【渋谷オフィス】東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階 【上野オフィス】東京都台東区東上野4丁目6-5日比谷不動産ビル1階
【横浜オフィス】横浜市西区北幸2丁目5-13西口幸ビル505 【梅田オフィス】大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金返済に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

債務整理を依頼した事務所を変更できる?変更の手順と注意点を解説 

債務整理を別の弁護士や司法書士事務所に依頼したが、やっぱりそちらの事務所に変更したいというお問い合わせを多くいただきます。

・依頼した事務所の費用が高すぎた!

・債務整理の方針についての意見が合わない!

・対応が悪く信頼できない!

一度、債務整理を依頼した場合に、その後に事務所を変更できるか?について解説します。

債務整理の事務所は変更できるの?

事務所の変更(乗り換え)という手続きはなく、「辞任」してもらい「新たに依頼する」という手順を踏む

債務整理の依頼先を変更するという手続きはありません。

 

できるとすれば、先に依頼した事務所を「解任する」もしくは「合意のうえ辞任してもらう」ことになります。

そして新たな事務所に「依頼をする」ということになります。

 

つまり、変更ではなく「辞任」⇒「依頼」という手順が必要になります。

注意点は「着手金はどうなる?」

依頼している事務所を辞めてもらう場合に、問題が発生することがあります。

「支払済みの着手金」や「未払いの着手金」がどうなるか?という問題です。

 

先に依頼した事務所の「費用が高い」「別にもう少し安い事務所があった」というだけでは契約を解除する正当な理由にはなりません。

 

着手金を分割払いにしてまだ支払っていなかったとしても、手続きに着手している以上、依頼を受けた事務所は着手金を請求できる権利を有しています。

(通常は、依頼された日に受任通知を債権者に発送して手続きに着手しています)

 

【予想される問題点】

・着手金を請求された場合にどうするのか?

・すでに着手金の一部を支払っている場合は返金されるのか?

 

解任した場合、相手に落ち度はないわけですから、処理の程度に応じて報酬も請求される可能性もあります。

事務所変更の注意点
まずは、依頼した事務所と自分で話をしてみる

上記のように、債務整理を依頼した事務所を変更する場合には着手金の清算というお金の問題があります。

 

依頼先を変更したいと考えたら、まずはその理由を話して相談してみることが必要かと思います。

  • 債務整理の方針など意見が合わない場合などは、合意のうえ契約解除できる場合が多く、後のお金の問題も発生しないケースは多いと思います。
  • 費用が高い場合も合意のうえ契約の解除に応じてくれる可能性もあると思いますし、相談すれば費用を見直してくれるケースもあるかもしれません。
  • 事務所によってはすでに受け取った着手金は返金しないが、未払い分は請求しないなどの対応も予想されます。

 

【やってはいけないこと】

「費用はまだ支払っていないから」という理由で前事務所との契約(関係)を放置したまま(無視したまま)新たな事務所に依頼することは辞めてください。

 

債権者から「この人は別の事務所に依頼中の人です」という連絡がきますので、結局は前事務所に連絡を取ってもらい契約関係を解消していただくことになります(放置したままでは手続きが先に進まないだけでなく債権者も困ってしまいます)。

あまりにも費用が高額な場合は?

あまりにも費用が高額な場合で、契約解除に際してトラブルになった場合

 

司法書士会や弁護士会には「債務整理の報酬の基準」というのがありますので、それを大幅に超えるような費用の場合は依頼した事務所が所属する司法書士会や弁護士会に相談するという方法もあります(調停制度などもありますので詳しくは所属する会に問合せてみてください)。

自己責任である・債権者にも迷惑がかかるということを忘れずに

債務整理の依頼先が変わることは債権者にとっては手間がかかります。

・再度書類を出しなおしたり

・受任先の確認をする必要がある

 

いまはインターネットで調べれば費用を比較したり情報を収集するのは簡単な時代です。

「先日頼んだ事務所より費用が安いから」というのは依頼した本人にも落ち度があります。

安易に依頼せずいくつか相談して比較するなど方法はあります。

 

とはいうものも「支払いが遅れ精神的に追い詰められていて正常な判断ができなかった」という状況もあると思います。

まずは、依頼した事務所と話し合い円満に解決できる方法を探りましょう。

債務整理の依頼先の変更についてのまとめ

  • 事務所の変更という手続きはなく、前の事務所にやめてもらい新たな事務所に依頼する
  • 辞任+依頼ができるとしても、前の事務所の着手金などの問題がある
  • まずは前事務所と話し合いで解決できる可能性もある

関連記事の紹介

債務整理をキャンセルできる?

債務整理の依頼をキャンセルすると元の返済に戻る?

債務整理のキャンセルについて段階別・手続別に解説。

債務整理にかかる期間はどれくらい?

債務整理の手続きには、任意整理・自己破産・個人再生がありますが、各手続を依頼したら解決までどれくらいの期間がかかるのか解説しています。

債務整理を辞任された場合の対処法を解説

債務整理を依頼しても費用が払えなかったり連絡が取れなかったりすると辞任されてしまいます。

辞任された場合は、もう一度別の弁護士や司法書士に依頼する必要があります。

司法書士法人黒川事務所が選ばれる理由

当事務所は、業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士
全記事の執筆者

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門で15年以上の実績
  • 解決した依頼人は8500人以上。2021年度は約1500人の方からご依頼(曖昧な相談実績ではなく実際の依頼件数です)
  • 司法書士7名女性司法書士も在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

渋谷オフィス(渋谷駅3分):上野オフィス(上野駅5分):横浜オフィス(横浜駅5分):大阪オフィス(西梅田駅5分)の4拠点+オンライン相談も対応

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。

司法書士法人黒川事務所

0120-913-596

  平日10時~20時
  土日10時~17時
  (祝日休み)

(渋谷オフィス 渋谷駅3分)
東京都渋谷区渋谷3丁目7-3
第1野口ビル5階
(梅田オフィス 西梅田駅5分)
大阪市北区堂島2丁目1-27
桜橋千代田ビル4階
(上野オフィス 上野駅5分)
東京都台東区東上野4丁目6-5
日比谷不動産ビル1階
(横浜オフィス 横浜駅5分)
横浜市西区北幸2丁目5-13西口幸ビル505