【渋谷オフィス】東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階 【上野オフィス】東京都台東区東上野4丁目6-5日比谷不動産ビル1階
【横浜オフィス】横浜市西区北幸2丁目5-13西口幸ビル505 【梅田オフィス】大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金返済に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

新生フィナンシャル(レイク)の時効援用

レイクで借金をして5年以上返済を放置している場合は、時効援用で解決できる可能性があります。

新生フィナンシャルで借金をしたケースと新生銀行で借金をして保証会社の新生フィナンシャルに債権が移っている(代位弁済)ケースがあります。

 

また、最近ではアルファ債権回収に債権が譲渡されているケースも増えています。

 

レイクの正式名称は新生フィナンシャル(現在は新生銀行のブランド名)で旧社名はGEコンシューマー・ファイナンス、コーエークレジットなど

アビリオ債権回収に債権譲渡しているケースもあり。

アルファ債権回収に債権譲渡しているケースもあり。

レイクの時効援用という解決方法

レイクから請求書など書類が届いたらどうすればいいの?

レイク(新生フィナンシャル)から書類が届いた場合は、その書面で時効の起算点となる日付を確認しましょう。

 

新生フィナンシャルから郵送されてくる書類(タイトル:「今後の返済に関するご提案」など)には、契約の情報が多く記載されていますので、確認しましょう(基本契約日・貸付利率・返済期日(お支払い約定日)・貸付日など)。

 

最後に取引を停止してから(主に「お支払い約定日」の記載あり)、5年以上経過している場合は、時効を援用すると支払いを免れることができます。

 

途中で裁判されている場合は判決後10年に時効期間が延長されます。

大幅な減額和解の書類(今後の返済に関するご提案)などが送られてくる場合もありますが、安易に相手方に連絡して支払についての交渉等債務を承認する発言をしてしまったら、時効の援用ができなくなるケースがあります。

 

自分で行う手続きに不安がある方は、当事務所のような専門の事務所にご依頼ください。

レイクからの督促を止めるには時効援用という手続きをする必要があります。

時効期間が経過していても、なにも手続きをしなければレイクからの請求は続きます。

 

請求を止めて今後の支払いを免れるには「時効なので支払わない」という意思を伝える必要があります。この手続きを「時効援用」といいます。

 

具体的には、時効を援用する旨を記載した内容証明郵便を作成して、レイクに送付します。

時効の成立が認められると督促が止まります。

レイクの時効援用の事例紹介

事例①JICCに新生フィナンシャルの異動の記載があり時効援用の相談

JICCに新生フィナンシャルの記載があり時効援用

ご自身で信用情報(JICC)を取得したところ、新生フィナンシャルの記載があり当事務所に相談。

 

信用情報には入金予定日H19/3/〇〇、延滞H19/6/〇〇と記載。

 

5年以上経過していることが明らかなので当事務所で時効の援用を受任しました。

当事務所から受任通知を送り、取引の内容を開示してもらい、時効援用の内容証明を送付して解決しました。

事例②新生フィナンシャルから「今後の返済に関するご提案」が届いて時効援用の相談

自宅に新生フィナンシャルから書類が届き時効援用

ご自宅に「今後の返済に関するご提案」という書面が届き当事務所に相談。

 

書面には現在遅延損害金含め約140万円になっているが、今回は一括なら37万円、分割なら42万円で和解可能という内容が記載されていました。

 

減額してくれるのであれば、一見良い提案かと思われたそうですが、「そもそも時効なので支払う必要はないのでは」と考え、当事務所に相談されました。

 

書面には、「お支払い約定日」2009年3月との記載があり、最終取引から5年経過していることは明らかで、かつ、相手から裁判をされた覚えもない、とのことでしたので時効援用で手続きを進めることになりました。

 

当事務所から消滅時効を援用する旨の内容証明郵便を送付し、無事に時効で解決しました。

事例③裁判所から訴状が届いた

裁判所から訴状が届き時効援用

裁判所から訴状が届いて当事務所に時効援用の相談に来られました。

 

これまで当事務所で扱った案件の中には、新生フィナンシャルが時効期間が経過しているケースで裁判していることはほとんどありませんでしたので、珍しいなという印象でした。

 

訴状を確認すると過去に一度ご自身で和解をしておりその後支払いを停止している、そしてそこから5年以上経過している内容でしたので、時効が成立すると考え時効援用で手続きをすすめました。

 

時効援用する旨の答弁書を提出し訴訟は取り下げられましたので、後日念のため内容証明郵便も送付して解決しました。

司法書士法人黒川事務所が選ばれる理由

当事務所は、業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士
全記事の執筆者

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門で15年以上の実績
  • 解決した依頼人は8500人以上。2021年度は約1500人の方からご依頼(曖昧な相談実績ではなく実際の依頼件数です)
  • 司法書士7名女性司法書士も在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

渋谷オフィス(渋谷駅3分):上野オフィス(上野駅5分):横浜オフィス(横浜駅5分):大阪オフィス(西梅田駅5分)の4拠点+オンライン相談も対応

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。

司法書士法人黒川事務所

0120-913-596

  平日10時~20時
  土日10時~17時
  (祝日休み)

(渋谷オフィス 渋谷駅3分)
東京都渋谷区渋谷3丁目7-3
第1野口ビル5階
(梅田オフィス 西梅田駅5分)
大阪市北区堂島2丁目1-27
桜橋千代田ビル4階
(上野オフィス 上野駅5分)
東京都台東区東上野4丁目6-5
日比谷不動産ビル1階
(横浜オフィス 横浜駅5分)
横浜市西区北幸2丁目5-13西口幸ビル505