債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

個人再生したら車はどうなる?ローンの有無別に扱いを解説

個人再生を検討されている方で車をお持ちの場合、手続したら車がどうなるのか気になる方が多いでしょう。

 

まず、車を残せるかどうかは、「車両ローン(車のローン)」が残っているかどうか「所有権留保があるかどうか」で決まります!

そして、ローンがなくても車を残せても、査定が高額になるケースは個人再生後の返済額に影響することがあります。

個人再生で車は残せる?

自動車の購入時のローンが残っている場合の個人再生

車のローンが残っている状態で個人再生をすると、車を引き上げられる可能性が高くなります。

引き上げられるケースは「所有権留保」がついている場合です。

 

所有権留保とは、ローンが完済されるまでの間、車の所有者を購入者ではなくローン会社に残すという制度です。

ローンの返済が滞納された場合に、ローン会社が車を回収し、売却してローン返済に充てるための一種の「担保」です。

 

【信販系やディラーなどのオートローン】

信販系の会社やディラーローンを利用すると、ほとんどのケースでこの「所有権留保」が設定されます。その状態で個人再生をすると、ローン会社が車を引き上げます。

引き上げて売却し、売却代金を債務の充当して、少しでも債権を回収しようとします。

 

【銀行のマイカーローン】

銀行のマイカーローンの場合、所有権留保が設定されないのが一般的です。

利用している銀行のローンが所有権留保がついていなければ、個人再生しても車を残せます。

ローンに所有権留保がついているかどうかの見分け方

自分の車に所有権留保がついているかどうかは、車検証を見ると確認できます(普通車の場合)。

所有者欄にローン会社名が書かれていたら、所有権留保がついているということです。

個人再生を検討するときには、まずは車検証の表記を確かめてみましょう。

車の引き上げのタイミングは?

車が引き上げられる場合の手続きについて簡単に説明します!

弁護士や司法書士の個人再生を依頼すると債権者に受任通知が発送されます。債権者がその受任通知を確認すると引き上げの行動にでます。

 

まず、債権者から「引き上げ同意書」という書類が届きます。そして、引き上げには立ち会う必要がありますので、債権者と引き上げる日程について調整します。

引き上げ当日に、立ち会いの上、車が引き上げられます。後日、売却代金や残債務の明細などが渡されます。

ここまでは依頼からおおむね1か月くらいで進んでいきます。

別除権協定を結べるとローンがあっても残せる可能性がある?

個人再生では「別除権協定」を締結することによって車を守れる可能性があります。

別除権協定とは、残債務を支払う代わりに所有権留保を行使しないで車を残してもらう契約です。

 

ただ、常に認められるとは限りません。

生活や仕事(配送業やタクシーなど)にどうしても車が必要なケースでしか認められませんし、債権者との協議も必要です(別除権協定を利用したい場合は、個人再生でも代理人として交渉できる弁護士事務所に相談してください)。

ローンがない車がある場合に個人再生をしたら?

現金で購入した車やローンを完済した車(もしくは所有権留保がついていない車)の場合は、個人再生をしても手元に残すことが可能です。

 

ただ、個人再生を選択する場合は「清算価値保障原則」を考慮する必要があります。

 

※清算価値保障原則とは、個人再生をした場合の最低返済額は手持ちの財産の額以上でなければならないというルールです。

 

【査定が高額になるケース】

たとえば、債務額500万円の場合に個人再生をしたら100万円まで減額できますが、手持ちの財産が200万円(車の査定額が100万円で生命保険の解約返戻金100万円)あると100万円ではなく200万円までしか減額できなくなります(債務を最大まで減額できないケースが出てくる)

 

車の査定額が高額なケースでは、個人再生のメリットがなくなるケースもあるので、高額な車がある場合は事前に査定しておく必要があります。

 

【価値がほとんどない場合】

(ローンもなくて)査定しても高額にならない場合は、個人再生の手続きに支障はありませんし、車を所持し続けることも可能です。

個人再生をしても車を購入できる?

個人再生をすると他の債務整理と同じく、いわゆるブラックになりますので、一定期間は新たなオートローンを組んだ入りリースで車を購入するのが難しくなります。

 

もちろん現金で購入することは可能です。

個人再生なら、債務が圧縮されて返済額も軽減することができますので、余剰のお金を貯金して購入することになります。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

債権者に反対されて個人再生が失敗することは?

個人再生は借金を大幅に減額するので債権者の同意が必要です。そもそも賛成してくれるの?反対されたらどうなるの?反対への対処法を解説

住宅ローンがある場合の個人再生のポイント

住宅ローン以外に高額な債務がある場合は個人再生をするメリットが大きい!住宅ローン再生の要件と注意点

個人再生のデメリットをひとつづつ解説

個人再生のデメリットをひとつづつ解説。これが問題なければ個人再生を選択肢にできる。

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士7名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。