債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

クレジットカードが払えない場合に分割交渉は可能?

クレジットカードの返済が「今月厳しい」「リボにするのを忘れた」など請求分が支払えない場合の対処法を説明します。また、放置していたらおこることを説明します。

 

クレジットカードの返済ができない場合は、放置せずに、直接カード会社と分割の交渉をするか無理な場合は弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

クレジットカード払えない分割交渉可能

【目次】

1.クレジットカードの支払いができないと

 ・クレジットカードが利用停止(解約)になる

 ・期限の利益を喪失し「一括返済」になる

 ・信用情報にブラックな情報が登録される

 ・遅延損害金が発生する

 ・最終的には裁判や差押になる可能性も

2.クレジットカードが払えない場合の分割交渉

 ・カード会社に直接連絡をして分割の相談をする

 ・応じてもらえない場合は弁護士や司法書士に相談して債務整理を検討する

3.あまり「おすすめしない」解決法

 ・カードローンで借り換える

クレジットカードの支払いができないと

クレジットカードの支払いができないで放置していると、信販会社は最終的には債権を回収する手続きに移行します。

 

まず、延滞が続くと、クレジットカードが解約(利用停止)になります。そして残額が一括請求になります。

また、その旨が信用情報に登録されブラックになります。

もちろん返済できていない期間に対して遅延損害金というペナルティが発生します。

クレジットカードが利用停止(解約)になる

クレジットカードの毎月の請求が払えなくなったり、遅れがちになるとカード会社はカードの利用を停止する措置(強制解約)にでることがあります。

 

解約されるとカードが使えなくなります。

 

この時点では残額は一括請求になっていないケースもあります。

請求されている金額を支払えば、翌月以降の請求は一括になっていなければ分割で支払っていくことになります(新規にクレジットカードの利用はできないけど残額は分割で支払っていくという状況です)

期限の利益を喪失し「一括返済」になる

さらに返済できない期間が続くと、当初は、リボ払いや分割払いであったものが、残額すべてが一括請求になります。

信用情報にブラックな情報が登録される

延滞が続くと信用情報に延滞の情報が載ることになります。

いわゆるブラックな情報ですので、新たなクレジットカードを作成したり、ローンを組むことが難しくなります。

遅延損害金が発生する

クレジットカードの返済が遅れると遅れている期間に対応した遅延損害金が発生します。

 

一般的には、通常の利息より遅延損害金の利率の方が高く設定されているので、遅れている期間が長くなると債務が増えることになります。

最終的には裁判や差押になる可能性も

一括請求になった後も返済できない状況が続くと、裁判に移行するケースも出てきます。

 

裁判所から書類が届いた場合に、放置してしまうと「一括で支払え」という判決が出てしまいます。

判決を取得されると、債権者は強制執行(差押)ができるようになります。

 

裁判所から書類が届いた段階でも分割交渉は可能です。

クレジットカードが払えない場合の分割交渉

クレジットカードの返済ができない場合、まずは自分で分割の交渉をしましょう。

 

カード会社にとって一番困ることは連絡が取れないことです。

連絡がとれる状況にして、払えない事情を説明すれば、分割に応じてくれるケースも多くなると思われます。

カード会社に直接連絡を入れて分割の相談をする

クレジットカードの支払いが「今月だけ払えない」というような一時的な状況であれば、カード会社に事情を説明することで「返済日を伸ばしてもらえたり」「分割にしてもらえたり」対応してくれるケースがあります。

 

一括請求になっていても分割払いに見直してくれるケースもあります。

 

ただし、相談に応じてくれるケースでも、利用を停止されたり利用可能額を減額されたりするケースもあります。

応じてもらえない場合は弁護士や司法書士に相談して債務整理を検討する

クレジットカードの支払いが一時的ではなく継続して困難な場合や他にもカードローンなど債務があれば、弁護士や司法書士に債務整理の相談をするという解決方法があります。

 

任意整理であれば、弁護士や司法書士がカード会社と話し合い「今後の利息カット」「長期分割払い」の交渉をしてくれます。

債務整理をするとブラックになりますが、クレジットカードなどの借金問題は早期解決につながります。

あまり「おすすめしない」解決法

カード会社に直接連絡して相談するか債務整理を検討する以外にも解決方法はあります。

クレジットカードの支払いを新たな借金で返済したり、借り換えるという方法ですが、逆に債務を増やしてしまうこともありますので注意が必要です。

カードローンなどで「借りて返済したり」「借り換える」

クレジットカードの延滞が信用情報に反映されていると、新たにカードローンを組もうとしても審査に影響して組めないケースもあります。

新たに組めた場合や既存のカードの利用枠が残っている場合は、キャッシングをして返済するという方法もあります。

 

しかし、これは多重債務の入り口になるとも考えられます。

やるならば、完全に借り換えられる場合に限ります。

 

たとえば、返済が遅れているクレジットカードの債務が「今回請求分10万円+残額40万円の合計50万円」のケースでは。

 

(請求分の10万円を他社で借り入れて返済をする)

これは多重債務の入り口になる自転車操業をしているだけになり、一時的な解決になっても根本的な解決にはなりませんのでおすすめしません。

 

(50万円全額を他のカードローンで借りて返済する)

これだとクレジットカードの債務がカードローンに変わっただけですが、カードローンの返済は一定額になるので、今後返済だけをしていけば解決することはできます(くれぐれも他のカードも利用して多重債務にはならないように)。

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士7名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。