【渋谷オフィス】東京都渋谷区渋谷3丁目7-3第1野口ビル5階 【上野オフィス】東京都台東区東上野4丁目6-5日比谷不動産ビル1階
【横浜オフィス】横浜市西区北幸2丁目5-13西口幸ビル505 【梅田オフィス】大阪市北区堂島2丁目1-27桜橋千代田ビル4階

平日10時~20時

土日10時~17時
(祝日休み)

お気軽にご相談ください

0120-913-596

ご来所の際には、予約が必要です

債務整理など借金返済に関するご相談は業界トップクラスの安い報酬

他社では費用だおれ少額の任意整理の事例紹介

カードの利用残高が10万円程度と少額な場合は、任意整理を依頼すると費用倒れになるケースもあります。

 

アルバイトの20代前半のEさんも4社中2社が15万円と少額なカードでした。

そんなEさんの任意整理の解決事例を紹介します。

他社では費用倒れの任意整理の事例紹介

Eさんはアルバイトの転職の際の無収入の期間のつなぎに初めて消費者金融から借入をしました。

その後、無事就職は出来ましたが思ったより収入は低く、また、東京での一人暮らしは想像以上に生活費のかかり、余裕がないときにクレジットカードでのリボ払いを使い始めました。

 

その後、段々と毎月の支払が多くなり、返済が限界だと感じたEさんは債務整理をしようと当事務所にお越しになりました。

 

Eさんの状況 

A消費者金融 50万円

B消費者金融 20万円

C信販会社  15万円

D信販会社  15万円

少額の場合は任意整理の費用対効果も考えて依頼する

Eさんは当事務所の前に他の弁護士事務所でも相談していました。

その時に「費用は1社約8万円の為、借入の低いC・D社は手続きをせずご自身でお支払いした方が良いですよ」と言われたそうです。

 

確かに、将来的な利息を考えた場合、8万円を支払ってB・C社を手続するメリットは無いでしょう(債務の半分は返済できてしまう金額ですので完全に費用倒れです。)また、1社8万円の費用ならB社の手続きもすることも疑問です。

 

しかし、Eさんにはこの2社をどうしても手続したい理由がありました。

実は、C・D社のショッピング枠を使いすぎてしまい、既に今月の請求額が払えない状況でした。

普段Eさんはクレジットカードを使う際、最初に一括払いで決済をし、後からリボ払い設定にしていました。

 

クレジットカードを利用されたことがある方であれば、支払日が近くなるとカード会社からリボ払いへの変更案内のメールが一度くらい届いたことがあるかと思います。

(いわゆる、「後からリボ」というものです)

この「後からリボ」は、使い過ぎてしまった月などにはとても便利なものだと感じると思います。

しかし、後からリボを利用するつもりでも、リボ払いの枠が既に一杯になってしまっていると変更が出来ない事があります。

そうなると、一括で使った以上は一括払いで払うしか方法はなくなります。

Eさんも既にリボ枠がなくなってしまっていたため、一括払いがリボに変更できなかったのです。

 

その為、全社を手続しても費用倒れにならない事務所を探し、当事務所にご相談に来ていただいたとの事でした。

 

当事務所では、任意整理はメリットがあり可能な限り全てを手続きする方針です。

そして、1社の手続き費用が基本的に22,000~33,000円ですので、C・D社を手続きしても費用倒れにならず、メリットがある事になります。

当事務所のような安い費用設定の場合はメリットがあります

そこでEさんに4社すべての任意整理のご依頼をいただきました。

まだ年齢も若く、アルバイトでも比較的安定した収入もある事から和解はスムーズに行われ、無理のない返済計画になりました。

 

現在、司法書士・弁護士の費用は自由化されています。

 

もちろん、今回の様な場合に、C・D社は返済の分割してもらうという事だけにメリットを感じられれば問題ないですが、やはり経済的メリット(債務額に対してかかる費用)を考えれば意味がないと思ってしまうのは当然だと思います。

その意味で、Eさんはいくつかの事務所で話を聞くという冷静な対応と取られたかと思います。

少額の任意整理は費用の安い事務所に依頼
専門家の費用設定は自由に定められる

通常、費用に対してメリットが少ない場合、費用倒れにならない様に手続きをしないでそのまま返済をすることを勧めることがあります

 

ただ、他の事務所の費用ではメリットがなく費用倒れになってしまう場合でも、当事務所では十分メリットがある事も多くあります

 

費用倒れだな思っても諦めずに、費用の安い事務所を探して相談されてみることをお勧めいたします。

事例紹介ページ

他社で辞任されている方の任意整理の事例

奨学金の保証人がネックで任意整理した事例

任意整理をもう一度する再和解の事例紹介

司法書士法人黒川事務所が選ばれる理由

当事務所は、業界トップクラスの低料金であなたの借金問題解決を全力でサポートします!

司法書士
全記事の執筆者

司法書士法人黒川事務所
代表者 黒川聡史
東京司法書士会所属
簡裁代理権法務大臣認定

  • 業界トップクラスの安い費用
  • 着手金不要分割払いOK
  • 借金問題専門で15年以上の実績
  • 解決した依頼人は8500人以上。2021年度は約1500人の方からご依頼(曖昧な相談実績ではなく実際の依頼件数です)
  • 司法書士7名女性司法書士も在籍

まずは無料相談からはじめましょう

0120-913-596

平日10時~20時 /土日10時~17時 (祝日休み)

渋谷オフィス(渋谷駅3分):上野オフィス(上野駅5分):横浜オフィス(横浜駅5分):大阪オフィス(西梅田駅5分)の4拠点+オンライン相談も対応

来所でのご相談をご希望の方は、予約の空き状況を確認しながらご予約をとる必要がございます。お電話の方がスムーズに予約が可能です。

司法書士法人黒川事務所

0120-913-596

  平日10時~20時
  土日10時~17時
  (祝日休み)

(渋谷オフィス 渋谷駅3分)
東京都渋谷区渋谷3丁目7-3
第1野口ビル5階
(梅田オフィス 西梅田駅5分)
大阪市北区堂島2丁目1-27
桜橋千代田ビル4階
(上野オフィス 上野駅5分)
東京都台東区東上野4丁目6-5
日比谷不動産ビル1階
(横浜オフィス 横浜駅5分)
横浜市西区北幸2丁目5-13西口幸ビル505