債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

受付時間:平日10時~20時
土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

アコムと時効援用

アコムから書類が届いたらどうすればいいの?

アコムから書類が届いた場合は、その書面で時効の起算点となる日付を確認しましょう。

アコムから郵送されてくる「青いハガキ」には、契約の情報が多く記載されていますので、確認しましょう(基本契約日・貸付利率・返済期日・貸付日など)。

最後に取引を停止してから(主に支払期日)、5年以上経過している場合は、時効を援用すると支払いを免れることができます。

アコムの場合は、「裁判所を通じた法的手続きにより債務金額が確定しましたが」という記載がある場合は、過去に裁判されている。

途中で裁判されている場合は判決後10年に時効期間が延長されます。

 

アコムのクレジットカード(マスターカード)もキャッシングと同様に原則5年で時効になります。

また、関連会社のアイアール債権回収に債権譲渡されているケースもあります。

安易に相手方に連絡して支払についての交渉等債務を承認する発言をしてしまったら、時効の援用ができなくなるケースがあります。

自分で行う手続きに不安がある方は、当事務所のような専門の事務所にご依頼ください。

アコムの時効援用の事例紹介

事例① ご返済のお願い

ご自宅にアコムから「ご返済のお願い」(はがき)が届いたので、当事務所に相談に来られました。

書面には、貸付金残高約30万円、遅延損害金を含めた合計額が約130万円、返済期日が平成17年2月〇日と記載がありました。

5年以上経過していることが明らかなので当事務所で時効の援用を受任しました。

当事務所から受任通知を送り、取引の内容を開示してもらい、時効援用の内容証明を送付して解決しました。

 

事例② 信用情報

ご自身で信用情報(JICC)を取得したところ、アコムの記載があり当事務所に相談。

信用情報には入金予定日H18/8/〇〇、延滞H18/11/〇〇と記載。

5年以上経過していることが明らかなので当事務所で時効の援用を受任しました。

当事務所から受任通知を送り、取引の内容を開示してもらい、時効援用の内容証明を送付して解決しました。

事例③ 法的手続きの予告書

ご自宅にアコムから「法的手続きの予告書」(A4)が届いたので、当事務所に相談に来られました。

書面からわかる情報は、原契約日平成16年11月、求償債権取得日平成19年3月、求償債権額約26万、遅延損害金を含めた合計額が約63万円、返済期日が平成19年3月と記載がありました。

ご本人の記憶では、旧DCキャッシュワンで借入れた債務は支払っていないとのことでした。

以上から判断すると、平成16年にDCキャッシュワンで借りて、後に支払わなくなって保証会社のアコムが平成19年3月に代わりに支払った。平成19年3月から5年以上経過していることが明らかなので、時効援用で解決できる。

当事務所から受任通知を送り、取引の内容を開示してもらい、時効援用の内容証明を送付して解決しました。

事例④ お取扱い部署変更のお知らせ

ご自宅にアコムから「お取扱い部署変更のお知らせ」(はがき)が届いたので、当事務所に相談に来られました。

書面には、基本契約日平成14年3月、貸付

利率25%、貸付金残高約48万円、遅延損害金を含めた合計額が約170万円、返済期日が平成19年2月〇日と記載がありました。

5年以上経過していることが明らかなので当事務所で時効の援用を受任しました。

当事務所から受任通知を送り、取引の内容を開示してもらい、時効援用の内容証明を送付して解決しました。

事例⑤ 催告書

ご自宅にアコムから「催告書」(はがき)が届いたので、当事務所に相談に来られました。

書面には、「期限の利益を喪失し、分割払いによる返済ができなくなったので、平成29年1月〇日までに一括して返済してください」という内容と

基本契約日平成19年7月、貸付金残高約49万円、遅延損害金を含めた合計額が約140万円、返済期日が平成19年11月〇日と記載がありました。

5年以上経過していることが明らかなので当事務所で時効の援用を受任しました。

当事務所から受任通知を送り、取引の内容を開示してもらい、時効援用の内容証明を送付して解決しました。

事例⑥ 返済計画のご提案

ご自宅にアコムから「返済計画のご提案」(A4)が届いたので、当事務所に相談に来られました。

書面は、貸付金残高49万、遅延損害金を含めた合計が188万、返済計画案のご提案として「ご提案1 一括なら49万円 ご提案2 2万円の49回払いで返済総額98万円という内容。

契約日や支払期日などの記載はなし。

ご本人の記憶と遅延損害金の増え方から5年以上支払っていないことが明らかなので当事務所で時効の援用を受任しました。

当事務所から受任通知を送り、取引の内容を開示してもらい、時効援用の内容証明を送付して解決しました。

債務整理は司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は5,600人以上。2019年度は1,300人以上のご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分

まずは無料相談からはじめましょう

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。