債務整理・借金問題専門
司法書士法人黒川事務所

(東京渋谷オフィス)東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階
(東京上野オフィス)東京都台東区東上野4丁目6-5甲祐ビル1階
(大阪梅田オフィス)大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金問題に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

任意整理の費用を分割払いで払うタイミングについて

弁護士や司法書士に任意整理を依頼すると高額な費用がかかるのでは?電話で相談して必要な金額を聞いたけど借金があるのにどうやって払うの?分割払いが可能と言っていたけど・・・など費用に関する不安を皆さん抱えています。

 

この記事ではそんな任意整理の費用の支払い方法を解説します。

任意整理の費用の分割払いの方法について

任意整理の費用の支払い方法は大きく分けて2パターンあり

【ほとんどの事務所では分割払いが可能】

任意整理の費用の支払い方法は、多くの場合は分割払いです。

一括しか受け付けませんという事務所はあまり目にしません。

 

その分割払いの方法も事務所によって異なります。

①事務所で返済を管理するのか

②自分で返済していくのか、

上記のどちらを採用するかによって分割払いの方法に違いがでます。

 

【任意整理を依頼すると返済をストップする】

まず、任意整理を依頼すると消費者金融やクレジットカードなど手続きする会社の返済をストップします。そして依頼した事務所が債権者と今後の返済についての話をしている間に任意整理の費用を分割で支払うのが一般的です。

債権者への返済を継続しつつ費用も支払うわけではありませんのでご安心ください。

 

パターン1

【事務所で任意整理後の返済も管理する場合は一定額を完済まで払う】

任意整理後の返済を事務所で管理して行う場合は、まず依頼の段階で毎月の返済見込額を決めます。そして、依頼後は債権者に返済せずに返済見込額を事務所に振り込むことになります。

(依頼後の次の給料から積み立てを開始するケースが多いです)

 

返済見込額は、相手の会社や債務総額から計算し見込額を算出しますが、その金額に返済を代行する手数料を1社1,100円なども考慮して算出します。

 

たとえば、4社300万円の債務がある場合

和解後の債権者への返済見込額が6万円であれば、返済を代行する手数料を4,400円(1,100円×4)をたした64,400円を事務所へ振り込むことになります。

そして、債権者への返済が開始するまでの積立額で任意整理1社いくらという費用も賄っています。

費用が1社44,000円であれば4社分176,000円は最初の3ヵ月(3回)の積立金が充当されています。

(返済までに賄えない場合は、残りの費用も債権者への返済と併せて分割払いなっているケースもあります。この場合は上記の例では70,000円を事務所に振り込んで債権者へ返済分の余りを費用に充当していく)

 

パターン2

【和解後の返済を自分で行うケース】

任意整理した後の返済を事務所管理ではなく自分で行う場合は、依頼時に費用の総額を算出し、それを3~5回くらいの分割で支払っているケースが多いです(もちろんその間は債権者への返済はストップしています)。

そして、費用の支払いが終わると債権者への返済が再開します。

 

たとえば、1社44,000円で4社依頼すると176,000円になりますが、44,000円を4か月で支払い、5か月目から債権者への返済が再開する。

事務所によって多少の違いはありますが、おおむね上記のような方法で専門家に任意整理を依頼した場合の費用を支払うことになります。

費用が高い安いの違いはあっても、基本的には、どこの事務所もお金がなくても依頼できる設定になっていますので、費用について悩んでいる方も遠慮なく相談されるとよいかと思います。

司法書士法人黒川事務所

業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門(10年以上の実績!解決した依頼人は7000人以上。2020年度は約1400人の方からご依頼を頂きました)
  • 渋谷オフィス:渋谷駅3分
  • 上野オフィス:上野駅5分
  • 大阪オフィス:西梅田駅5分
  • 司法書士7名在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。