【渋谷オフィス】東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階 【上野オフィス】東京都台東区東上野4丁目6-5日比谷不動産ビル1階
【横浜オフィス】横浜市西区北幸2丁目5-13西口幸ビル505 【梅田オフィス】大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金返済に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

行政書士の時効援用手続きについて

司法書士とよく似た職業として行政書士があります。

行政書士は、官公庁に提出書類する書類及び権利義務・事実証明に関する書類の作成などがメインの資格です。その業務の一環として時効援用の内容証明を作成されています。

 

この記事では行政書士に時効を依頼した場合と司法書士に依頼した場合の違い(メリット・デメリットなど)を説明します。

行政書士の時効援用

行政書士は時効援用の代理権が無い

行政書士に依頼した場合は、事前の調査ができない

司法書士や弁護士が時効を援用の依頼を受けた場合には、まず相手から資料を取寄せて調査をします。それから内容証明郵便を送ります。

(この調査で、5年経過していない・過払いがある・他の債権者へ債権譲渡がされているという事実が発覚することがあります)

 

行政書士に依頼した場合は、手元に資料があればそれに基づき内容証明を送りますが、資料がない場合は依頼人の記憶が頼りに内容証明郵便を送ることになります。

 

行政書士は時効が成立したかの確認がとれない

司法書士や弁護士は相手に時効が成立したかどうかの確認をとりますが行政書士に依頼した場合は、行政書士は相手に連絡ができませんので時効の確認は自分で直接相手に確認することになります。

行政書士は時効不成立の場合に交渉権限がない

時効が成立した場合は、問題ありませんが、時効が成立していなかった場合は行政書士は返済についての交渉ができません

 

この問題を解決したければ、再度、司法書士か弁護士に債務整理を依頼する必要があり2重に費用がかかることになります。

行政書士に依頼した場合、郵便は自宅宛に送られる

内容証明郵便をインターネットで出した場合は、内容証明の控えが簡易書留で送られてきます。司法書士や弁護士が手配した場合は、代理人の住所である事務所に届きます

行政書士が手配した場合は、本人名で通知を出していますのでご本人の自宅に内容証明の控えが届きます

また、配達証明も付けていますので、到着のハガキが同様に送られてきます。

(配達証明のハガキには相手の会社名(●●債権回収など)が印字されていますので同居の方に内緒の場合は注意が必要です

行政書士に時効援用を依頼する最大のメリットは費用が安いこと

行政書士は代理する権限がないため上記のような制約があり、結局は、内容証明郵便を作成して送付するだけの作業になります。

 

その分、弁護士や司法書士の比較して費用は安い設定がされている傾向になります。

当事務所も司法書士の代理による時効援用よりも行政書士の内容証明作成サービスは11,000円安い設定にしております。

結局、どこに依頼するかは依頼人の重視するポイントによる

結局、時効援用を依頼する際のポイントはどこを重視するです。

 

・手元に資料があり、自宅に郵便届いても問題ないし、自分である程度の対応もできるから安さを重視するなら行政書士に依頼する方法があっています。

・「もしかしたら過去に裁判されているかも?その場合は交渉してもらって支払って解決したい」「手元に資料がないので調査してもらいたい」というご希望なら弁護士か司法書士に依頼する。

・「直近で相手と電話で話をしているので債務承認について争われそう」なら裁判対応を得意とする弁護士など

 

当事務所は、司法書士(司法書士法人黒川事務所)による代理の時効援用をメインで対応しております。

少しでも費用を抑えたいという方は併設している行政書士事務所(行政書士黒川事務所)の内容証明作成サービスもございます。

司法書士法人黒川事務所が選ばれる理由

当事務所は、業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士
全記事の執筆者

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門で15年以上の実績
  • 解決した依頼人は8500人以上。2021年度は約1500人の方からご依頼(曖昧な相談実績ではなく実際の依頼件数です)
  • 司法書士7名女性司法書士も在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

渋谷オフィス(渋谷駅3分):上野オフィス(上野駅5分):横浜オフィス(横浜駅5分):大阪オフィス(西梅田駅5分)の4拠点+オンライン相談も対応

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。

司法書士法人黒川事務所

0120-913-596

  平日10時~20時
  土日10時~17時
  (祝日休み)

(渋谷オフィス 渋谷駅3分)
東京都渋谷区渋谷3丁目7-3
第1野口ビル5階
(梅田オフィス 西梅田駅5分)
大阪市北区堂島2丁目1-27
桜橋千代田ビル4階
(上野オフィス 上野駅5分)
東京都台東区東上野4丁目6-5
日比谷不動産ビル1階
(横浜オフィス 横浜駅5分)
横浜市西区北幸2丁目5-13西口幸ビル505