債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

東京都渋谷区渋谷3丁目7−3 第1野口ビル6階
大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

受付時間:平日10時~21時
土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

公務員の方の債務整理の特徴は?

公務員の方の債務整理については、一般の会社員の方に比べて少し特徴があります。

任意整理を選択することが多い(共済組合の借入がある場合は特に)

任意整理においてボーナス時に加算を要求されることが多い

まず、借入審査が通りやすく、大きな金額を多くの銀行や消費者金融から借りられるために比較的、総債務額が多くなるケースが多いです。

さらに、多重債務に悩んでいる人の多くが、民間の金融機関などの借入の他に、共済組合からの借入れをしている場合があります。

そして、任意整理をした場合にもっとも特徴的なのが、債権者からボーナス払いが要求されることです。

共済組合からの借り入れがある場合

共済組合の借り入れを債務整理の対象にすると、債務整理の事が勤務先に知られてしまうリスクが高いと思われます。

公務員の方の債務整理で、共済組合からお金を借入れている場合、共済組合の借入はそのまま支払い、その他の借金を整理する任意整理の手続きを選択することが多くなります。

債権者を選べる任意整理だから出来ることであって、個人再生や自己破産の場合には共済を手続きから外すことは出来ません

ボーナス払いがもっとも要求される職業

公務員は、任意整理において最もボーナス払いが要求される傾向にあります。

債権者は勤務先を把握していますので、任意整理の和解の際に「ボーナス月に加算する和解」を求めてきます。

一般の会社員の任意整理と違い、ボーナス月にある程度は返済額が加算される覚悟が必要です。

職業別債務整理Q&A公務員の場合

Q.公務員ですが、債務整理はできますか?

A.債務整理は可能です。

個人民事再生や自己破産をする場合、共済組合からの借金も含めて手続きする必要があるため、勤務先・職場に債務整理の事実が知られる可能性があります。

任意整理であれば、共済組合からの借金を整理の対象から除外することができますので、勤務先・職場に秘密・内緒で手続き可能です。

Q.債務整理をすると会社を辞めなければなりませんか?

A.通常は債務整理をしても公務員を辞める必要はありません。

債務整理のご相談/ご予約は

業界トップクラスの低料金!司法書士法人黒川事務所

司法書士

代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(解決した依頼人は4,300人以上。2018年度は1,100人以上のご依頼を頂きました)
  • 無料相談実施中
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分

ご相談は何度でも無料(携帯OK)

平日10時~21時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話でご連絡いただいた方がスムーズに予約をとることが可能です。