債務整理・借金問題専門
黒川司法書士事務所

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目7−3 第1野口ビル6階

受付時間:平日9時~21時
土日10時~17時
祝日 休み

お気軽にご相談ください

03-6419-7494

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

過払い請求 エポスカード(旧:丸井・ゼロファースト)編(各社対応)

エポスへの過払い(過払い請求エポス(旧丸井)対応編)

エポス 過払い請求 着手金0円 減額報酬なし スピード対応!依頼人の意向を重視します。

エポスとの過払い請求の流れについて説明します。
(依頼頂いた場合の一般的なケースをもとに構成しています)

平成26年10月1日にゼロファーストを合併しました。

取引履歴の開示

2週間くらいで開示。
但し、平成9年4月以前に取引が完了した分のデータは破棄されているため開示されない。
当時の通帳等の証拠書類があれば推定計算に応じてくれる。

任意(話し合い段階)の交渉

過払金の端数カットの提案。2ヵ月~3ヶ月後に返還。

金額と返還日について合意が成立すれば和解書を作成

入金後に報酬実費を清算して手続き終了

金利については、平成19年3月16日に17.7%に引き下げられている
過払いになるには、上記日付以前からキャッシングの取引をしていることが前提。
上記日付以降に取引開始なら過払いは発生しない。

エポスカードのショッピングの債務が残っている場合は?

ショッピングの債務が残っている場合は、過払い金とショッピングの債務が相殺(差し引き)されます。

過払い金がショッピングの債務より多い場合は、差額の過払い金が返還されます。

ショッピングの債務が過払い金よりも多い場合は、差額の債務についての返済方法について話し合います(この場合は任意整理です)。

 

※過払い金だけ返還してもらい、ショッピングの債務はそのまま支払うということはできません。

ゼロファースト(エポスが合併)の過払い請求

平成26年10月にエポスカードがゼロファーストを合併したので、ゼロファーストへの過払い請求もエポスカードに請求することになる。

手続については上記と同様の対応がされる。

 

※エポスカードとゼロファーストの両方の取引がある方は、ゼロファーストだけ過払い請求してエポスカードは手続きしないということはできません(逆も)。

当事務所の過払い金返金の特徴

当事務所の場合は、各社ごとに清算が可能。

何社も過払い請求を依頼している場合、通常の事務所は全ての会社から過払い金が返金されるまで依頼人には振り込んでくれません。

そうなると遅い会社は半年以上手続きかかりますので、早く返金された会社の過払い金も事務所でしばらくの間保管することになります。

当事務所では、1社から返金されれば、すぐに1社分を清算し返金いたします。

エポス以外の会社の対応はこちら

エポス以外の過払いの対応も紹介しています。

エポス(旧丸井)会社の基本情報

  • 株式会社丸井グループの子会社(株式会社マルイカードから商号変更)
  • ゼロファーストを合併
  • 旧:赤いカード(マルイのカード)など
  • スルガ銀行のカードローンでエポス保証というのがある。
  • 家賃保証も行っている。

債務整理のお問合せは

債務整理・時効援用・過払いなど借金問題が専門の黒川司法書士事務所

最寄駅は渋谷駅(徒歩3分)です。

司法書士

代表者 認定司法書士 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用設定
  • 着手金不要分割払いOKなので…初期費用0円
  • 平日夜間21時まで。
  • 土日も相談可能
  • 減額報酬なし!相談は無料!!

司法書士業界16年目。
開業以来、借金問題を中心に扱っており、解決した依頼人は3300人以上(2017年度は800人以上の依頼いただいております)。

お電話でのご相談・ご依頼はこちら

電話受付時間:平日9時~21時 (夜間対応)/土日10時~17時 (土日対応) 祝日休み