債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

無職の方の債務整理の方法について

今後も収入の見込みがなければ、任意整理ではなく自己破産

近々、就職する予定(アルバイトでも)があれば任意整理も可能

生活保護中だと任意整理の和解に応じてもらえない

法テラスの法律扶助という選択肢もある

近々、返済できるようになるか?ならないか?

無職の方の債務整理の方法は、今後は返済できるようになるのか?今後もしばらく返済できないのか?で判断することになります。

 

今後、返済できるようになるのであれば任意整理で解決は可能ですし、しばらく返済の見込みがなければ自己破産ということになります。

就職して返済を開始できるのであれば任意整理も可能

近いうちに就職ができて返済が開始できそうであれば任意整理は可能です。

特に正社員ではなくアルバイトなどでも返済原資を捻出できるのであれば大丈夫です。

 

ただし、返済していない期間が長くなり和解まで日数がかかれば相手から裁判を起こされたり、和解日まで利息がついて債務額が増えてしまう場合もあります。

早めに返済を再開できるようにする必要があります。

今後も収入の見込みがない場合は自己破産という選択肢

今後も安定した収入が見込めないのであれば、自己破産を検討することになります。

任意整理を依頼したとしても、和解するまでの返済していない間も利息や遅延損害金は増えていきます。

収入がない期間が長ければその分債務を増えていきますので、任意整理での解決はより困難になっていきます。

 

自己破産の場合でも、専門家の費用の支払いの問題もあるかと思います、法テラスの法律扶助を利用すれば費用の立替を受けれますので法テラスの利用も検討してください。

任意整理をするには払える見込みが必要です

生活保護中であれば任意整理は?

生活保護費で返済をすることは、生活保護を打ち切られる可能性があります。

 

債権者も生活保護費を返済原資として和解することに応じてくれない会社がほとんどです。

 

当事務所としても任意整理をお受けすることはできません。

解決方法としては、法テラスの法律扶助を利用した自己破産を検討されるのが一番良い方法だと考えます。(生活保護受給中の債務整理の方法について

自己破産をするなら「法テラス」という選択肢

無職の方が自己破産をするなら法テラスを利用するという選択肢があります。

法テラスは国が設立した法律相談の機関で、専門家の紹介を受けることも可能です。

 

法テラスで法律扶助という制度を利用できれば、専門家の費用の立替を受けることができます。

立替を受けた費用は手続後に返還していくことになります。

専業主婦の場合は?

 

専業主婦の方の場合であれば、家族の収入から毎月の返済原資を捻出可能であれば任意整理でも解決は可能です。

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士7名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。