債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

過去に任意整理したが途中で返済できなくなり放置した場合でも時効援用はできる?

任意整理をしたけれど途中で返済できなくなり依頼していた事務所にも辞任された。

その後債権者から督促が来るようになったが支払ができないので放置した。

返済を止めてから5年以上経過していますが、この場合でも時効援用はできますか?

任意整理後に時効援用できる

 過去に任意整理していても、返済しなくなり5年経過していれば時効援用は可能!

任意整理をして返済を再開したけれど、支払いができなくなり返済を放置した場合、ほとんどの契約では2か月支払いを怠ると一括請求になります(期限の利益を喪失したといいます)。

この一括請求になってから5年経過していれば時効援用できる可能性があります。

 

※時効援用とは(正確には消滅時効の援用)、債務の支払いを長期間放置している場合に「時効期間を経過しているので支払いません」と主張することで支払わなくてよくなる制度です。

任意整理後の時効援用の具体例

Aさんは、平成23年1月に任意整理を依頼して、同年5月に和解が成立し6月から毎月末日払いで返済をしていました。

最初は順調に返済していましたが、平成24年9月末に返済をした後、支払いをストップしてしまいました。

任意整理の和解書には、「2ヶ月分遅れをためると当然に期限の利益を喪失し残額を一括で払う」と記載されています。

 

この場合の時効の起算点は?

この場合は平成24年10月末分と11月末分を支払わなかった時点(12月1日)で一括請求になります。

この12月1日から5年を経過していると時効援用できる可能性があります。

5年経過してすぐに依頼するのは少し危険?

資料上は5年経過していても…

相手の会社や前に依頼した事務所の作成した和解契約書上、2か月放置して+相手から請求があってから期限の利益喪失する内容になっていたりする場合もあります

また、放置した後に話し合いなど債務承認をしている可能性もあります。

 

待てるのであれば、5年ギリギリ経過ではなく6年近く経ってから依頼する方が時効になる可能性は高くなります。

時効援用に関する役立ち情報

過去に特定調停をして返済を放置してしたら・・・

この場合は、任意整理と違い5年ではなく10年経過していれば時効援用が使える可能性があります。

ただし、特定調停をして支払わなくなった際には、債権者により差し押さえがされているケースもあります。差し押さえがされている場合は、差し押さえから10年の経過が必要になります。

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士7名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。