債務整理・借金問題専門
黒川司法書士事務所

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目7−3 第1野口ビル6階

受付時間:平日9時~21時
土日10時~17時
祝日 休み

お気軽にご相談ください

03-6419-7494

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬
トップページ

債務整理が専門の黒川司法書士事務所

債務整理を依頼したくてもお金がない。

専門家に依頼したら費用が高額になるのでは?

当事務所は業界トップクラスの安い報酬(任意整理なら1社:19,800円)で債務整理・過払い請求をお受けしています。

  • 債務整理する方はお金に困っている、だから高い費用は取れない
  • 依頼人に損はさせたくない

という理由で安い費用に設定しています。

当事務所の債務整理の特徴

業界トップクラスの低料金・豊富な実績など当事務所の債務整理の特徴を詳しく説明します。

業界トップクラスの安い費用

(1)任意整理は1社:19,800円(分割払いOK)

(2)着手金なし:減額報酬なし

(3)相談無料

(4)過払い請求の成功報酬は取り戻した過払い金の15%

債務整理の費用詳しくはこちら

債務整理は豊富な実績

司法書士業界16年目(開業10年目)

個人事務所の中ではトップクラスの解決実績!

債務整理で解決した依頼人は約3,300人(和解交渉は約10,000件以上)

2017年度は依頼人800人以上の解決実績

夜間対応・土日対応 渋谷駅徒歩3分

「今すぐ任意整理を依頼したい」、「仕事帰りに依頼したい」、「土日しか時間が取れない」というニーズにお応えするため、

平日夜間21時まで土日10時~17時まで対応可能です。

迅速な対応・即日対応可

債務整理の依頼後は、すぐに請求・取立がSTOPします。また、支払もSTOPします。

秘密厳守

司法書士には守秘義務があります。

家族・会社・同居人に内緒で債務整理

遠方の方は出張相談も可能

債務整理の手続きは面談が義務づけられています。

郵送やメールだけで依頼はできません

当事務所に依頼したいけど渋谷まで来られないという方には、個別出張相談での対応も行っています。

債務整理の種類

債務整理は借金問題を解決するための手続きの総称です。

  • 今後の利息をカットしてもらうなど、話し合いで解決する任意整理
  • 払いすぎた利息を返してもらう過払い請求
  • 裁判所で債務を免除してもらう自己破産
  • 裁判所で債務を5分の1に圧縮する個人再生
  • 5年以上支払っていない債務を消滅させる時効援用

任意整理

  • 借金が減るって本当なの?
  • 利息をカットできる?
  • 毎月の返済額を下げられる?
  • 信頼情報に影響は出る?

過払い

  • 過払い金はありますか?
  • 払いすぎた利息を取り戻す!
  • 完済していても請求できる!
  • 過払いのよくある質問!

時効の援用

  • 長期間放置した債務の解決法は?
  • 時効の援用ができるケース?
  • 裁判所から書類が届いた場合の時効の援用事例!

問合せ

  • 借金に関する相談は無料です。
  • 電話・メールで相談可能!
  • 平日21時まで、土日も対応!
    あなたの疑問にお答えします
債務整理(任意整理)をすると
  • 債務の返済を一旦止めることができます。
  • 債権者からの請求・取立がSTOPします。
  • グレーゾーン金利の場合は、利息制限法に基づく再計算により借金が減額します。
  • 今後の利息を0%にするよう要求します。
  • 毎月の返済額を軽減できます。 
過払い金(過払い請求)があるかもしれません
  • 過去(平成22年より前)に消費者金融・クレジットカードのキャッシングを利用していた。(完済している方)
  • 消費者金融・クレジットカードで20%以上の金利で借入と返済を長期間(平成22年より前から)繰り返している。
時効の援用すると放置していた借金の支払い義務がなくなります
  • 過去に消費者金融・クレジットカードで取引をしていて5年以上支払っておらず、その間、裁判も起こされていない方(裁判を起こされていても判決から10年支払っていない方)

任意整理でほとんどの債務は解決できる!

