債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬
任意整理とボーナス払いの併用?

任意整理のボーナス払い併用について

任意整理をした場合、基本的にはボーナス払いは考慮せず毎月一定金額を均等に支払っていくことになります。

たとえば、57万円の債務なら1万円を57回支払うことになります。

 

ただし、ボーナスの支給状況や勤務先・債権者の対応によってはボーナス時に返済額の加算を要求されるケースがあります。

たとえば、上記の例で毎年7月と12月の返済を4万円にすると返済回数を57回から39回に減らすことができます。(債権者にとっては債権者の回収期間が短くなる)

相手の会社によってはボーナス時に加算を

債権者は、依頼人の勤務先を知っていますし、通常はボーナスがあるかも把握しています。

また、任意整理の和解交渉の際には、現在の月収やボーナスの有無も確認されます。

 

任意整理をした相手の会社によっては、任意整理の均等返済にボーナス時だけ返済額を増やすことを求めてくることがあります。

債権者は利息をカットするのであれば、少しでも早く完済してもらいたいので、ボーナス時の加算をさせることによって返済回数を縮めることができるからです

 

当事務所としては、ボーナスは「年度によっては出ないことがある」「毎月ギリギリの状況で返済しているのでボーナスは急な出費に確保したい」と考えますので、ボーナス時加算はできる限り和解に組み込まないようにしています。

ただ、収入の状況によっては加算せざるを得ない場合もあります。

任意整理のボーナス払い

逆にこちらからボーナス時加算を申し出ることは?

逆にこちらからボーナス時に多く支払うという和解を提案することも可能です。

少しでも早く完済できるので債権者は喜んで応じてくれます。

ただし、毎月の返済を下げるためにボーナス時に多く支払うというのは難しいケースもあります(毎月は通常の和解どおりの返済額でボーナス時に多く支払う和解を要求される)。

ボーナス加算を要求されやすい職業?

任意整理の交渉の際には、ボーナスの有無は聞かれますが、その際にボーナス時に返済額の加算を要求されることが最も多い職業は、公務員と大企業にお勤めの方です。

毎年必ずボーナスがでると認識されているからです。

任意整理に基づいて返済中に、ボーナスが入ったので多めに返済するということは可能です!

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士7名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。