債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

認知症の方の債務整理や時効援用による借金解決法

認知症になったご家族に借金があった場合、返済できる額であれば問題はありません。しかし、長期間返済していない場合や支払えない金額になっていた場合はどうしたらいいのでしょうか?

 

ご家族が「代理で債務整理・時効の援用の手続きをしたい」と相談を頂きますが、代理では手続きできません。

正式に手続きをすすめるのであれば、成年後見制度を利用する必要があります。

認知症ではなく「寝たきり」の場合は?

成年後見制度は、寝たきりで外出できないとか・目が不自由で文字が書けないものの判断能力はあるといった人の場合は制度の対象になりません。

ご家族が「債務整理や時効援用」の手続きを依頼することはできません

認知症になられた親の借金だからといっても、当然に息子さんが手続きをできるわけではありません。

たとえば、銀行預金を引き出す場合、窓口で本人でないことがわかれば引き出すことができず成年後見制度を利用するよう案内されることになります。

それと同じく、債務整理や時効援用の手続きをする際にも、ご本人が認知症であれば「まずは成年後見を申立ててください」と案内することになります。

まずは成年後見人の選任を家庭裁判所に申し立てる

認知症の方の借金を整理する場合、家庭裁判所に成年後見の申立てをする必要があります。

 

成年後見制度は「認知症」等により、判断能力が低下した方の生活を支援する制度です。

裁判所によって選任された後見人が、本人に代わって不動産を売却したり、預金を引き出す等の財産の処分や管理を行います。

成年後見人が債務整理や時効の援用を依頼する

成年後見人は、裁判所によって選任されますが、ご家族が選任される場合や弁護士や司法書士などの専門家が選任されることもあります。

 

ご家族が成年後見人に選任された場合は「成年後見人になったご家族」が、専門家が選任された場合は「成年後見人になった専門家」が債務整理や時効援用の手続きを依頼することになります。

成年後見人になった場合は

成年後見は、一度スタートしてしまうと途中で辞めることができません。

一度、家庭裁判所から審判決定が出たら認知症の症状が改善されるか、亡くなるまで後見人の職務が続きます。

 

成年後見人が選任された場合は、今後の本人の財産の管理や法律行為(入院や施設の入所の契約など)を代理ですることになります。

なので、「債務整理や時効援用の手続きだけ」というようなスポットでの使い方は出来ません。

 

また、成年後見人には家庭裁判所より報酬付与の審判された場合は、年に一度被後見人の財産から報酬が支払われることになります。

そのため、制度の利用は慎重にしましょう。

成年後見制度を利用した場合

5年以上返済していないのあれば時効援用で解決する

債務が高額な場合は自己破産で解決する

成年後見を利用しない場合

上記の手続きをすることができませんので、お亡くなりになった後に債務を相続をしてから解決するか債務が多い場合は相続放棄を検討することになります。

お亡くなりになった方の借金の解決法

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士7名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。