債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

任意売却後の住宅ローンの残債務を自己破産

Eさんの債務は住宅を任意売却した後の住宅ローンの残債務でした。

Eさんは平成16年に住宅購入のために銀行から2800万円を借り入れ、その後10年間は順調に支払いをしていました。

しかし、平成27年に離婚問題などで支払いができなくなり、自宅が差し押さえにあいました。

Eさんは、自宅を保有する必要もなかったので、任意売却を専門としている不動産屋さんに自宅の売却の相談をされました。

後日、自宅は売却されましたが、不動産の売却価格より住宅ローンがオーバーしていたため、売却後も住宅ローンの残債務が残ることになりました。

 

Eさん男性50代

「家族構成」(正社員)手取り25万円 一人暮らし

「債務の内容」

800社万円(遅延損害金含む)

「資産」なし「住居」賃貸

任意売却後の住宅ローンを自己破産をした解決事例

住宅ローンを滞納し任意売却をしました

通常、自宅を売却する際には、住宅ローンの残債務以上の金額でなければ売ることはできません。住宅ローンの銀行が抵当権の解除に応じてくれないからです。

しかし、住宅ローンの残債務以下の金額でも売却できる方法があります。

これを任意売却といいますが、住宅ローンの支払いが困難になった場合に銀行(保証会社)と協議し住宅ローンの残債務以下で売却する手続きです。

 

任意売却で住宅を手放すことになったとしても、住宅ローンの残債務の支払い義務は残ります。(住宅を手放せば債務がなくなるわけではありません)

住宅ローンの残債務は任意売却だけでは解決しない

任意売却を依頼するのは不動産会社です。

不動産会社は不動産売買のプロで不動産を売却することは可能ですが、残った債務の支払いについて交渉することはできません

不動産を売却すると手続きが終わります。

 

Eさんも、不動産の売却までは不動産会社にしてもらいましたが、その後の残債務のことは放置していました。(Eさんは不動産会社に債務は放置していてもいいという説明を受けていました)

Eさんの住宅ローンの残債務は、保証会社からサービサーに移り、さらに別のサービサーに債権が譲渡され、そのサービサーが弁護士事務所に債権回収を委託していました。

任意売却後に自己破産で解決した事例
住宅ローンの残債務を自己破産で解決

Eさんの住宅ローンの残債務は800万円で他には債務はありませんでした。

Eさんの収入では支払いが困難でしたので、Eさんは自己破産をすることになりました。

他の自己破産のケースと比較して、住宅ローンの残債務の場合は免責で問題になることも通常はありませんので、手続きはスムーズに進行しました。

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士7名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。