債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

東京都渋谷区渋谷3丁目7−3 第1野口ビル6階
大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

受付時間:平日10時~21時
土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

借金の時効援用に失敗した場合

借金の時効援用をしてみたが失敗したらどうすればいいのでしょうか?

まず、時効援用が認められないケース(時効中断)はどんなケース?

1.債務承認

ケースとしてはほとんどありませんが、途中で一部の支払いをしており5年経過していないという場合や相手の会社と支払いについての約束をしていた(そこから5年経過していない)。

2.債務名義があった(過去裁判されてた)

時効が成立しないケースとしては、債務承認よりこちらのケースが多い。

過去に裁判されている場合は、判決確定から10年時効になりません。

 

とるべき方法は下記の3パターンが考えられます。

1.支払いの交渉をする

2.再度時効になるまで放置する

3.自己破産する

時効が成立しない場合はどうなる?

もしも時効が成立しなかった場合はどうなるの?

当事務所で依頼される方のうち95%くらいは時効が成立しています。

ほとんど時効が成立しているという現状ですが、やはり過去に裁判されていて(本人は気づかなかった)時効が成立しないケースもできてきます。

その場合の取るべき選択肢を紹介します。

支払をするという選択肢

時効不成立の場合は、支払をする義務が残ります。

相手の会社にもよりますが多くの会社は分割払いに応じてくれます。

ただ、支払いの際に問題になるのが発生している遅延損害金になります。

たとえば、10年放置していたら元金50万円が遅延損害金130万円(年利26.28%)プラスされ180万円ほどになっていることもあります。

時効にならないケースは、ほとんどが過去に裁判をされているケースですから、相手の会社は裁判所に認められている金額だから減額しませんとなります。

上記の例では分割であれば180万円を支払うことになります(例えば3万円を60回(5年)で支払う)。

本来であれば完済まで遅延損害金は発生し続けますので5年の分割では180万円では完済できないのですが、和解後の今後完済までに発生する遅延損害金は免除してくれますすので上記の例では5年で完済できることになります。

減額してくれる可能性は…一括で支払う場合や最初に多めに頭金を入れる場合などがあります。

再度支払を放置するという選択肢

時効が成立しなかった場合に、今後も支払いをせずに放置するという選択もあります。

ただ、時効援用の手続きの際に、相手に住所は知られていますので支払をしないという選択肢をとった場合は請求(取立)が再度始まることが考えられます。

支払いもできない自己破産もできない場合は選択の余地があります。

再度時効期間が経過するのを待つことになります。

時効援用について詳しくはこちら

自己破産をするという選択

支払ができないほど債務が残ったのであれば自己破産という選択肢もあります。ただ、自己破産は単に債務をなくすという手続きではなく清算という手続きですから、現在資産がある場合は処分の対象になります。

時効不成立から自己破産になる場合の注意点
  • 全ての債務を破産の対象にする必要がある
  • 全ての債権者を把握できているか?債権者のもれがある場合は、免責の効力が及ばない
  • 20万円以上の財産がある場合は、破産管財人が選任されて財産の処分と配当が行われる

債務整理のご相談/ご予約は

業界トップクラスの低料金!司法書士法人黒川事務所

司法書士

代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(解決した依頼人は4,300人以上。2018年度は1,100人以上のご依頼を頂きました)
  • 無料相談実施中
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分

ご相談は何度でも無料(携帯OK)

平日10時~21時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話でご連絡いただいた方がスムーズに予約をとることが可能です。