【渋谷オフィス】東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階 【上野オフィス】東京都台東区東上野4丁目6-5日比谷不動産ビル1階
【横浜オフィス】横浜市西区北幸2丁目5-13西口幸ビル505 【梅田オフィス】大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金返済に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

アコムの時効援用|催告書などハガキが届いた場合の対処法 

アコムの時効援用で失敗しないために確認したいポイントは?

時々送付されてくる青いハガキには情報が豊富に記載されているので確認!

「返済期日」はいつ?「契約年月日」とかいてる「示談締結日」とかいてる?

過去に裁判している場合は、「裁判所を通じた法的手続きにより…」と記載されていることもあり。

アコムの時効援用という解決方法

アコムから届いたハガキなどで確認するポイントを紹介

長期間返済していない件でアコムから書類が届いた場合は、時効の可能性がありますので、まずは書面で最後の返済日から5年が経過しているか日付を確認しましょう。

 

※時効とは?

借金を長期間放置している場合に、「時効期間を経過しているので借金を支払いません」と主張することで払わなくてよくなる制度です。

  • 借金の返済を長期間(通常は5年)していない。
  • 時効を主張(援用)することによって、借金を消滅させる制度です。

アコムの書面のタイトルと確認するポイント

アコムから送付されてくる主な書面のタイトルは下記のものがあります。

 

  • ご返済のお願い
  • 催告書
  • 一括返済のお願い
  • お取扱い部署変更のお知らせ
  • 返済計画のご提案
  • 法的手続きの予告書 など

 

特に、アコムから郵送されてくる「青いハガキ」には、契約の情報が多く記載されていますので、確認しましょう(基本契約日・貸付利率・返済期日・貸付日など)。

返済計画のご提案には、金額以外の情報はほとんど記載されていません。

 

【書類で確認するポイント】

「青いハガキ」の場合は、上段の大きい枠の左枠の中の「返済期日」

この返済期日から5年以上経過している場合は、時効を援用すると支払いを免れることができる可能性があります。

 

ただし、催告書に「裁判所を通じた法的手続きにより債務金額が確定しましたが」という記載がある場合は、過去に裁判されています

過去に裁判されている場合は判決後10年に時効期間が延長されます。

 

【示談締結日という記載がある場合】

青いハガキの真ん中の少し小さい枠の〈ローンご契約内容〉に示談締結日と記載がある場合は、時効にならないケースがあります

 

過去に任意整理や自分で専門家を通さず私的和解をしている場合は、示談締結日はその和解日に該当します(この場合は、和解にもとづく返済を怠って期限の利益を喪失した日から5年で時効の可能性があります)。

 

しかし、上記にように和解した覚えがない場合に示談締結日の記載がある場合は、過去に裁判した日付の意味で記載されているケースがあります(この場合は、時効は早くても示談締結日(裁判)から10年以上経過しないと利用できません)。

アコムのマスターカードも同様に時効の可能性あり

アコムはショッピングのリボ払いなどができるマスターカード(クレジットカード)も発行しています。

このカードもキャッシングと同様に5年以上返済していない場合は時効で解決することが可能です。

関連会社のアイアール債権回収に債権譲渡されているケース

アコムで延滞している債権は、関連会社のアイアール債権回収に債権譲渡されているケースもあります。

債権譲渡されると「債権譲渡通知書」「債権譲受通知書」という書面が送られてきています。

 

債権譲渡されていても、アコムに対する最後の取引から5年経過していれば時効の可能性があります(債権譲渡の日から5年ではありません)。

 

この場合は、アコムではなくアイアール債権回収に対して時効の手続きをします。

アコムの請求を止めて支払いから逃れるには時効援用という手続きが必要

請求を止めるには時効援用という手続きが必要

5年の時効期間が経過していても、なにも手続きをしなければアコムからの郵便(請求)は続きます。

 

請求を止めて支払いを免れるには「5年以上支払っておらず時効なので支払わない」という意思を伝える必要があります。この手続きを「時効援用」といいます。

 

具体的には、時効を援用する旨を記載した内容証明郵便を作成して、アコムに送付します。時効の成立が認められると督促が止まりますし、支払う必要もなくなります。

 

【時効援用手続きの方法】

  • 時効を主張する内容を記載した内容証明郵便を作成する
  • 配達証明付きでアコムに上記の内容証明郵便を送付する

時効が認められないケース?

アコムから送付されてくる書類には「いつまでに連絡ください」という内容が記載されているため、内容の確認のためにご自身で連絡してしまうケースがあります。

連絡した際に、支払についての交渉・和解等債務を承認する発言をしてしまったら、時効の手続きが利用できなくなるケースもあります。

この場合は、債務を承認した時点から再度5年経過しないと時効が利用できません。

 

(時効を利用できない代表例)

  • 分割払いなど支払い方法について話をする
  • 和解書にサインする
  • 一部を返済した など

安易に相手方に連絡して支払についての交渉等債務を承認する発言をしてしまったら、時効の援用ができなくなるケースがあります。

自分で行う手続きに不安がある方は、当事務所のような専門の事務所にご依頼ください。

アコムの時効援用の事例紹介

当事務所では、アコムをはじめ様々な会社の時効の手続きを毎月50名から100名程度ご依頼いただきます。

ここでは、そのなかでも多いアコムの時効援用の事例を紹介します。

信用情報にアコムの異動の記載があったケース

信用情報にアコムの記載があり時効援用

ご自身で信用情報(JICC)を取得したところ、アコムの記載があり当事務所に相談にこられました。

 

