【渋谷オフィス】東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階 【上野オフィス】東京都台東区東上野4丁目6-5日比谷不動産ビル1階
【横浜オフィス】横浜市西区北幸2丁目5-13西口幸ビル505 【梅田オフィス】大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金返済に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

自己破産と免責審尋について

自己破産の手続きは、裁判所に自己破産の申立を行い、同時に免責の許可を求めることが目的になります。

免責の決定が出されることで、債務の支払い義務がなくなります。

仮に免責の決定が出ない場合(免責不許可)は、自己破産をしても債務の支払い義務は残ります。

ちなみに免責の許可がおりないケースは事前の取り下げも含めると全体の2%と言われています。

自己破産と免責審尋について

自己破産の免責審尋(裁判所で裁判官と面接)

同時廃止決定から2か月後くらいに免責審尋の期日が開かれます。

 

【日程は事前に決まっている】

日程は、破産審問の際に裁判官から次はこの日に来てくださいと書面が渡されケースが多いです。

(おおよそ2か月先の日なので無理にでも調整して出席していただく必要があります)

※免責審尋を無断で欠席しているケースで免責不許可事由になる事例もありますので必ず裁判所へ行く必要があります。

 

【どんな内容】

集団面接のような感じで、何名か(10名くらい)破産を申し立てた人が一部屋に集まっています。

基本的には、本人確認や住所・氏名の変更がないか聞かれる手続きです。

一人あたりの時間は3分くらいのようですが、順番を待っている時間も入れると15分くらいかかります。

 

この手続きが終り免責決定が出れば、自己破産の手続きは終了です。

あとは、免責決定が確定すれば、その書面を取得して債権者にFAXで通知して一連の破産手続きが終わります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

自己破産の免責不許可事由を説明

ギャンブルが原因だと自己破産しても免責されない?自己破産と免責不許可事由について。

自己破産しても免除されない債務とは?

自己破産をしても免除されない債務があります。税金・社会保険料・養育費など

自己破産の破産審問はどんな話を?

自己破産を申立てたら裁判所で裁判官と面接(審問)?どんな話を聞かれるの?

司法書士法人黒川事務所が選ばれる理由

当事務所は、業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士
全記事の執筆者

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門で15年以上の実績
  • 解決した依頼人は8500人以上。2021年度は約1500人の方からご依頼(曖昧な相談実績ではなく実際の依頼件数です)
  • 司法書士7名女性司法書士も在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

渋谷オフィス(渋谷駅3分):上野オフィス(上野駅5分):横浜オフィス(横浜駅5分):大阪オフィス(西梅田駅5分)の4拠点+オンライン相談も対応

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。

司法書士法人黒川事務所

0120-913-596

  平日10時~20時
  土日10時~17時
  (祝日休み)

(渋谷オフィス 渋谷駅3分)
東京都渋谷区渋谷3丁目7-3
第1野口ビル5階
(梅田オフィス 西梅田駅5分)
大阪市北区堂島2丁目1-27
桜橋千代田ビル4階
(上野オフィス 上野駅5分)
東京都台東区東上野4丁目6-5
日比谷不動産ビル1階
(横浜オフィス 横浜駅5分)
横浜市西区北幸2丁目5-13西口幸ビル505