債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

自己破産の免責不許可事由とは?借金が免除されないパターン

個人が自己破産をする目的は、「借金やその他の負債を免除してもらうこと」です。

自己破産をしても、借金がなくならないなら意味がないでしょう。

 

ところが実際に、自己破産をしても借金や負債を免除してもらえないケースがあります。

それは「免責不許可事由」がある場合。

 

今回は免責不許可事由とは何なのか、どういったケースで免責不許可となってしまうのか、借金トラブル専門の司法書士が解説します。

 

浪費やギャンブルなどで借金をして不安を抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

自己破産の免責不許可事由を知ろう

免責不許可事由とは?

免責不許可事由とは「自己破産をしても免責してもらえない事情」です。

 

免責とは、裁判官が「借金を免除する」と決定を下すこと。自己破産の手続きでは、最終的には裁判所から「免責」の決定をもらってはじめて借金がなくなります。

 

免責の決定がでないと借金は免除されませんので、自己破産する意味がありません。

免責されなければ破産後も債権者から督促が来ますし、支払を強制されます。払わないと裁判を起こされて給料などを差し押さえられる可能性もあります。

 

その重要な「免責」が認められない事情が「免責不許可事由」です。

 

自己破産をすれば「誰でも」「どんな借金の原因でも」免責の許可がされる、というわけではないので注意しましょう。

免責不許可事由になるケースとは?

では、どのようなケースで免責不許可事由があると判断されてしまうのでしょうか?

破産法2521項において、免責不許可事由が定められています。

浪費、ギャンブル、投資や投機

収入や資産に見合わない高額な買い物をしたり遊興費を使いすぎたり、あるいはギャンブルのために借金を大幅に増やしたりすると、免責不許可事由があるとみなされます。

 

具体的には以下のような事情があると、問題になりやすいので注意しましょう。

  • キャバクラやホストクラブ通い
  • ブランド品や高級車の購入
  • 高級レストランへ通う
  • 収入が低いのに無理に頻繁に海外旅行へ行ったり高級旅館に宿泊したりする
  • パチンコ、パチスロ、競馬や競輪などのために借金
  • 宝くじの購入
  • 株や先物、信用取引、FX、仮想通貨投資

債権者をだまして借入をした

本当は返済できるあてもなく返済する能力もないのに、「きちんと返します」と嘘をついて借り入れをすると、免責不許可事由になります。

 

なお返済意思や能力と関係のない嘘をついた場合には、免責不許可事由にはなりません(ただし詐欺罪が成立する可能性はあります)。

クレジットカードのショッピング枠の現金化

破産前にクレジットカードで新幹線の定期券などを購入して即売却したり、クレジットカードの現金化業者を利用したりすると、免責不許可事由があると判断される可能性があります。

財産に関する書類を隠した、偽造、変造した

帳簿などの財産に関する書類を隠したり書き加えたり虚偽の文書を作成したりすると、免責不許可事由と判断される可能性があります。

財産を隠した

破産によって財産を失いたくないからといって財産隠しをすると、免責不許可事由となる可能性があります。

具体例

  • 預金を家族名義の口座へ移す
  • 不動産や車の名義を変える
  • 解約返戻金が高額な保険を隠す

虚偽の債権者一覧表を裁判所に提出

自己破産するときには、すべての債権者を裁判所へ報告して破産手続きの対象にしなければなりません。

 

たとえば迷惑をかけたくないからといって親族や勤務先、保証人のついている借金など、一部の債権者を省いて虚偽の債権者一覧表を裁判所へ提出すると、免責不許可事由と判断される可能性があります。

一部の債権者だけに返済

自己破産をするときには、すべての債権者を平等に取り扱わねばなりません。これを「債権者平等の原則」といいます。

 

それにもかかわらず友人や勤務先の借入、車のローンなどをまとめて返済してしまったら、「偏頗弁済(へんぱべんさい)」として免責不許可事由とみなされる可能性があります。

自己破産の手続きに協力しない

破産者は、自己破産の手続きに協力しなければなりません。

裁判所から資料の提出を求められたり、破産管財人から質問されたりしたら、きちんと説明すべきですし可能な限りの資料を提出すべきです。

管財人による財産換価業務にも協力しなければなりません。

 

それにもかかわらず裁判所や管財人に対する説明を拒んだり、虚偽の説明をしたりして不誠実な態度をとると、免責不許可事由があるとみなされる可能性があります。

過去7年以内に自己破産をして免責を受けた、一定の個人再生を利用した

過去7年以内に免責許可を得た場合には、自己破産の申立をしても免責してもらえません。

 