信用情報(JICC)には入金予定日H18/8/〇〇、延滞H18/11/〇〇と記載。

入金予定日から5年以上経過していることが明らかなので、当事務所で時効の援用の手続きをすすめました。

まず、当事務所から受任通知を送り取引の内容を開示してもらい、時効援用の内容証明を送付して解決しました。

 

※アコムは信用情報機関であるJICCとCICに加盟しています。

時効が成立するとJICCは比較的短期間で削除されます。CICは残高が0で完了と訂正され5年後に削除されるのが原則的な運用です。

アコムから「ご返済のお願い」が届いたケース

アコムから自宅に書類が届いた時効援用

ご自宅にアコムから「ご返済のお願い」(はがき)が届いたので、当事務所に相談にこられました。

 

書面には、貸付金残高約30万円、遅延損害金を含めた合計額が約130万円、返済期日が平成17年2月〇日と記載がありました。

 

返済期日から5年以上経過していることが明らかなので時効の援用で手続きをすすめることになりました。

まず、当事務所から受任通知を送り、取引の内容を開示してもらいました。

そして、時効援用の内容証明を送付して請求額を払うことなく無事に時効成立で解決しました。

アコムから「法的手続きの予告」が届いたケース

アコムから法的手続きの予告書が届いて時効援用

ご自宅にアコムから「法的手続きの予告書」(A4)が届いたので、当事務所に相談に来られました。

 

書面からわかる情報は、原契約日平成16年11月、求償債権取得日平成19年3月、求償債権額約26万、遅延損害金を含めた合計額が約63万円、返済期日が平成19年3月と記載がありました。

 

ご本人の記憶では、旧DCキャッシュワンから借入れた債務を長年支払っていないとのことでした。

 

以上から判断すると、平成16年にDCキャッシュワンで借金をした後、支払わなくなって保証会社のアコムが平成19年3月に代わりに支払を行った(保証会社による代位弁済)

代位弁済日の平成19年3月から5年以上経過していることが明らかなので、時効援用で解決可能。

 

当事務所から受任通知を送り、取引の内容を開示してもらい、時効援用の内容証明を送付して時効成立で解決しました。

アコムから「お取扱い部署変更のお知らせ」が届いたケース

アコムからお取り扱い部署変更のお知らせが届いて時効援用

ご自宅にアコムから「お取扱い部署変更のお知らせ」(はがき)が届いたので、当事務所に相談に来られました。

書面には、基本契約日平成14年3月、貸付

利率25%、貸付金残高約48万円、遅延損害金を含めた合計額が約170万円、返済期日が平成19年2月〇日と記載がありました。

 

返済期日から5年以上経過していることが明らかなので当事務所で時効の援用を受任しました。

当事務所から受任通知を送り、取引の内容を開示してもらい、時効援用の内容証明を送付して解決しました。

アコムから「催告書」が届いたケース

アコムから催告書が届いたケースの時効

ご自宅にアコムから「催告書」(はがき)が届いたので、当事務所に相談に来られました。

 

書面には、「期限の利益を喪失し、分割払いによる返済ができなくなったので、平成29年1月〇日までに一括して返済してください」という内容と基本契約日平成19年7月、貸付金残高約49万円、遅延損害金を含めた合計額が約140万円、返済期日が平成19年11月〇日と記載がありました。

 

返済期日から5年以上経過していることが明らかなので当事務所で時効の援用を受任しました。

当事務所から受任通知を送り、取引の内容を開示してもらい、時効援用の内容証明を送付して解決しました。

アコムから「返済計画のご提案」が届いたケース

アコムから返済計画のご提案が届いたケースの時効

ご自宅にアコムから「返済計画のご提案」(A4)が届いたので、当事務所に相談に来られました。

 

書面は、貸付金残高49万、遅延損害金を含めた合計が188万、返済計画案のご提案として「ご提案1 一括なら49万円 ご提案2 2万円の49回払いで返済総額98万円という内容。

契約日や支払期日などの記載はなし。

 

ご本人の記憶と遅延損害金の増え方から5年以上支払っていないことが明らかなので当事務所で時効の援用を受任しました。

当事務所から受任通知を送り、取引の内容を開示してもらい5年以上支払っていないことを確認し、時効援用の内容証明を送付して解決しました。

司法書士法人黒川事務所が選ばれる理由

当事務所は、業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士
全記事の執筆者

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門で15年以上の実績
  • 解決した依頼人は8500人以上。2021年度は約1500人の方からご依頼(曖昧な相談実績ではなく実際の依頼件数です)
  • 司法書士7名女性司法書士も在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

渋谷オフィス(渋谷駅3分):上野オフィス(上野駅5分):横浜オフィス(横浜駅5分):大阪オフィス(西梅田駅5分)の4拠点+オンライン相談も対応

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。

司法書士法人黒川事務所

0120-913-596

  平日10時~20時
  土日10時~17時
  (祝日休み)

(渋谷オフィス 渋谷駅3分)
東京都渋谷区渋谷3丁目7-3
第1野口ビル5階
(梅田オフィス 西梅田駅5分)
大阪市北区堂島2丁目1-27
桜橋千代田ビル4階
(上野オフィス 上野駅5分)
東京都台東区東上野4丁目6-5
日比谷不動産ビル1階
(横浜オフィス 横浜駅5分)
横浜市西区北幸2丁目5-13西口幸ビル505