債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

債務整理をしないという選択肢もあります!債務整理しないで借金を完済する方法と債務整理するべきかの判断基準を紹介

債務整理を専門に扱う事務所ですが、「債務整理をしないほうがいい」という選択肢を提示することがあります。

債務整理をするメリットがなければもちろんですが、生活を見直したり返済方法を見直すことで債務整理をする必要がなくなれば「債務整理しないほうがいいですよ」と説明します。

 

また、債務整理するべきかの目安となる判断基準も紹介します。

この記事のポイント

毎月の返済額は相手が多く利息が取れるように、相手に有利に設定されている

毎月の返済設定額よりも多めに返済することができれば、完済が早くなるし支払総額も下がる

債務整理するべきかの判断基準|年収の3分の1以上になっているか?

債務整理するべきかの判断基準|自転車操業になっているか?

普通に支払いができているのであれば債務整理はするできではない

【目次】

1.債務整理をしないで借金を完済する方法

 ・返済しても元金が減らないワケ

 ・減らない仕組みは?

 ・早く減るようにする方法は返済額を上げて多めに支払う

2.債務整理した方がいいかの判断基準①年収の3分の1以上かどうか?

 ・債務整理した方がいいかの判断基準②自転車操業になっているか?

 ・「債務整理しないほうがいい」という判断になるケースは?

3.債務整理しなければよかったと後悔するケース?

 ・払えるのに任意整理をしてブラックになって後悔する

 ・家族に事情を説明したら援助が受けれたケース

 ・一時期だけ乗り越えられれば任意整理しなくてよかったケース

債務整理しないでも借金を完済する方法

毎月の返済がきちんとできていれば債務整理をする必要はありません。

それでもなかなか減らない場合はどうしたら減るようになるのか?

返済しても元金が減らないワケ

毎月返済した金額は一部が元金に一部が利息に充当されます。

まずは、返済日までの利息が計算され返済した金額からその利息が引かれます。そして残りが元金に充当され借金が減ることになります。

 

利息ってもったいないような気がしますが、お金を借りるというサービスへの対価ですので利息がかかるのは当然です(電車に乗ったら電車賃を支払うのと同じです)。

しかし、お金を貸している人は利息で営業しているわけですから、利息は多くもらえるように工夫されています(リボ払いや債務残高が減ったら返済額を下げるなど)。

 

(お金を貸している人と借りている人は損得の相対する立場に立っています)

 

それなら逆に返済の仕方次第で、支払う利息を減らせるのであれば検討するべきでしょう。

(もちろん債務整理はしないで)

減らない仕組みは?

返済しても半分以上利息にとられてるんですが・・・利息は高くないのでしょうか?

この方の話をよく聞くと・・・

80万のショッピングリボ残高で実質金利は15% 返済方法は毎月15,000円の定額コース。

毎月の返済15,000円のうち10,000円が利息で5,000円が元金に充当されているようです。

これではなかなか減りません。利息に問題があるわけでもありません。

なぜあまり減らないのか?

こたえは、毎月の返済額を自分で低く設定しているからです。

たいていのカード会社では、ショッピングリボの返済方法について、いくつか選べるようになっています。

(残高スライドとか定額とか)

この方は定額15000円を選択されていたようです。

15000円では残債務が80万と多いのでなかなか元金が減りません。

早く減るようにする方法は返済額を上げて多めに支払う!

80万くらいの残債務だと返済額は毎月40,000円くらいに設定したほうがいいです。

(残高スライド方式でも80万なら40000円くらいに設定されています)

10,000円が利息で30,000円が元金に充当されます(翌月以降はもっと元金の割合が増えていきます)。

債務はどんどん減りますし、最終的な支払総額も減ります。

毎月の返済に余裕があれば、カード会社のHPで調べて、毎月の返済額を見直してもいいかもしれません。

返済できる人は上記のような対応で債務整理しないで完済することをおすすめします。

しかし、借りて返しての繰り返し(自転車操業)の方は上記の方法では完済できませんので任意整理も視野に入れて検討しましょう!

