債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

ご夫婦で同時に自己破産することを選択した事例

「家族構成」夫(契約社員)手取り19万円・妻(パート)手取り8万円

「債務の内容」

夫:6社260万円 妻:7社270万円

「資産」なし 「住居」賃貸

 

Aさんご夫婦は結婚して5年でともに20代の若いご夫婦でした。

結婚前はおふたりとも借金などはしたことがなく、結婚後の新居への引越し費用でキャッシングをしたのが最初の借入でした。

夫婦同時に自己破産をした解決事例

借金を繰り返した経緯

Aさん夫婦は初めてキャッシングをした後も、ことあるごとにキャッシングを利用していました。2年という短期間で夫婦合計530万円まで債務が膨らみました。

特に贅沢をしているわけでもなく日々の細かな出費が積み重なったとのことです。

リボ払いに設定しておけばいつかは完済できると思ってズルズルと借入と返済を繰り返していました。

リボ払いで自転車操業になると、利息の支払いで債務は増えていきます。

(そのことを知ったご夫婦は、無知だったと反省しておられました)

特徴的だったのは、ご夫婦で同じ会社で同じ金額を利用している(鏡に写したように)ことでした。

ひとつのカードで限度額が一杯になったらご夫婦で一緒に次のカードを作成して利用するということを繰り返しておられました。

そして、最終的にはどこからも借入ができなくなり当事務所へ債務整理の相談に来られました。

最初は任意整理の相談にこられました。

当事務所へは任意整理の相談にこられました。

任意整理の場合は毎月10万円弱の返済をする必要があります。

「いまよりも返済額は下がるので支払えそう」とのことでしたが、一緒に毎月の家計の収支を作成して返済可能額を計算してみました。

 

収入が27万円に対し、支出が住居費8万円・光熱費1.5万円・通信費2万円・交通費1万円・医療保険1万円・食費4万円・雑費2万円・医療費0.5万円など毎月の支出を積み上げていくと毎月の10万円の捻出は困難という結論に至りました。

とくに極端に減らせる支出もなく、今後すぐに収入を上げれる見込みもないため夫婦で自己破産をすることになりました。

夫婦で同時に自己破産することも可能です
ご夫婦での自己破産の手続きは

ご夫婦で自己破産を申し立てると、別々の手続きではありますが基本的には関連するものとして同時に進行していきます。

破産審問や免責審尋も同一の日程で行われ夫婦で出廷されていました。

もちろん裁判官との話は別々ですが、心強かったとおっしゃっていました。

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士7名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。