キャッシングやショッピングなどの債務については、ほとんどのケースでは任意整理で解決できます。

現状では大手の消費者金融・信販会社のほとんどが任意整理に応じてくれています。

任意整理をすると、毎月の返済額を減らし・将来の利息をカットしてもらい・60回くらいの分割で元金のみを返済していきます。

任意整理の具体例

任意整理をした場合の具体例です。任意整理の前後でこれだけ変わります!

任意整理をする前は
 債務額金利毎月の返済額完済までに支払う総額
A社90万18%27,000約125万
B社60万17.8%13,000約102万
C社50万18%15,000約75万
合計200万 55,000

約302万

合計200万円の債務を完済するために…

約4~5年間、毎月55,000円を払い続けて

総額約302万円を払わないと完済することができない!

任意整理した後は
 債務額金利毎月の返済額完済までに支払う総額
A社90万0%15,000約90万
B社60万0%10,000約60万
C社50万0%10,000約50万
合計200万 35,000約200万

合計200万円の債務を完済するために…

約4~5年間、毎月35,000円を払い続けて

総額約200万円を払えば完済できる!

債務整理のメリット・デメリット

債務整理には、任意整理・自己破産・過払い請求・個人再生等、それぞれに長所・短所があります。どの方法を選ぶかは借金の総額や依頼人の事情により慎重に決めなければなりません。

債務整理をすることのメリット

  1. 債権者への返済をいったんストップできる。
  2. 債権者からの請求・取り立てがSTOP。
  3. 利息制限法による再計算で支払総額が減額。
  4. 今後の利息を0%にするよう交渉。
  5. 過払い(過払い金)があれば取り返せる。

Q:債務整理のデメリットは?

  • 信用情報機関に登録され、一定期間ローンやクレジットを利用が困難
  • 任意整理の場合、まれに強硬な債権者は分割払いを認めなかったり、利息のカットに応じない債権者もいる
  • 自己破産の場合、不動産等の価値のある財産(20万円以上)は処分の対象
  • 自己破産の場合、ギャンブルや浪費が原因の場合は免責されないことがある
  • 自己破産や個人再生の場合、官報に住所氏名が掲載される

クレジットカードも債務整理等の対象になる!

クレジットカードについても債務整理や過払い請求が可能です。

過去には、多くのクレジットカード会社も消費者金融と同じように利息制限法を超える金利をとってました。

このような場合は、再計算をして減額対象や過払いの可能性もあります。

最近のカードやショッピングでも任意整理は可能!

ヒントの画像

最近カードを作成したのであれば利息は18%以下になっています。ショッピングは減額や過払いの対象にはなりません。このような場合でも、毎月の返済額を下げるという債務整理(任意整理)は可能です。

債務整理の費用が安い理由

当事務所は、トップクラスの安い費用設定(任意整理1社19,800円)

一般的な任意整理の費用の相場は1社30,000円から40,000円

当事務所は、経費がかっていないので費用を安くできている!

費用が安く多くの依頼を頂いているので、安い費用を維持できる!

芝生の画像

当事務所の債務整理(任意整理)の報酬は・・・

1社につき19,800円(税別)です。

業界トップクラス安い費用設定です。

当事務所に、3社の任意整理を依頼した場合は…
着手金や減額報酬は頂いておりませんので

19,800円×3社×1.08(消費税)=64,152円が報酬です。

他の事務所に比べて安いので、「他に費用はかからないのですか?」 とよく聞かれますが…実費として切手代が1社につき250円頂いていますので、+750円で終わりです。

なので合計64,902円です。

ファイルの画像

債務整理を扱っている他の事務所のHPを見ると…

いくら費用がかかるのか明確でない場合があります。

(あえてわかりにくく記載しているのかもしれませんが…)

