債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

2度目の任意整理の手続き|2回もできるの?

2度目の任意整理というのは2つのケースがあります。

1つ目は、過去に任意整理をして完済し、再度別の会社で借りれをします。そして、返済が困難になって任意整理を依頼するというケースです。

2つ目は、任意整理を依頼したが途中で返済ができなくなり再度任意整理(再和解)を依頼するケースです。

ケース1:2回目の任意整理

2回目の任意整理の意味をかんたんに説明すると

①債務を増やして支払いが困難になり任意整理をする(一度目の任意整理)

②そして無事に3年~5年で完済する。

しばらくするとカードの審査が通るようになるので、また借り入れをしてしまう。

④支払いが困難になる。

もういちど任意整理をしようと考え依頼をする(二度目の任意整理)。

 

もちろん返済が困難であれば仕方がないことなので、依頼をお受けすることができますが、二度目となると、「反省はしていただかないといけない」と思います(債権者には迷惑をかけるわけですから、当然できるという姿勢で依頼されては困ります)。

 

一度目に任意整理をした会社とは違う会社で借りているでしょうから、二度目の任意整理も一度目の任意整理と変わりません。

ただし、一度目と二度目の会社が同じ会社で借りて、再度同じ会社で二度目の任意整理というのは相手の対応は厳しくなります

ケース2:再和解

再和解という意味での2度目の任意整理をかんたんに説明すると

①一度任意整理をして返済を開始する。

②途中で返済ができなくなる。

③再度同じ会社を任意整理する(再和解)。

 

任意整理をして2か月分滞納すると一括払いになり遅延損害金が発生します。

再度返済を開始するには再度の任意整理する必要があります。

 

基本的には、一度目の任意整理を依頼している事務所にもう一度対応してもらうことになりますが、辞任をされていたり、業務終了(和解をした時点で手を離れる)している等の理由で対応してもらえない場合は別の新たな事務所を探すことになります。

 

この場合も会社によっては2度目の対応は厳しかったり、一度目よりも条件が緩和されなかったり、再和解するまでの遅延損害金が付くということもあります。

2回目の任意整理をしなくてよいために

「じつは任意整理が2回目です」という方は多くいらっしゃいます。

自己破産の場合は、7年間は再度の自己破産は免責不許可事由になりますが、任意整理の場合はそのような制限はありません。

 

しかし、なんども任意整理するというのはあまり良いことではありません。

2回目任意整理しなくていいように、または再和解をしないでいいようにするためのポイントを紹介します。

・任意整理をしたら最後までしっかりと払いきる

・無理な和解(任意整理)はせず、最後まで払いきれるような任意整理をしてもらう

・本当に任意整理でいいのか?他の方法がいいのではないか?をよく検討する

・一度任意整理をして完済しても、必要以上に再度の借入等はしない

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士7名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。