また過去に個人再生をした場合にも、免責を受けられない可能性があるので注意しましょう。

  • 過去に個人再生のハードシップ免責を受けた

個人再生のハードシップ免責とは、再生債務の4分の3以上払った段階でどうしても残りを払えなくなったとき、残債務を免除してもらうことです。きちんと再生債務を完済できた場合には問題になりません。

ハードシップ免責を受けた場合、もととなった個人再生の再生計画案認可決定の確定日から7年以内に自己破産を申し立てると免責不許可事由となります。

 

  • 過去に給与所得者等再生を利用して債務を完済した

過去に給与所得者等再生を利用して債務を完済した場合、その再生計画案認可決定の確定日から7年以内に自己破産を申し立てても免責不許可事由とされます。

 

一般の小規模個人再生を利用した場合には、債務を完済すれば免責不許可事由に該当しません。

個人再生と免責不許可事由の関係

上記のように個人再生後、自己破産免責が制限されるケースがありますが、実際には極めて少数です。

個人再生される方は、そのほとんどが「小規模個人再生」を利用します。そして小規模個人再生を利用した場合には、「ハードシップ免責」を受けない限りいつでも自己破産の申立ができます。個人再生したら自己破産できなくなるわけではないので、誤解しないようにしましょう。

 

過去に個人再生を利用した多くの方が自己破産で免責してもらえているので、心配しすぎずに司法書士へご相談ください。

免責不許可事由があっても裁量免責してもらえるケースもある

浪費やギャンブルで借金を作ってしまった場合、免責不許可事由により借金を免除してもらうのは不可能なのでしょうか?

 

実際にはそういった扱いにはなっていないので安心してください。破産法では「裁量免責」という制度が認められています。裁量免責とは、「免責不許可事由があっても裁判官の判断によって免責を認めてもよい」という制度です。

 

たとえば免責不許可事由が重大とはいえず本人もしっかり反省しているなら、一度は借金を免除してあげるのが適切といえるでしょう。裁判官が「裁量免責」によって免責してくれる可能性があります。

裁量免責が認められるケースは多い

現実には免責不許可事由があってもほとんどのケースで裁量免責が認められています。

最終的に免責不許可とされるのは、年度にもよりますが事前の取り下げも含めて全体の2%となることもあり、おおむね95%以上の方が免責を受けられている状況です。

 

免責不許可になるのは、免責不許可事由が極めて悪質な場合、過去にも同じ原因で借金をして裁量免責を受けている場合など、一部のケースに限られます。

 

パチスロや競馬、浪費や投資などで借金を作ってしまった方であっても多くが「裁量免責」してもらえるので、免責不許可事由をさほどおそれる必要はありません。

 

心配であれば、司法書士までご相談いただけましたら個別の事案ごとにアドバイスをさせていただきます。

管財事件になる可能性が高くなる

免責不許可事由がある場合、最終的には裁量免責を受けられる可能性が高いとはいえ破産手続きが「管財事件」扱いになりやすいので、注意しましょう。

 

管財事件とは、破産管財人が選任される複雑な破産手続きです。管財事件になると、破産管財人の「予納金」が必要となって費用がかさみますし、裁判所で何度か開かれる「債権者集会」にも出席しなければなりません。期間も長くかかります。破産者の負担が重くなるといえるでしょう。

 

よくあるのが、浪費やギャンブルによる免責不許可事由がある場合です。管財事件になったら、しっかり家計収支表をつけて毎月管財人と面談し、生活状況を報告しなければなりません。反省文の提出を求められるケースも多々あります。

 

管財人は免責に関する意見を述べる立場にありますし、管財人に協力しないこと自体が免責不許可事由になるので、誠実に対応しましょう。

まずは専門家へ相談を

免責不許可事由があっても、きちんと対応すれば最終的には免責されるケースがほとんどです。浪費やギャンブル、投資などの借金があっても「自己破産はできない」と決め付けず、まずは専門家に相談してみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

自己破産で管財事件になるケース

管財事件になる自己破産はこんなケース。高額な財産・事業を営んでいた・免責調査が必要など

自己破産しても免責されない債務とは?

自己破産をしても免除されない債務があります。税金・社会保険料・養育費など

自己破産の免責審尋どんな話をする?

自己破産の最後の手続き免責審尋は裁判所で裁判官と面接。そこではどんな話を聞かれるの?

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士7名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。