事務所によっては、事務管理料、口座管理料、受任通知発送代という名の費用を別途取っているところもあるようですが…どういう理由なのか理解に苦しみます。

必ず確認してから依頼しましょう。

ちなみに一般的な事務所の任意整理の報酬は…

1社あたり着手金+報酬で30,000円~40,000円

なので、3社なら9万~12万です。

さらに減額報酬があればその分をプラスという感じです。
減額報酬は、昔からよくある報酬設定でしたが、最近では取らない事務所も増えてきました。もちろん当事務所は減額報酬は頂いていません

「日本司法書士連合会が出した【債務整理事件における報酬に関する指針】では、利息制限法に基づく再計算の結果を相手業者が争わない場合は、その減額分の減額報酬はとらないとなっています」でもいまだに多くの事務所が減額報酬を取っているのが現状です(もちろん相手方業者は再計算に対しては争いません)」

個人的には・・・

減額報酬がない事務所で1社3万~4万前後なら事務所の運営を維持していくにはこれくらい必要なので、特に高いとは思いませんので、相談してみて信頼できそうな専門家であれば依頼をしても問題ないと思います。

 

個人的に高いなと思う事務所の報酬は…
3社で約20万という事務所もありますし、減額報酬と過払い報酬を混同してかなり高額の請求をする事務所というのも聞きます。

なぜ当事務所の費用は安いのか?

ボールペンの画像

弁護士事務所や司法書士事務所は仕入れや在庫がありませんので経費がほとんどかからない業種です。経費のほとんどは人件費・家賃・広告費です。

当事務所は大手事務所と違い、人件費はほとんどかかりませんし、テレビCMやラジオCMのような広告費もかかっていません。

結局、個人事務所だからできる安い費用設定なのです。

また、費用が安い分多くの依頼を頂いているので継続してこの価格の設定ができています。

債務整理の事務所選びのポイント

遠方の方や司法書士の代理権の問題で、当事務所では依頼をお受けすることができない場合がありますので、事務所を探すための参考にしていただければと思い記載しました。

当事務所でやむを得ずお断りする場合は下記基準で探すようにアドバイスしています。債務整理(任意整理)を依頼する方は、お金に困っているわけですから費用が安いにこしたことはありません。

債務整理を依頼する事務所を選ぶ基準の1番は費用だと思います。

  1. HPに明確な費用の記載がある事務所を選ぶ。
    記載がない:曖昧な記載の事務所は、一般的な基準より高い場合がある。
    また、HPでは費用が安いと謳っていても実際は一般的な基準より高い場合もある(1社20,000円という表記にも注意)。
  2. 安いにこしたことはないが、せめて一般的な基準(1社4万くらい)までの事務所を選ぶ。
    任意整理なら1社につき20,000円~30,000円くらいなら、安い事務所といえる。
  3. 減額報酬をとっていない事務所を選ぶ。
    減額報酬がある場合は、費用が高額になる場合があるので、減額報酬がないほうが費用が明確。
  4. 費用を確認してから契約する。
    実際に面談して、不明な点は納得するまで説明してもらうか、一度持ち帰って検討して改めて依頼をするというのもいいと思います。
  5. 面談に行った際に、弁護士や司法書士が出てこないで全て事務員が対応することろはダメ。

債務整理のお問合せは

債務整理・時効援用・過払いなど借金問題が専門の黒川司法書士事務所

最寄駅は渋谷駅(徒歩3分)です。

司法書士

代表者 認定司法書士 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用設定
  • 着手金不要分割払いOKなので…初期費用0円
  • 平日夜間21時まで。
  • 土日も相談可能
  • 減額報酬なし!相談は無料!!

司法書士業界16年目。
開業以来、借金問題を中心に扱っており、解決した依頼人は3300人以上(2017年度は800人以上の依頼いただいております)。

お電話でのご相談・ご依頼はこちら

電話受付時間:平日9時~21時 (夜間対応)/土日10時~17時 (土日対応) 祝日休み