債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

生活保護受給中の債務整理の方法について

生活保護を受けている方でも借金で多重債務になっている方はいます。

生活保護中は収入がないので、新たなカードを作ったりローンを組んだりすることは審査の関係でできません。

しかし、生活保護受給前から利用していたカードの債務の返済をしていたり滞納していたりするケースがあります。

 

それでは現在生活保護を受給中の場合に、債務整理のどの解決法(任意整理か自己破産か個人再生か)が利用できるか説明します。

生活保護中に任意整理できるのか?

生活保護中の方から任意整理の相談を受けることがありますが、生活保護中でも任意整理は可能なのでしょうか?

結論から書きますと、当事務所ではお受けしておりません

  

まず、生活保護費で返済をすることは、生活保護を打ち切られる可能性があります。

また、債権者も和解の際に返済原資の出どころ(給与か援助かなど)を確認しますが、生活保護費を返済原資として和解することに応じてくれません

 

上記のことから、当事務所では生活保護中の方の任意整理はお受けしておりません。

生活保護中なら法テラスを利用した自己破産

生活保護受給中であれば、法テラスの法律扶助を利用した自己破産を検討されるのが一番良い方法だと考えます。

 

法テラスの法律扶助という制度を利用すれば、専門家に支払う費用を国に立替てもらうことが可能です。立て替えてもらった費用は後日分割で返済することになりますが、生活保護中であれば費用の減額や免除を受けられることもあります。

個人再生は生活保護受給中は利用できません

個人再生は、元本を圧縮して3年間返済していく手続きです。

元本を強制的に減額しますので、手続の要件として「今後も継続的に返済可能なこと」が定められています。

生活保護費を返済に充てることはできませんので、要件が満たされず利用することはできません。

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士7名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。