債務整理した方がいいのかどうかの判断基準①
年収の3分の1以上かどうか?

債務整理をするかしないかの判断基準の1つとしていわゆる総量規制に抵触しているか?

という基準で判断ができると考えられます。

 

総量規制は、「債務額が年収の3分の1以上になったらは消費者金融はお金を貸せない」というルールです。

(国が定めたルールで、一般的には年収の3分の1以上の借金があったら返済は困難だという趣旨で定められています)

しかし、銀行カードローンやクレジットカードのショッピングリボなどは総量規制の対象外なので年収の3分の1以上の債務がある方は多くいます。

 

このような場合は、実質は年収の3分の1以上の借金がある状態と変わらないので任意整理をする必要はあると言えます。

債務整理した方がいいかどうかの判断基準②
自転車操業になっている?

もうひとつは自転車操業状態になっているかどうかで任意整理するべきか判断することも可能です。

 

自転車操業状態とは、返済をしたら現金がなくなる→次の会社で借りる→その会社を返済するため次の会社で借りる→生活費がないのでまたカードのリボ払いなどを利用して生活をする。これが毎月繰り返されて、いつまでたっても借金が減らない状況のことを意味します。

 

自転車操業になると、いつかは限度額いっぱいまで借りてしまい、どこかで行き詰まってしまいます。そうなる前に任意整理をして完済の道筋をたてる必要があります。

 

この状態は、至急、任意整理を検討する段階になります。

「債務整理をしない方がいい」という判断になるケースは?
任意整理するしない

大前提として、債務整理は返済が困難な人の手続きです。

たとえば、任意整理は「単に利息をカットして得をする手続き」ではありません。

 

債務総額が年収に比較して少ない場合やカードを利用せずに毎月の返済ができている場合などは、任意整理をおすすめしていません。

(契約どおり利用したものは返すことをおすすめします)

債務整理しなければよかったと後悔するケース?

返済が困難であれば早めに債務整理はした方がいいのはもちろんですが、債務整理にはデメリットもあるので慎重に手続きをするかどうか検討する必要はあります。

 

ここでは、債務整理しなければよかったと後悔するケースを3つ説明します。

払えるのに任意整理をして、ブラックになって後悔するケース

これは返済が可能なのにもかかわらず、利息カット目的で任意整理をしたケースで考えられます。

安易に任意整理をして数年後に住宅ローンを組むことになった際に、ブラックになったことにより審査に落ちてしまい、過去の安易にした任意整理を後悔することになります。

 

支払いが可能であれば任意整理をすることはおすすめできません。

家族に事情を説明したら援助がうけれたケース

任意整理をしたことを家族に打ち明けると、家族が援助を申し出てくれて解決できるケースがあります。

この場合は、任意整理を取りやめて直接債権者に一括支払いを申し出ることになります。

手続を開始してすぐに取りやめたとしてもすでに信用情報に登録されていれば元に戻してくれるかは債権者次第です(手続きを辞めた事務所は回復に協力してくれません)。

 

家族に相談して援助をうけれる可能性があれば、事前に相談してから手続きをするかどうか検討しないと後日任意整理しなければよかったと後悔することになります。

一時期だけ乗り越えられれば任意整理しなくてもよかったケース

先月利用しすぎて今月の支払いだけ厳しいというケースでも安易に任意整理はせずに、まずはカード会社と相談するなどの他の解決法を検討してもよいかと思います。

 

少しまってもらったり、分割にしたもらったりができれば任意整理する必要はないかもしれません。もしくは1か月分だけ家族に援助が受けられれば解決できることもあります。

 

一時的な支払い困難な状況であれば、まずはご自身で対応してみることも検討してみてください。

結局は、任意整理しなければよかったと後悔するのは任意整理しなくていいのにしてしまいブラックになるのが原因です。

当事務所は、本当に債務整理をしたほうがいいのかどうかから相談をお受けすることも可能です。

現在の状況と債務整理することのメリットとデメリットをよく比較して検討しましょう。

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士7名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。