債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

東京都渋谷区渋谷3丁目7−3 第1野口ビル5階
大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

受付時間:平日10時~21時
土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

オートローンの任意整理について

まず、所有権留保の有無について確認する(車検証の名義だけでなく契約書で確認する)

所有権留保がついている場合に、債務整理(任意整理、自己破産、個人再生)をすると車両は引き上げられます。

所有権留保がついている場合は、車を残したければオートローンは任意整理の対象から除外する(同じ会社でクレジットカードがある場合は?)。

事故で廃車にしたり、売却して手元にない場合は?

車を残したい場合は任意整理から除外する

オートローンに所有権留保がついている場合は、その会社を任意整理をすると車両引き上げになります。車がないと生活や仕事上どうしても困るという場合は、その会社を任意整理の対象から除外することになります。

(任意整理でなく、自己破産や個人再生の場合は一部の債権者を除外することはできません)

オートローンと同じ会社でクレジットカードがある場合は?

オートローンを任意整理から除外する場合、オートローンと同じ会社でクレジットカードを使用している場合は、そのクレジットカードも任意整理できないことになります。

(たとえば、オリコでオートローンとクレジットカードの両方がある場合など)

それは、オートローンはそのままでクレジットカードのみ任意整理というのは、相手の会社が認めてくれないからです。

ただし、一部の会社では事情によりオートローンとクレジットカードを分離して任意整理することを認めてくれるケースもあるようですが、その場合でも手続的には引き上げられる覚悟でする必要があります。

車を残す必要がない場合は

車を残す必要がない場合は任意整理の対象に含めます。

その場合、まずは車両が引き上げられます。

そして、換価処分され、その金額が残債務から差し引かれます。

残った債務を分割に支払う交渉をすることになります。

廃車や売却など手元にない場合は?

廃車や売却して手元にない場合は、「いつ」「どこで」「いくらで売却した」など詳細に事情を聞かれることになります。

車検証が本人名義になっていても契約上は所有権留保がついている場合もあります。この場合に勝手に売却することは契約上禁止されていると思います。勝手に処分することは止めましょう。(とくに自己破産になった場合には、換金行為に該当したり、損害賠償請求され非免責債権に該当すると主張されるなどの問題が出てくることがあります)

そもそも所有権留保とは

所有権留保は簡単に説明すると、車をローンで購入した場合に支払いが終わるまで車の所有権はローン会社(主に信販会社)の名義にしておくことです。

車検証の所有者が自分でなく信販会社になっています(自分は使用者)。

(車検証の所有者が自分になっていても、契約上は所有権留保がついている場合もあります)

銀行のマイカーローンというのもある

所有権留保がついているオートローンと似ているものに、銀行のマイカーローンというのもあります。

これは銀行から融資を受けてその代金で車を購入するという借金そのものです。

通常は、所有者は最初から自分になっており売却も自由に可能というものです。

銀行のマイカーローンには保証会社がついていますので、債務整理をすると債権は保証会社に移ります(金利がかなり低いのでほとんど任意整理することはありません)。

任意整理のページに戻る

債務整理のご相談/ご予約は

業界トップクラスの低料金!司法書士法人黒川事務所

司法書士

代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(解決した依頼人は5,600人以上。2019年度は1,300人以上のご依頼を頂きました)
  • 無料相談実施中
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分

ご相談は何度でも無料(携帯OK)

平日10時~21時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話でご連絡いただいた方がスムーズに予約をとることが可能です。