債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

任意整理事例紹介④(銀行カードローンが多いケース)

40代男性のDさんは、会社の取引先であった銀行から勧められたのをきっかけに、銀行のカードローンを作り、10年ほど銀行のカードローンを中心に借入を繰り返していました

 

収入も安定していたDさんは今まで返済は滞ったことはありませんでしたが、お子様が大学に進学されたのを切っ掛けにご自身で使えるお金が激減し、カードローンだけでなくクレジットカードのリボ払いも利用するようになりました。

 

相談に来られた時のDさんの債務は次の通りでした。

A銀行カードローン50万円

B銀行カードローン50万円

C銀行カードローン50万円

D信販会社40万円

E信販会社30万円

毎月の返済額も7万円を超えていました。

銀行カードローンは手続き「する」か「しない」か?

当事務所にご来所される前、Dさんは他の事務所でもご相談されていました。

一昔前は、病院や法律事務所は他所と比べるのは失礼という考えを持つ方もいらっしゃいましたが、今はセカンドオピニオンという言葉も一般的になり、複数の事務所に話を聞きに行くという方が増えたと思います。

(当事務所でも他の事務所と費用等を比べたいという方が多く来られます)

 

そこでお話を聞いていくと、前の事務所では「銀行のカードローンは返済額も下がらないので手続きの意味がありませんよ」と説明を受けたとの事でした。

 

確かに、銀行のカードローンは一般的な消費者金融よりも利息が低く設定されていることがあり、丙さんも10年間の取引をしていたため、当初の利息よりも下がっていました10%くらいでした)。

 

その為、銀行のカードローンは手続きから外し、返済額の多いクレジットカードだけを手続きしましょうと説明され、丙さんも当初その様にするつもりだったようです。

 

しかし、当事務所は全てお手続きする事をお勧めいたしました。

確かに、銀行を手続きしても銀行の返済額だけを見れば減額の効果はありません。

しかしながら、信販会社を含めた全体として見れば返済額はかなり減額されます

そして、利息が低いといっても10%の利息をこのまま払っていくと完済までに5年以上かかり、支払う利息も1社約15万円。3社で約45万円に上ります。

銀行を手続きし、この利息も免除してもらえれば生活再建に大きく役立ちます。

 

また、任意整理を始めとする債務整理には「債権者平等」という原則があります。

これは、「全ての債権者は平等に扱いなさい」という原則です。

(特に、破産等の法的整理ではこの原則は非常に強く働きます)

Dさんの事例の場合、D信販会社とE信販会社だけを手続きして、銀行には利息を払いながら返済する事は債権者平等の原則に反する事にもなります。

 

以上の事を説明し、Dさんも銀行3社を含むすべての手続きをとのご希望になった為、任意整理のご依頼をお受け致しました。

預金があれば引き出しておく

任意整理の手続きを開始する前にDさんには銀行から全ての預金の引き出しをお願いいたしました。

銀行を手続きすると口座が一時凍結され、中に入っている預貯金が現在の債務と相殺になってしまいます。

その為、銀行を手続きする場合、予め預貯金を全て引き出しておいていただく必要があるのです。

そして、数か月後無事和解も終わり、毎月の返済も約43,000円となり、手続き前と比べ全体的に約3万円返済額が下がり、

Dさんからも、銀行も手続きして良かったと感謝の言葉をいただきました。

銀行カードローンの任意整理の限界?

トータルで返済額が下がればメリット大

今回の事例の様に、銀行のカードローンの場合、手続きをしても支払額が下がらない事があります。

しかし、それならば手続きをしない方が良いかといえばそれは違います。

消費者金融より利息は低くても、年利1015%の利息は多重債務の方には重い負担となります。

(現在、某大手銀行の普通預金の利息は0.001%です。如何に高金利か分かるかと思います。)

支払金額が変わらなくとも利息を免除してもらう事により、返済がはるかに楽になります。

債務整理は債権者平等の原則

奨学金や住宅ローン等、保証人いる、超低金利等の場合は手続きメリットが無い為手続きから外す事もありますが、やはり原則として全ての債権者を手続きすべきだと考えています。

 

さらに、もし任意整理で返済しきれず自己破産等の法的整理をすることになった場合、最初の任意整理で正当な理由なく手続きしていない債権者があると偏波弁済となり、免責が許可されないなどの思わぬ不利益になることもあります

「任意整理は手続きする会社を選べます」と大々的に宣伝している事務所もありますが、

色々な事務所で話を聞き、ご相談者様の事を第一に考えてもらえる事務所にご相談されるのが良いかと思います。

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士6名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。