債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

任意整理の費用が「高い」「安い」の違いは?
高いのは有利な結果の保証ではない!

債務整理の費用が1社10万円のところもあれば、2万円のところもある。

こんなに金額が違うとなにか違いがあるのか疑問に思われるでしょう!

 

もしかしたら・・・

・10万円の事務所なら利息がカットできるけど、2万円の事務所に頼んだら利息がカットできない?

・10万円の事務所に依頼したら元金までカットしてもらえる?

・10万円の事務所に依頼したら60回以上80回などの長期分割にしてもらえる?

 

当事務所の費用が安いので不安に思われる方がいらっしゃいますが心配ありません。

費用の高い安いで手続きに違いはありません。

高いほうが有利に交渉?

任意整理の費用が高いのは有利な結果の保証ではない

一般的には商品の料金が高いと品質がいい・サービスがいいという考え方は正解です。

たとえば、ブランドのバックや高級ホテル・高級料理店などがそうです。

逆に、料金が安いとその分コストがカットされており品質が悪い・サービスが悪いと考えられます。もちろんある意味正解だと思います。

 

しかし、債務整理の世界では上記の理屈がそのまま当てはまりません。

どちらも不正解だと思っています。

 

任意整理の場合は、今後の利息をカットして長期分割にするということは、高い費用を支払ったからといって結果が変わるものではありません。

 

任意整理の結果は、相手の会社の基準やこれまでの取引の内容(返済の実績)によってかわりますので、高い費用を支払ったからといってよい結果が保証されるわけではないのです。

 

※たとえば、返済の実績が短い(返済回数が数回しかない)ケースなどは、今後の利息カットや長期分割に応じてくれないケースが出てきます。(返済実績が少ない場合、債権者にとっても今後払ってもらえるか不安ですので、対応が厳しくなります。)

 

なので、高い費用を支払ったからといって

・10万円の事務所なら利息がカットできるけど、2万円の事務所に頼んだら利息がカットできない?

・10万円の事務所に依頼したら元金までカットしてもらえる?

・10万円の事務所に依頼したら60回以上80回などの長期分割にしてもらえる?

ということはありません。

実は、費用が安いほうが有利な結果になる可能性が高い!その理由は?

任意整理を依頼すると、専門家への費用の分割での支払いが終わってから返済が再開するのが通常です(費用と返済が被ると支払えないからです)。

そうすると、費用が高いと返済開始まで(半年とか)時間がかかり債権者に待ってもらっている期間も長くなります。

もちろんその間も「利息は発生しています」し、債権者にしてみれば「早く和解をしてお金を返し始めてください」という状況です。

 

費用が安いと費用の積立が早く終わり早めに和解交渉に移ることができます。

早めに和解できて返済が再開されることは債権者にとっても「ありがたいこと」です。

債権者によっては、「受任(依頼)後、3ヶ月以内に和解できれば経過利息もカットして元金で和解できるけど、3ヶ月経過したら和解までの利息はカットしません」という会社もあるくらいです。

 

つまり、費用が安く早めに交渉に移れるほうが、いい結果に繋がる可能性が高くなると言えます!

まとめ

・債務整理の費用が高くても安くても手続きの内容に違いはない

・費用が高いからいい条件で和解できるわけではない

・費用が安い方が交渉に早くうつれるので有利な結果が期待できる。

 

債務整理を依頼する前には、必ず、依頼する事務所の費用をチェックしましょう!

できるだけ安い事務所に依頼をされた方が、本人の負担が減ることは間違いありません。

債務額や費用によっては依頼するメリットがない(依頼したら損をする)こともあるので注意が必要です

いわゆる多重債務になると、債務額が多いカード会社があったり、少ないカード会社もでてくると思います。

返済が遅れていて、いくつもの債権者から督促がくると「早く債務整理の手続きを依頼したて督促をストップしてほしい」と思っておられる方もいるかと思いますが…

債務額が少額の場合は任意整理をするメリットがないことがあります。

 

費用が高額(1社8万とか10万円など)な事務所に依頼する場合は、30万円くらいの債務額でも依頼するメリットがないケースもでてきます。

本当に費用に見合った結果がでるか、確認した方が良いでしょう。

 

例をあげると

ある消費者金融のローンが30万円の借金があったとします。

利息が18%、毎月15000円の返済ができている場合。

 

任意整理1社あたり8万円の事務所に依頼をしてメリットがあるでしょうか?

毎月15,000円ずつ払っていけば、24回で返済が終わり、支払う利息の総額は約59,000円です。

(借りないで返済を続けることを想定しています)

 

利息カットをしても、支払う費用の8万円以上のメリットはないばかりか、損をすることになります。

 

 

高額な事務所では任意整理1社につき10万円という事務所もありますが・・・

50万円の借金で利息が18%、毎月20000円の返済ができている場合。

32回で返済が終わり、支払う利息の総額は約13万円です。

この場合は、利息をカットできても3万円しかメリットはありません。

 

また、債務が10万円以下など少ない場合は、ご自身でそのまま返済をした方が良いことの方が多いです!

 

費用に対して依頼するメリットがあるのかどうかも検討して事務所を選びをしましょう!

任意整理で得する利息と支払う費用を比べてみよう
当事務所の費用だと

銀行カードローン10万円の任意整理で検討すると

最低返済額2,000円しか支払っていないと完済まで77ヶ月かかり総額で154,900円(元金100,000円・利息54,900円)支払いますが。当事務所の33,000円(税込)の費用の場合だとメリットはあります。

 

しかし、毎月3,000円返済できれば完済まで43ヶ月になり総額で128,900円(元金100,000円・利息28,900円)になるのでメリットはなくなります。

当事務所は20万円くらいの任意整理でもメリットがあるように安い費用設定をしています。

20万円を毎月4,000円で支払っている場合、利息は約10万円です。

20万円を毎月5,000円で支払っている場合、利息は約75,000円です。

当事務所の費用(税込)22,000円OR33,000円であればメリットがあります。

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士7名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。