債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

受付時間:平日10時~20時
土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

任意整理できない場合があるって本当?
その場合の対処法は?

任意整理は相手の会社との話し合いです。

じつは、相手の会社には「任意整理をされたからといって利息をカットしてあげる義務はありません」

それでも、名前の聞いたことのある大手の消費者金融や信販会社は任意整理に応じてくれて「今後の利息をカットして和解」してくれます。

任意整理ができないケースと対処法を説明

ココだけ読めばわかる任意整理ができない可能性のある3つのポイント

ほとんど返済をしていないような取引実績の場合

会社の方針として利息カットに応じない(一部の会社)

特定の事務所の任意整理には応じない(過払い請求のみを大量に扱う事務所)

大手の会社は任意整理に応じてくれる

任意整理とは『①将来の利息をカットしてもらい②長期分割で返済していく』ということです。

たとえば…

90万円(利息17.8% 毎月2万円の返済 返済期間75か月 支払総額150万円)の借金が払えない場合に、

任意整理をして90万円を利息0% 毎月の返済15,000円 返済回数60回 支払総額90万円にしてもらう。

これが任意整理です。

 

任意整理は、相手の会社との「任意」の話し合いです。債権者は将来の利息カットや長期分割に応じる義務はありません。

ただ、大手の会社であれば、通常は任意整理に応じてくれます(それほど任意整理できないケースを心配する必要はありません)。

債務者の状況を理解して将来利息のカットや長期分割に応じてくれます。

大手の会社でも任意整理ができないケースもある?

大手の会社はほとんど任意整理に応じてくれますが、一部、任意整理に応じてくれないこともあります。

(任意整理に応じてくれないといっても、その内容は様々で、「利息を完全にカットするわけではなく5%など少し付加する」とか「利息はカットするが分割回数が60回など長期ではなく12回~36回など短期になる」というケースがあります)

取引の期間が短い場合
(返済実績1年未満など借りてほとんど返済していない)

大手の会社で、任意整理に応じてくれないケースとしては、取引の期間が短くてほとんど返済していないような場合があります。

ほとんど返済していないような状況で任意整理を依頼していると「返済する意思がなく借りた」と思われてしまいます。

このようなケースでは、長期の分割ができず短期の分割になったり、利息の完全カットができない場合があります。

 

たとえば

・ある消費者金融は返済実績1年未満だと利息を付加する。

・ある消費者金融は返済実績1年未満だと利息はカットするが12回払いまでしか分割にしない。

・ある消費者金融は3年未満だと利息を6%付加しないと和解ができないなど

過払い請求を大量に扱う一部の弁護士事務所や司法書士事務所の任意整理には応じない

一部の消費者金融に特有で、大々的に広告をして過払い請求ばかり扱っている事務所や過払い請求の場合に裁判を起こして利息もしっかり請求してくる事務所に対しては任意整理には応じないという方針の会社があります。

中小規模の貸金業者の場合は

大手ではなく中小規模の会社の場合によくあるのが、会社の方針として利息のカットに応じない、すぐに裁判を起こすという会社もあります(任意整理中でも裁判を起こして請求することは禁止されていません)。

いわゆるブラックでも貸してくれる会社(過去に任意整理や破産をしていることを知っていても貸してくれる会社)は、任意整理に応じないという傾向が強いです。

まったく任意整理できないケースというのは、一部の話なのであまり心配する必要はありませんが、経験豊富で各会社の対応を知っている事務所に相談しましょう。

任意整理をしても利息がカットできないケースについて詳しくはこちら

任意整理ができない場合はどうすればいいの?

専門家に相談したら「任意整理ができない」といわれた場合はどうすればいいのでしょうか?

このような場合は下記の2つの対応が考えられます。

①他の専門家にも何件か相談してみる。

相談した事務所ができないだけであって他の事務所ではできるという場合もあります。

②自己破産や個人再生という法的整理も視野にいれる。

支払いができないから任意整理できないという場合や複数の事務所に相談してみたけど任意整理に応じてもらえないという結論に至った場合

任意整理できないと言われたら複数の事務所に話を聞いてみる

最初に相談した事務所に「任意整理できません」と言われた場合は、他の複数の事務所にも話を聞いてみてください。

その事務所ができないだけなのか?

どこの事務所に相談しても任意整理ができないケースなのか?

事務所によって任意整理できるできないという判断が分かれるケースはあります。

(特に取引期間が短い場合など事務所によって対応は変わります)

任意整理をしても返済ができないというケースでは法的整理を検討する

任意整理後に予想される返済額を捻出することができなくて任意整理できないというケースでは、法的整理(自己破産や個人再生)を検討することになります。

 

たとえば、収入はあるけれど負債が高額な場合であれば、個人再生をすれば任意整理より返済額を下げることが可能ですし、収入が少なくて返済が困難な場合であれば法テラスを利用した自己破産という解決も可能です。

 

また、相手の会社が応じてくれなくて任意整理できないというケースでも、個人再生であれば半強制的に手続きをすることは可能です。

自己破産についての詳しい説明はこちら

任意整理できない場合の選択肢は?

任意整理ができないケースに関するよくあるご質問

ここでは任意整理ができないケースに関するよくあるご質問をご紹介します。

具体的に任意整理に応じてくれない会社はどこですか?

会社名をHPに記載することはできませんが...

いわゆるブラックでも貸してくれる会社や中小の消費者金融は利息付きで和解を求めてくるケースが多いです。

数回しか返済していない会社でも任意整理できますか?

ほとんど返済実績がない場合は相手の対応は厳しくなります。

契約したばかりでほとんど返済していない状況だと、相手に言わせてみれば「返す意思はあったのか?」ということになりますので、対応が厳しくなる可能性があります(利息をカットしてくれないなど。)

依頼した後に任意整理ができないことが判明したらどうなるの?

妥協点をみつけて和解して支払っていくことになる

相手の会社も一度任意整理を開始されたら「なにかしらの和解」をしないと返済を再開してもらえないことになりますので、どこか妥協点を見つけて和解をすることになります。

任意整理できるか不安ですが・・・

債務整理を専門にしている事務所であれば心配する必要はありません。

債務整理を専門にしている事務所であれば、相手の対応を知っているので事前に予想はできます。それほど任意整理できるか不安に思うことはありません

債務整理は司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は5,600人以上。2019年度は1,300人以上のご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分

まずは無料相談からはじめましょう

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。