債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

自己破産の審問はどんなことが聞かれる?|司法書士に依頼した場合は申立後に裁判官と面接がある

裁判所で裁判官と面接といわれると緊張することでしょう。

どんなことが聞かれるのかな?怒られたりしないかな?とついつい不安に感じてしましょうでしょう。

では、どんなことが聞かれたりするのでしょうか。

自己破産の審問

申立後に1か月くらいを目安に裁判官に会いに行く

自己破産を申し立てると、1か月くらい後に裁判所に行くことになります。

裁判官と面接(審問)という手続です。

 

【日時は前もって調整】

日時は申立後すぐに決まりますので、事前に仕事等を調整して必ず出席する必要があります。

(この手続は司法書士に依頼した場合の手続きです。弁護士に依頼した場合は、通常は即日面接といって弁護士が自己破産を申し立てた当日に裁判官と面接しますので、この手続は発生しません。)

 

時間はおよそ10分~20分くらいですが早い人は5分で終わっている方もいます。

裁判官と会う際はお一人です(会議室のような部屋です)。

 

【どんなことが聞かれる】

内容は、申立時に添付した書類についての確認や生活状況について聞かれるようです。

また、専門的なことは聞かれませんが、自己破産という手続はどういうものか?(どういう手続をしているか認識しているか?)や債権者が何社で債務総額はいくらか?ぐらいは把握しておきたいところです。

 

決して試験や審査ではありませんので、うまく回答できなかったから破産が認められないという訳ではありませんのでご安心ください。落ち着いて聞かれたことを正直に回答すれば大丈夫です。

 

無事に審問が終わると、同時廃止決定が出されます。

 

まれに1回で終わらずに再度1ヶ月後に2回目の審問を設定されるケースもあります。

財産調査や免責不許可事由の調査の必要があると判断されると、同時廃止事件ではなく管財事件に移行します。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

自己破産で管財事件になるケース

管財事件になる自己破産はこんなケース。高額な財産・事業を営んでいた・免責調査が必要など

自己破産しても免除されない債務とは?

自己破産をしても免除されない債務があります。税金・社会保険料・養育費など

自己破産の免責審尋どんな話をする?

自己破産の最後の手続き免責審尋は裁判所で裁判官と面接。そこではどんな話を聞かれるの?

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士7名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。