債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

任意整理と過払い金の関係について~一緒に調査してくれるの?~

任意整理の相談中の方から「もしかしたら過払い金もあるかもしれません」一緒に調べてもらえますか?という相談を頂きます。

 

たとえば、エポスカードの任意整理をする場合に、別にエポスカードの過払いの依頼もしておかないと調べてもらえないのでは?と思われるようです。

 

答えは、「もちろんご申告いただかなくても当然に過去の過払いがあるかどうかも任意整理の調査対象に入っています」のでご安心ください!

 

上記の例で言えば、エポスカードの任意整理をした場合、過去のエポスカードの取引について過払いがあるかどうかも当然に調査しています。

(※依頼を受けていない会社まで調査はできませんが、依頼を受けている会社であれば全て調査対象です)

任意整理と過払い金の関係

任意整理の依頼を受けると、相手から取引履歴の開示を受けます。

任意整理をスタートすると、相手の会社は依頼した事務所に依頼人の取引のデータを送ってくれます。

(過去に完済した別の取引がある場合は、その分のデータも送ってくれます)

開示を受けたら依頼人から聞き取りした金額とおおよそ相違はないか確認します。

(いくら位の債務が残っていて、いつ頃から取引を開始していたかなど)

 

この時点で、取引が平成19年より前に始まっていれば金利はいくらだったのか確認します。

いわゆるグレーゾーン金利だと過払いや減額の可能性がありますので、再計算をしたりします。

この部分が任意整理の債権調査になり、過払いがあったかどうかなども調査しています。

 

事務所が見落とすことはないのか?と思うかもしれませんが、まず見落とすことはありません(少なくても当事務所は)。

 

そもそも信販系の会社であれば、相手の方で、過去にグレーゾーン金利での取引があれば書類を開示する際に再計算をして債務額を減らしてくれているケースが殆どです。

 

そうでない会社(消費者金融系)であっても専門としている事務所であれば開示された書類に書かれている金利や取引開始日を確認したら再計算をします。

相手の会社は過払いを隠していたりしないのか?
そんな心配は必要はありません。

相手の会社が過去の取引を隠していることは、名前の聞いたことのある大手の会社ならありません。(ただし、平成の初期頃のデータなど古すぎて存在しないというケースは一部の会社であります。)

 

本人も忘れているような取引であっても、相手の方から「住所違いますが…同姓同名で同じ生年月日の方の取引が過去のありましたが同一人物か確認してください。開示しますので」と連絡してくれることもあります。

任意整理後に過払いは請求できないの?
任意整理後に過払い金を請求できるの?

上記のように、任意整理の際に過払い金の調査もして、その結果も反映して和解していますので、任意整理後にその会社に対して過払い請求というのは通常は考えられません

 

事務所が失念していた場合でも?

残念ながら事務所が失念していた場合でも、一度専門家が和解をしたものを覆すのは難しいでしょう(相手の会社は応じないので、裁判になることが予想されますが、勝敗は…)

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士7名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。