紹介

(東京渋谷事務所 渋谷駅3分)
東京都渋谷区渋谷3丁目7−3
第1野口ビル6階

(大阪梅田事務所 西梅田5分)
大阪市北区堂島2丁目1-27
桜橋千代田ビル4階